歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
お久しぶりです。
新刊拙著の案内です。
南日本新聞連載「さつま人国誌」をまとめた戦国・近世編3を刊行しました。
詳しくは、ここです。

大隅合戦
九州制覇戦と豊後侵攻
豊臣政権との対決
島津歳久と豊久の悲劇

などについて書いています。
ぜひお読み下さい。

***下記をクリックして下さいね***
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2017/02/26 19:08】 | 戦国島津
トラックバック(0) |
ご案内。
本日22:00~、表題の番組に出演します。
よかったらご視聴下さい。
テーマは「島津義弘と島津退き口」です。
詳しくは、ここをご覧下さい。

*ぜひ下記をクリックして下さいね*
人気ブログランキング

【2015/11/20 09:23】 | 戦国島津
トラックバック(0) |
来る10月4日(日)、JR大垣駅の発着で、島津の退き口の跡をたどるものです。
詳しくは、ここをご覧下さい。

関ヶ原盆地にある島津義弘陣地を出発点にして、烏頭坂や牧田街道沿いの島津豊久の史跡をめぐり、最後は宝暦治水で知られる治水神社を参拝するコースです。

ただの史跡ツアーではなく、史実と伝説のはざまを考えていくツアーにしていくつもりです。
とくに、関ヶ原の小池村にある義弘本陣の位置の疑問、島津豊久の最期の地はどこか、また牧田街道沿いに点在する「豊久伝説」はどのようにして形成されたのかといった点について、史料をもとに考えていきます。

東海、関西地方以外の方々には参加が難しいかも知れませんが、島津の退き口に関心ある方のご参加をお待ちしています。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2015/09/02 16:48】 | 戦国島津
トラックバック(0) |

豊久伝説
ばんない
ごぶさたしております。

ご案内のコースは6年前(だったか?)ママチャリ+路線バスで爆走したコースで懐かしいです。内容も非常に気になるものですが、日程的に参加は無理ですね(涙)
しかし、豊久の墓はともかくとして、あの関ヶ原の島津本陣も怪しいのですか…愕然

ところで、豊久の墓のある辺りまで観光バスは入れましたっけ?道路幅が狭かったような記憶…。

島津陣
桐野作人
ばんないさん、お久しぶりです。

伝・豊久の墓については、永吉島津家にいい史料が残っていて、「伝説」成立事情がほぼつかめました。
豊久の墓については、一昨年も似たようなバスツアーしたとき、近くの駐車場に止められました。かなり整備が進んでいるようです。

小池の義弘本陣跡ですが、義弘の伝記「惟新公関原御合戦記」に具体的な記述があります。
先陣の豊久の陣所も小池本陣よりも後方、義弘本陣にいたっては、北国脇往還の北側とありますから、笹尾山からかなり後方になりますね。

re:豊久伝説
ばんない
こんにちは。

>伝・豊久の墓については、永吉島津家にいい史料が残っていて、「伝説」成立事情がほぼつかめました。
ものすごくそのツアー行きたいんですが…(^^;)
ただツアー開催日がうちの子の運動会予定日…運動会蹴って参加したら後の人生に差し障りがあるのが目に見えてるので、参加はやっぱり無理ですね(涙)
いつの日か何らかの媒体でその辺の話が聞けることを期待しています。

>小池の義弘本陣跡ですが、義弘の伝記「惟新公関原御合戦記」に具体的な記述があります。
その辺流し読みしていたのか、記憶が曖昧です。今度読み直してみます。ありがとうございました。

残念です
桐野作人
ばんないさん、
前から一度お会いしたいと思っていましたが、運動会ならしかたありませんね。
またの機会に。


コメントを閉じる▲
拙著『関ヶ原 島津退き口』(学研新書、2010年)が現在、電子書籍の特別セールを実施中。

Kindle版定価の半額、286円にて好評発売中です。

そして現在(7日17:30現在)、売れ行き良好。

Kindle版の有料ランキング100で、第4位
詳しくはここ

その日本史部門で、堂々の第1位です。
詳しくはここ

もし電子書籍を読めたり、購入できる環境にある方は廉価ですから、ぜひご購入をお願いします。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2013/06/07 17:38】 | 戦国島津
トラックバック(0) |
今夜8時からのNHKBSプレミアム「BS歴史館」に少し出演します。

詳しくはここ

テーマは大名家の生き残り策(1)
「突破700年 島津家 退くことを知らず」

私は戦国パートでインタビュー出演。
島津の退き口などについて語ります。
ただ、1分足らずの登場じゃないかと思います(笑)。

なお、友人の町田明広さんは幕末パートを担当。
お由羅騒動や島津久光についてお話しされるのではと思います。

よかったらご覧になって下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング


【2013/05/16 09:36】 | 戦国島津
トラックバック(0) |

こんにちは^^
マロンハット
BS歴史館、拝見しました^^
1分以上はありましたよねw
桐野先生が戦国島津の第一人者ということですな!
次回はぜひスタジオ解説者を希望します!

ありがとうございます
桐野
マロンハットさん、お久しぶりです。

番組観ていただいたのですね。
来月のヒストリア「篤姫」特集にも出演予定です。こちらもよろしく。


コメントを閉じる▲