歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」を5月30日に更新。
ここをクリックすれば、ご覧になれます。

第413回「相撲史に名を残す出水川」。今回は趣向を変えて、郷里の力士出水川のことを書きました。
達ヶ関こと2代目谷風と激闘して勝利したいきさつなど。いろいろ伝承が残っている力士です。

***ぜひ下記をクリックして下さい***
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2016/05/31 08:53】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

出水川
ながお
桐野様

こんにちは。

高山彦九郎の『筑紫日記』によれば彦九郎が入薩の際、野間の関所で足止めをくらいしばらく滞在した折、出水川と交流があったことが記されています(『出水の旅物語』所収)

水俣の徳富家から託された手紙を届けたり、出水川宅によばれごちそうになったりしています。

出水川は引退して故郷に帰り、家業の旅館を継いでいたのですね。

彦九郎は現役時代の出水川を知っていたのでしょうか。

高山彦九郎
桐野
ながおさま

コメント有難うございます。
高山彦九郎との交流は承知していましたが、紙数の関係で書けませんでした。
もちろん、出水川の現役時代を知っていたでしょうね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
出水川
桐野様

こんにちは。

高山彦九郎の『筑紫日記』によれば彦九郎が入薩の際、野間の関所で足止めをくらいしばらく滞在した折、出水川と交流があったことが記されています(『出水の旅物語』所収)

水俣の徳富家から託された手紙を届けたり、出水川宅によばれごちそうになったりしています。

出水川は引退して故郷に帰り、家業の旅館を継いでいたのですね。

彦九郎は現役時代の出水川を知っていたのでしょうか。
2016/05/31(Tue) 15:15 | URL  | ながお #-[ 編集]
高山彦九郎
ながおさま

コメント有難うございます。
高山彦九郎との交流は承知していましたが、紙数の関係で書けませんでした。
もちろん、出水川の現役時代を知っていたでしょうね。
2016/06/05(Sun) 09:51 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。