歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学館アカデミー古文書塾「てらこや」特別講座「天璋院篤姫と小松帯刀」

29日(火)夕方、第2回講座に出講。

今回のテーマは表題のとおり。
第1回が小松の出自や略歴などを押さえ、鹿児島時代から藩政への登場あたりをカバーした。だから、今回は本来なら、文久2年(1862)の島津久光の率兵上京と朝幕改革運動に焦点を当てるのが順当だがったが、『大久保利通関係文書』所収の小松文書を基本史料として扱うとしたら、同文書には小松の文久2年の書簡が1点もないのである。

おそらく、小松と大久保は京都でも江戸でもずっと一緒だったから、書簡をやりとりする必要がなったのだろうということを逆に気づかされた。文久2年における小松を知るには、別の史料にあたらないとならない。

そういうわけで、話が飛んで文久3年を読む。
実際に読めた文書は5点だけだった。そんなものだろう。
そのなかで、明らかに年次比定の違う文書を見つけた。久光を「中将公」と呼んでいるので、明らかに慶応元年以降でなければならない。私は慶応2年か3年ではないかと推定したが、受講者から明治初年ではないかというご指摘。
書簡中に出てくる中井弘は慶応年間には田中幸助と呼ばれており、中井に改姓するのは明治になってからとか、久光の明治2年上京の屋敷問題と平仄が合うのではというもっともなご指摘があり、明治2年で決まりだろうということになった。さすがにレベルの高い受講生のみなさんである。

今回の中心の話題は、久光の再度の上京と周旋活動の挫折についてだった。
久光の15ヵ条の改革案が朝廷を牛耳る尊攘派との全面対決になるため、近衛家や中川宮が久光案の上奏を渋って日和見したので、久光は失望して、わずか1週間ほどで帰国してしまう。

それと、この時期、松平春嶽が奉勅攘夷ができないなら政権を返上すべきだとして、政事総裁職を辞職している。春嶽の大政奉還論の論理がどのようなものであったか、『続再夢紀事』で確認しようとしたが、時間切れで一部しかできなかった。
この時期の春嶽は原則主義者だったように思われる。その分、政治的には淡泊で、山内容堂から辞職を「不忠不義の人」と非難されているほど。
しかし、春嶽の本意は大政奉還ではなく、将軍・幕府は大政奉還をするくらいの不退転の覚悟で臨まなければならないという逆説的な表現にも読めた。

次回は8・18政変あたりになりそうだ。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2008/01/31 18:38】 | てらこや
トラックバック(0) |
本日、フジTVのお昼の有名な某バラエティ番組に出演。
何せ、ここ何年も観たことがない番組で、私にとっては、無縁の世界だと思っていましたが……。

「偉人たちの大好物」というクイズコーナーで、天璋院篤姫が取り上げられることになり、なぜか私に白羽の矢がたち、出題者兼解説者として出演と相成った次第。
出題内容はやや不本意。スタッフ側と意見が少し違った。個人的には鹿児島の味が懐かしい篤姫(鹿児島の赤味噌がないと食事を摂らないという有名な手紙がある)にしたかったのに、江戸のグルメ女王になってしまいました(笑)。

じつは、前フリで赤味噌にも触れるという段取りでしたが、時間が押してしまい、結局、タモリに端折られました(泣)。
打合せの半分もしゃべらせてもらえませんでしたが、ボロが出なくてよかったです。

朝早くから拘束され、リハーサルまであって疲れましたが、いい経験だったかも。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/30 19:46】 | 雑記
トラックバック(0) |

え!ご出演ですか?
武藤 臼
おめでとうございます?!
あるい、はお疲れさまでした
さすがに検索かけても笑っていいともの動画をアップしている人は見つかりません。

録画されてませんか?(^^;

慶祝 初?全国ネット登場
ばんない
といっても、私も「いいとも」全然見てなかったので全くノーマーク。どうしてここで予告して下さらなかったんでしょうか(^^;)
大河に民放も便乗したい気持ちは分かるけど、江戸のグルメ女王って、なんでそういうことになっちゃったんでしょう。もしかして、大奥再現料理試食会でも番組中にあったんでしょうか?

篤姫が赤味噌が好物とは驚きました。鹿児島の名産は麦味噌ですが、現在販売されている物の色は白っぽいですよね。昔は違ったのでしょうか。また、現在東京のスーパーで一番売れ筋なのは信州味噌かと思いますが、鹿児島の麦味噌はそれとはかなり違うタイプの味噌ですので、篤姫としてはつらかったのでしょう。まあ、今の時代でも味噌の違いとかしょうゆの違いは結構ハードルになりますが。そういう私も東京のスーパーで売れ筋らしい「○○ちゃん味噌」が苦手です(苦笑)

別件ですが
>何かいいことでもありましたか
いいえ(爆)
NHKスタッフがアレの意味が分かるレベルなら『篤姫』あんな事になってなかったでしょうね…来週は更に加速して「楽しい」展開になりそうですが。ただ、歴史物でラブコメしたかったなら、覚悟が出来ていた来年のネタでやってくれ、という気分ではあります(苦笑)。ちょっとあの話をあのキャストでするのは宝の○○○○というか…

菓子
調所
菓子については私も先日、かるかんの明石屋のホームページを見たという人から、現存最古の注文書は弘化四年に調所から出されたものだそうだが、第二回放送で調所が食していたのは、かるかんですか?と尋ねられました。当時のは黒糖を使ってたので黒っぽかったそうです。

篤姫の好物
ばんない
赤味噌の謎、自己解決しました
『家庭画報』3月号に「篤姫の好物」として登場しています。写真掲載されていたのはキンコー醤油製でした。豆味噌ではない赤味噌とは驚きました。おそらく、三河伝来の将軍家伝統の八丁味噌もつらかったんでしょうね(苦笑)
あと、これをおそらく桐野さんは言いたかったのかも知れませんが「ビワ」の話も出ていました。あと何とかの蜂蜜づけも好物だったと書いてありましたが、それは失念。

『家庭画報』のほうには先日、『南日本新聞』に掲載された「島津斉彬新藩主お国入り」の際の復元宴会料理の写真もかなり大きく載っています。新聞の方は話だけだったので想像が付かなかったのですが、実際、かなり派手な本膳料理だったようですね。最も本膳料理はほとんどは眺めるだけで折に詰めて持って帰るのですが。
それには「斉彬が菓子好きだったので菓子の種類が非常に多い」とも書かれていましたが、斉彬も徳川家茂と同様に全部の歯が真っ黒になるほど「やられてた」んでしょうか…(汗)

かるかん
桐野作人
調所さん、こんばんは。
かるかんのいちばん古い注文書は調所家のものですか。すごいですね。弘化四年(1847)といえば、調所が亡くなる前の年ですね。明石屋というお店はよほどの老舗のようですが、鹿児島でいちばん古いかるかん屋さんなんでしょうか?

蜂蜜漬
桐野作人
ばんないさん、どうも。

家庭画報ですか。縁がない雑誌ですが、買ってみようかと思います。最新号でまだ本屋に並んでいますよね。

蜂蜜漬は、茘枝(ライチー)とそれによく似た龍目(「りゅうがん」と読むらしい)だと思います。
どうも琉球経由じゃないでしょうかね。
もっとも、これは篤姫が入輿してから、島津家から徳川家へ贈る量が増えたというだけで、果たして篤姫の好物だったかどうはよくわかりません。
一応、TVではそれもリストアップしていたのですが、採用しませんでした。

『家庭画報』
ばんない
確かに3月号で販売されたばかりの最新の物なのですが、『篤姫』関連は5頁ぐらいしかないので、1ヶ月経ったころに図書館でカラーコピーすると言う手もあるかも知れません。カラーコピーの代金にもよりますが。
『家庭画報』とか『婦人画報』とか『和楽』とか高いんですよね。目と頭の保養にはなるんですが、定期購読できない(苦笑)歯医者には必ずどれか1冊(時には3冊とも)おいてありますけど(爆)

これはネタバレになるんですが、寛永寺の篤姫墓所にはビワが植えてあるのだそうで。寛永寺徳川家墓所は一般人非公開だったと思うので、この話は興味深く読みました。

笑っていいとも
板倉丈浩
こんばんは。
テレビ出演おめでとうございます。
最近のお笑いタレントはあまりよく知らないのですが、回答者に南野陽子さんがいたので、ちょっとうらやましいかも(笑)

さて、武藤臼さん・ばんないさん他、見逃した皆様のために、まあこんな感じでしたということで、桐野さん出演部分だけアップしておきます(文中敬称略)。


-出題者入場-

タモリ「歴史作家の桐野さんです。よろしくおねがいします」
桐野「よろしくお願いします」
タモリ「問題発表です。『御殿女中の研究』三田村鳶魚・・・。これはインタビューに基づいて書いた・・・」
桐野「そうですね。御殿とは江戸城の大奥のことですね。篤姫付きの侍女に三田村鳶魚さんという方がインタビューして書いた・・・」
タモリ「間違いない」
桐野「はい」
タモリ「(出題パネルを読む)『■はおあがりになり、浅蜊(あさり)・蜆(しじみ)はお上がりになりません。冬になると■■といって、■■■の穴へ昆布を詰めて、慈姑(くわい)・海老・切り身・三つ葉、それに椎茸か松茸を入れて、卵を掛けたものを上げます』・・・これよく料理がわかんないんですけど」
桐野「篤姫はですね・・・」
タモリ「殻のまんま料理したということですか。・・・あ、それ言っちゃダメだった」
(回答陣「え、なんて言ったの?」と騒然)
タモリ「危ない危ない。さー私が今ヒントを言ったのは何でしょうか!」
(回答陣それぞれ回答。サザエとする人が多い)
タモリ「それでは答えをお願いします」
桐野「篤姫の好物は鮑(あわび)です」
(伏せてあった部分:■→鮑、■■→貝煮、■■■→鮑の貝)
タモリ「あの小さい穴に入れてた?」
桐野「器がきれいですよね、鮑は。おそらくこの料理は茶碗蒸しに近いような・・・」
タモリ「殻でやる茶碗蒸し?」
桐野「貝煮といいまして、煮る料理なんですね。はい」
タモリ「くわい・海老・切り身・・・そうか。材料からいえばこれは茶碗蒸しだもんね」
(回答陣「茶碗蒸しだ。茶碗蒸しだ」と納得した様子)

-終了-


鹿児島人
生 南野陽子と同席された桐野先生がうらやましい

私の家は鹿児島でも 地方です。
小さい頃親と鹿児島に行った帰りの 当時病床の明治生まれの祖父へのお土産は必ず 山形屋横の明石屋製かるかんでした
かるかんまんじゅう ではありません。
江戸屋でも青柳でも風月堂でもありませんでした。
いつでも 必ず 明石屋の かるかん 箱入り
もうなくなって40年以上たちます。
子供心には 母方の祖父がくれる 文明堂のカステラが好きでした。

ナンノ
桐野作人
鹿児島人さん、こんにちは。

生のナンノは3メートルくらいの距離でじっくり拝見させていただきました。色が白くてきれいでした。

明石屋のかるかんは有名なんですね。
先日、たまたま鹿児島からの来客にいただいたものも明石屋のでした。おいしくいただきました。

調所さんのコメントでは弘化四年(1847)の注文書がいちばん古いとのことでしたが、同封のしおりには嘉永元年(1849)創業と書いてありました。1年遅いのが気になっております。

コメントを閉じる▲
いつの間にか15万アクセスになっていました。
ご愛読有難うございます。

また、人気ブログランキングも上位にランクされており、感謝にたえません。
これからも、表題どおり、信長と薩摩にこだわって書いていきたいと思います。
引き続き、読んで下さいませ。


よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/28 20:46】 | 雑記
トラックバック(0) |

15万件突破おめでとうございます。
ぶるぼん
桐野先生、15万件突破おめでとうございます。
歴史ブログランキングでも2位なんてすごいですね。
トップをめざして僕もクリック応援します。
僕のもうひとつのブログ「shugoroの予想」のほうは
競馬ブログランキングで300位あたりをウロウロしています。
こちらのアクセスは14万件になっていますが、
クリックごとにカウントされるので半分くらいは自分です(笑)。
一応歴史ブログにも20%だけエントリーしていますが。
「旅じゃ」のほうは初回以降、トラックバックを貼ろうとしても、
なぜかはじかれてしまうのです。特有のエラーだとは思うのですが。


亡子
帰って来たらもっと増えますよ……

人気blogランキングも
かわい
一番に復帰されたようで、こちらもあわせて、おめでとうございます。

復帰じゃないです
桐野作人
かわいさん、どうも。

初登頂です。
すぐ下山することになるでしょう(爆)。

トラックバック
桐野作人
ぶるぼんさん、こんばんは。

トラックバックで弾かれるとのこと。
私は、その仕組みがまったくわからないので、なんとも対応のしようがありません。
原因がわかって、ココの設定を変えたらいいというのがあったら、お知らせ下さい。


コメントを閉じる▲
大河ドラマ第4回「名君怒る」

嘉永4年(1851)、島津斉彬の藩主となって初めてのお国入りが中心だった。

ドラマでは一門四家の家族が城中に呼ばれて、斉彬が引見したシーンがあった。ほぼ史実どおりだと思う。
『斉彬公史料』一によれば、5月10日に「一門四家の夫妻を城中に呼び、祝宴を開き玉ふ」とある(174号)。しかし、夫妻以外の子女が呼ばれたとは書いてない。
ちなみに、一門四家とは、重冨・加治木・垂水・今和泉の4家。このうち、今和泉家が序列的には四番目だろう。筆頭は重冨か加治木か議論があるが、この場合は、斉彬実弟の忠教(のち久光)が当主の重冨家だろう。
子女はおそらく引見されなかったと思うが、於哲(久光一女)をさりげなく登場させて、その後のライバル関係となる伏線にしたのだろう。

もっとも、すでに御台所問題は前年から持ち上がっている。世子家祥(のち将軍家定)が2人の御台所に相次いで先立たれたため、京都の宮家・摂関家以外から御台所を選ぼうとしており、家祥生母の本寿院は将軍家斉の御台所だった島津家出身の広大院(島津重豪の娘)の家系から候補者選定を始めていた。

当然、斉彬はそのことを知っているから、家中に御台所にふさわしい姫がいるかどうか、品定めしてもおかしくない。どうせ史料にはない子女の祗候を描くなら、その狙いで描いたほうが、ずっとドラマの趣旨に沿い、篤姫と於哲のライバル関係も際立ったのではないか。画竜点睛を欠いた惜しまれる演出である。

ところで、翌11日、今度は「大身分」(たいしんぶん)と呼ばれる門閥家の23家が呼ばれて引見され、祝宴が張られた。この23家はいわゆる一所持である。

じつは、そのなかにドラマにも出てきた小松清猷(沢村一樹)がいないのである。
小松家は堂々たる一所持なのに、なぜいないかといえば、理由は簡単。

「五月八日 太守斉彬公御家督御着城之礼として、徳川将軍家へ御使者相勤る」(189号「小松家系図」)

清猷(きよみち)は斉彬帰郷を幕府に知らせる使者として、5月8日、斉彬と入れ替わるように出府していた。
だから、ドラマで登場してはいけないはずだが、まあ、それを指摘するのは野暮だろう。
清猷がそのような使者に選ばれたことは、斉彬の信任が厚いととらえたほうがいいのかどうか。史料不足でよくわからない。

前からそうだったが、篤姫の言葉が一段と現代語に近くなった。
わかりやすく親しみやすくという狙いだろうが、果たしてどうか。ドラマ後半は重厚・沈鬱になることが多いだろうから、それとのコントラストを出すという演出だろうか。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/27 21:49】 | 篤姫
トラックバック(1) |

管理人のみ閲覧できます
-


視聴者を○○にするのも程があるがそれを見る人も××
ばんない
なかなか「楽しい」展開になってきたようで、関東では視聴率も高いみたいですね。

今後の展開を予想すると、坂本龍馬が大奥で篤姫と謁見して「船中八策」読み上げるくらいは想定の内。
最終回は篤姫が徳川家伝来の鎧兜まとって新政府軍にガトリング砲をぶっ放し、決めの台詞として「か・い・か・ん」ぐらい言ってくれるでしょう。

NHKのスタッフの皆様、ここ御覧になってられるようなので、是非脚本家の田淵様とか『利家とまつ』のディレクターも務められていたという佐藤峰世様その他のスタッフにこの要望をお伝え願いたい物です。


鹿児島人
桐野先生のブログを利用さしていただきます。
大河ドラマも ドラマだから フィクションもあれば
現代劇風もいいです。経済効果もあればいいですね。
ただ、
前回か、前々回だったか 西郷さんが主人公の家に
謝りにくる シーンで、
主人公の兄さんが 木刀で殴りかかるシーンがありました。
やりすぎでしょう。
暴力はいけないし、それ以上に鹿児島が野蛮と描かれているようで(貴族ですよ 鹿児島の 殴りかかるか???)
残念で 憤懣やりかたないです。
好きとか嫌いの表現は別にあるでしょう。
脚本家の 鹿児島への蔑視を感じたのです。
ここは稚拙だと 強く言いたい。
桐野先生もNHKとなんか 接触があったときはよろしく助言おねがいします。

か・い・か・ん
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

返事が遅くなってすみません。

えらいハイテンションですね。何かいいことでもありましたか。

大河といえど、視聴率を気にするようですから、成功体験が重視されるんでしょうな。
指摘するところは指摘して、長い目で見ていくしかないようで。

野蛮
桐野作人
鹿児島人さん、はじめまして。

コメント有難うございます。

ご指摘のとおり、薩摩はステレオタイプで語られることが多いですね。
「薩摩隼人」「男尊女卑」「チェスト」などなど

まあ、鹿児島側もそれに乗っかっている面もありますから、痛しかゆしですね。
鹿児島側から、もっと違う面を発信する努力をしたほうがいいかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
今朝の南日本新聞サイトに面白い記事があった。ここです。

わが国最初の新婚旅行は、慶応2年(1866)、坂本龍馬とお龍夫妻による霧島湯治だといわれているが、それよりも前に小松帯刀夫妻が同じ霧島の栄之尾温泉に湯治旅行しており、これが龍馬夫妻より早いという主張のようである。

たしかに『小松帯刀日記』安政3年(1856)4月19日条に次のように書かれている。

「一、御トヽ様ニハ今日ヨリ踊之内栄之尾温泉エ御湯治トシテ六ツ過御船ヨリ御出ナリ、尤チカ(お近)ニモ御同道申上、差越候事、拙者ニハ来ル廿二日方ヨリ差越賦(つもり)ナリ」

小松の義父清穆が霧島の栄之尾温泉に湯治に出かけるので、お近も同道し、小松もあとから追いかけるという意味だろう。
実際、小松は22日に出かけ、5月5日まで湯治している。その後、2人とは別行動をとって、都城・安永・福山などを見学している。清穆とお近の父娘は5月10日まで栄之尾温泉で湯治してから帰郷したようである。

小松帯刀とお近が婚姻したのは安政3年正月頃と思われる。この霧島湯治はそれから3カ月後なので、新婚旅行といってもよいというわけだろう。もしそうなら、龍馬夫妻より10年も早いことになる。

ただ、この湯治じたい、小松の義父清穆のために企画されたもので、それに娘のお近と婿の帯刀が同道することになっただけで、夫婦2人の水入らずというわけではない。このあたりが少し弱いかもしれない。

もっとも、龍馬夫妻の鹿児島下向がそもそも新婚旅行なのか、またわが国初の新婚旅行なのか、疑問がないわけではない。
夫婦して湯治に出かけた事例は近世どころか、中世まで遡ってもあるのではないだろうか。

どっちが最初でもいいが、これを機に、歴史に興味をもったり、実際に史料にあたってみようという人が1人でも増えればいいなと思う。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/27 12:26】 | 幕末維新
トラックバック(1) |

リンク報告
カミタク(リンク先は「坂本龍馬の日本初の新婚旅行の地)
【リンク報告】
 こんにちは。神山卓也
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

 私が運営しております、鹿児島県内外の温泉と観光スポットとを紹介するホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「「坂本龍馬・おりょうの日本初の新婚旅行(日本初のハネムーン)」ゆかりの観光スポット案内」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/K_RYOMA.HTM
から、貴ブログ記事にリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

 『関ケ原島津退き口 敵中突破三〇〇里』拝読しました。島津退き口の背景事情に家久公に家督を相続させるために、義弘公がとらざるを得なかった立場があるとの仮説モデル、「そうだったのか」と思いながら読みました。先生の本を読みながら私は、島津久章の哀れな最期を思い浮かべていました。家久公の系統の血統の人達による、垂水島津家への憎悪の原点をかいまみたような気がしました。島津久章の最後については、先生も貴ブログで書いておられますよね。
http://dangodazo.blog83.fc2.com/blog-entry-777.html

 私は東京が生まれ故郷で鹿児島を第2の故郷とする者であり、徳川も島津も両方共好きですので、従来の定説どおり伏見城を守るように家康から依頼されながら、鳥居に断られたという話が事実であって欲しいとは思いますが、「思い」で歴史を曲げてはいけないという点と、伏見城のエピソードは後日の島津側の釈明である可能性が高いことから、先生の仮説モデルは否定できないかも知れないとも思いました。

 何はともあれ、今後とも、よろしくお願い申し上げます。


有難うございます
桐野
神山卓也さん

コメント有難うございます。
熱心なご活動に敬意を表します。

また拙著、拙稿をお読みいただき、有難うございます。
仰せのとおり、垂水島津家は島津義久の血統だけに、いろいろな災難が降りかかっていますね。

義弘の退き口についてですが、伏見城の守備を家康から一度は命じられたのはたしかだと思います。その後の情勢変化と、義弘の兵力が少なかったことがあのような結果になったのでしょうね。

そういえば、来年は島津義久没後400周年です。義弘と異なり、注目度が少なく、おそらく何のイベントもないと思いますので、ぜひ神山さんに宣伝していただけたらと思います。


コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」第42回
―渡航までに懊悩や変死―

わたしの連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は、石河確太郎という蘭学者のことを少し紹介しました。
集成館事業は幕末薩摩藩の開明性や近代化を示すものとして高く評価されていますが、じつは藩外から多くの優秀な人材が参画しています。
石河はその代表的な人物ですが、残念ながらあまり知られていません。
石河の史料が少ないからかもしれません。それでも、反射炉建設などに貢献している様子はわかりますから、今後も折に触れて紹介していきたいと思います。

あまり知られていませんが、留学生に選ばれた1人が串木野羽島で亡くなっています。死因などはよくわかりません。
この町田猛彦なる青年、どういう人物なのか、不勉強でよくわかりません。
町田久成の弟の申四郎と清蔵も留学生になっていますから、この猛彦も一族縁者なのでしょうか? ちなみに、申四郎はのちに小松帯刀の養子になります。

次回は、やはり集成館事業に関わった科学者にして、砲術家の中原猶介を採り上げたいと思います。

よろしければ、下記ををクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/26 10:33】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
こんにちは。

町田氏に関しては、町田氏の末裔の方が紹介されている系図が一番詳しいかと思いますが、そこにも「猛彦」の名前は載ってません。久成が連れていった他の町田姓の留学生が久成の弟であることを考えると近い縁者の可能性が高いかと思うのですが。
※URLアドレスが張り付けられないようですので、拙HPのリンクで町田氏の系図ホームページを紹介しておりますので、そちらからご覧下されば、と思います。

町田久成の弟が小松帯刀の養子になっていたとは驚きました。『新修平成旧華族家系大成』には掲載されてませんね。もっともあれに載っている系図は結構省略多いですけど。


調所
反射炉で思い出しましたが以前尚古集成館で竹下清衛門が調所縁者ですと言われました。笑左衛門の生母が竹下与右衛門女子で、清衛門は与右衛門の曾孫くらいだったと思います。


桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

町田猛彦については、よくわかりませんか。

ご紹介のサイトですが、鹿児島県史料の『旧記雑録拾遺 家わけ3』所収の「町田氏正統系譜」とは異なるものなんでしょうか?

竹下清右衛門
桐野作人
調所さん、こんばんは。
竹下清右衛門については、ぜひ取り上げたいと思っております。島津斉彬が水戸藩に竹下を出張させて、反射炉を建設させているのが大変面白いと思っています。
調所家とのつながりも興味深いですね。


町田家の系図
ばんない
以前にメールか掲示板でやりとりしたときに聞いた記憶ですが、あそこに掲載されている系図は、『鹿児島県史料 家分け3』「町田氏正統系図」も参考にされてますが、その他に独自の調査でかなり追加されているようです。プライバシーの問題で名前は伏されていますが、平成に生まれた人物まで記載があります(爆)

有難うございます
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

ネット版の町田家系図の内容、よくわかりました。
家わけのほうは、せいぜい江戸後期まででしょうから、その後のことも充実しているわけですね。
有難うございます。


崎陽・織田
桐野先生、こんにちは。
薩摩の洋学者たちの連載は面白そうですね。
今後とも期待しております。
ところで「中原猶介」は、「ゆうすけ」か、それとも「なおすけ」と読むのが正しいのでしょうか。以前からの疑問です。
ご連載、楽しみにしています。

なおすけ
桐野作人
崎陽・織田さん、こんばんは。

中原猶介は「なおすけ」だと思います。
史料に「尚介」とも出てくるからです。


管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
南日本新聞に連載中のコラム「さつま人国誌」(左側リンク欄にあります)。

昨年4月から1年間連載の予定だった。
文化部の担当者の方から、好評なので延長してほしいとの要請あり。
うれしい誤算なので、喜んでお引き受けした。

一応、残りは10回を切り、その予定をあらかた組んでいたが、それにこだわらなくてもよくなった。これからは、

島津斉彬を5回くらい
小松帯刀を5回くらい

奄美や琉球など島嶼部も取り上げたい。
中世の人物も武士・僧侶などいろいろいる。
キリシタン関係もある。

など、テーマだけはいろいろ広がるばかりだ。

ご覧の方で、この人物や事件を取り上げてほしいというリクエストがありましたら、どしどしお寄せ下さい。なるべくご期待には添えるようにしたいと思います。小生の能力や得手不得手もあり、必ずしも保証の限りではありませんが。

よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/25 19:53】 | 雑記
トラックバック(0) |

リクエスト
白のまいたけ
 では、お言葉に甘えて、、、、

 ネタの宝庫・中井弘
 村橋久成
 美男子の町田久成
 薩英戦争の笑えるエピソード
 パリ万博
 開拓使と黒田清隆と払い下げ
 憎めない男・樺山資紀
 大浦兼武
 江戸藩邸の家畜
 生麦事件
 薩摩の軍楽隊
 川崎正蔵と川崎造船所
 五代友厚
 
 などなど、、、、
 
 これからも楽しみにしています。

 

連載続行おめでとうございます
ばんない
お仕事延長おめでとうございます…ん?何か変な表現ですね(苦笑)

それでは私も
・知られざる島津家第2弾!「知られざる総州島津家」
・斉彬死後、島津斉興と寄ってたかって西郷隆盛をいびった男!島津豊後久宝
…こんなのやったら、あっという間に連載打ちきりになりそうだから辞めた方がいいですね(おい)

幕末ネタは白のまいたけさんがいろいろ上げてられますので、それ以外から探してみると、
・琉球に家出しようとした守護大名・島津忠国
あたりが小ネタとしておもしろそうかと思います。
あと、以前こちらで書かれていたと思いますが、『島津義久』を出版されるときに泣く泣く削除したという部分に関わる話も拝見したい物です。

最近の流行
市川
桐野先生、こんばんは。
最近は大河ドラマや映画など、何かと歴史上の女性の活躍が目立つようになりました。読売新聞にも、「美女いくさ」という小説が載っており、なかなか面白いです。
そこで私は、「島津家にはどんな女性がいたのか」、ということをリクエストしておきます。
これからも頑張ってください。

祝連載延長
かじやちょう
連載延長おめでようございます。
毎週楽しみに拝見しています。

では私もリクエストのテーマを(笑)
1.島津氏の下向:
  木牟礼城に最初に入ったのは誰?
2.蒙古襲来絵詞:
  絵に描かれている島津久親って誰?
  島津忠長の窮状
3.渋谷5族
  島津家の対抗勢力渋谷5族とは?
4.氏の変遷:藤原氏から源氏へ
  島津家が藤原氏から源氏になった時期は?理由は?
5.島津氏の私貿易(室町時代)
  島津家の貿易戦略
6.守護になろうとした伊集院頼久(室町時代)
7.肝属氏:
  大隅の雄肝属氏の興亡
8.庄内の乱
9.宇喜多秀家の薩摩での生活
10.島津家と幕府は仲が良かった!?
11.戦国大名からの脱却
   島津家の軋み

いろいろ紹介していただきたいことが一杯です。



リクエスト有難うございます
桐野作人
みなさま、多くのリクエストをいただき、うれしい悲鳴です。でも、考えるだに大変だなとも(笑)。

>まいたけさん

中井弘は一度取り上げたいと思っておりました。またいろいろ教えて下さいませ。大浦兼武には宮之城郷士出身だけに興味があるのですが、史料が難しいですね。
パリ万博はモンブランとか、幕府方との駆け引きとか、いろいろ面白い話がありますので、何とかしたいですね。
江戸藩邸の家畜というのは、豚や猪のほかについてでしょうか? 軍楽隊も背戸口藤吉のことになりますかね。

>ばんないさん

総州島津家も薩州島津家と同様、抹殺された家ですから、取り上げてみたいです。
島津忠国も面白そうです。

>市川さん

「島津家にはどんな女性がいたのか」
興味深いテーマです。これまでも、亀寿などを取り上げましたが、ほかにもキリシタン関係などもいます。
いま話題の篤姫もまだ面白い話があります。
上流階級の女性だけでなく、庶民の女性も取り上げてみたいですが、難しいかな?
島津氏の女性については、ばんないさんに教えてもらうのが早道かも知れません。

>かじやちょうさん

島津氏と薩摩の本質に関わるようなコアなテーマ、有難うございます。
渋谷諸族、島津氏の氏問題、宇喜多秀家などはすぐにでもやりたいですね。
ほかのテーマは、私よりもかじやちょうさんのほうが詳しそうですが、少し勉強してからチャレンジしてみます。

以上、有難うございました。



コメントを閉じる▲
日次記

1月23日(水) 

五島美術館

東京には珍しい大雪。2年ぶりだとか。
そんな日に限って遠出である。
世田谷・上野毛にある五島美術館に「信長記」の調査に出かける。
二子玉川の駅から多摩川が見えるが、一面の雪景色だった。
駅で他のメンバーと合流し、雪と風にさらされながら、目的地へ。

高級住宅街のなかに五島美術館はあった。
建物も瀟洒である。さすが、五島慶太がつくっただけのことはある。きっと膨大なコレクションがあるんだろうな。
建物の奥には広大な庭園が広がっているそうだが、今日は雪に覆われてほとんどわからなかった。

学芸員さんの案内で、広い控え室を提供していただき、さっそく閲覧と撮影。
「信長記」は全巻揃いではないが、近年明らかになった新出もの。
しかも、首巻付き。
注意深く読んだが、非常に興味深かった。天理本や陽明本との関連をどう考えたらよいのか。興味は尽きない。

ほかに、甫庵「信長記」と豊臣秀頼の伝記もあった。甫庵は版本ではなく、手書きの写本なのが珍しいのではないだろうか。

夕方までにすべての作業が完了した。
帰るときは雪はやんで、ほとんど溶けていた。


1月24日(木)
昨日と打ってかわって好天だが、風はまだ冷たい。
今日もまたお出かけ。

虎ノ門の霞会館へ。
鹿児島から上京された島津義秀氏と、久しぶりにお会いする。
パリやブラジルでのお話をうかがう。パリではヨーロッパ向けの焼酎(60度の原酒とか)を売り込み、向こうの人にもかなり受け容れられていると聞いた。義秀氏はそのイベントで薩摩琵琶を弾かれたとか。
その後、TV局から県会議員に転進された宮島氏も合流。
しばし歓談ののち、大久保利泰氏も来られて、ランチとなる。
宮島氏とはじつに2年ぶりくらいか。彼が東京支局時代、一緒に井の頭公園付近を散策したことがある。新人議員ながら、もうかなり存在感をだしていると、義秀氏からうかがう。
昨年の選挙では、圧倒的な後援態勢ができて、現職が戦わずして出馬断念に追い込まれたという。

鹿児島が最近元気が出てきたと、いろいろ具体的な話をうかがう。
俳優の榎木孝明氏による桐野利秋の映画も立ち上がりそうだとのこと。
桜島から鹿児島の磯海岸までの錦江湾遠泳が映画化されて完成。いよいよ3月から封切られるそうだ。
2月15日に、鹿児島で大イベントがあるとか。
西郷・大久保・島津が勢揃いだとか。
義秀氏が甲東祭をぜひ鹿児島でも開催したいと、大久保さんに提案されていた。実現すれば、画期的だと思う。そうなってほしいものだ。

霞会館をあとにしたのち、義秀氏・宮島氏と連れ立って、虎ノ門にある琵琶専門店に行く。義秀氏愛用の薩摩琵琶の修理・調整のため。
琵琶つくりや修理は現在、日本中でこのお店しかないそうな。ご主人は人間国宝にもなったとか。
でも、全然飾らぬ方で、東北訛りが人柄を表していた。奥さんはちゃきちゃきの江戸っ子だった(笑)。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/24 20:31】 | 日次記
トラックバック(0) |


k2
桐野様
五島美術館、お疲れ様でした。
九十九茄子所蔵してる所ですよね。
数年前東京行った際、寄ろうかと問い合わせると展示してなく、
常設ではないのですよね。一度見てみたいものです。

コメントを閉じる▲
東京は珍しい大雪でした。

久しぶりに新刊の紹介を。

週刊朝日の連載をムックにまとめた『週刊司馬遼太郎Ⅲ』が刊行されました。
今回は以下の4本が入っています。

「新史 太閤記」の魅力
「義経」天才の孤独
「翔ぶが如く」の世界
「花神」大村益次郎

このうち、「翔ぶが如く」の世界には、小生へのインタビュー記事とコメントが含まれております。週刊朝日を読みそびれた人はどうぞ。


もう1点は『歴史読本』3月号
連載の「信長―狂乱と冷徹の軍事カリスマ―」第3回

信秀の死と信長の家督相続を中心に。すでに弾正忠家に分裂の兆しが表れています。次回はそのあたりを。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング



【2008/01/23 23:05】 | 新刊
トラックバック(0) |
太田牛一筆『信長記』諸本の調査を再開。

本日早朝、東京国立博物館に行き、所蔵の『信長公記』と甫庵『信長記』を閲覧、撮影。
応対してくれた研究員のTさんはとても親切な方で、いろいろ便宜を図っていただいた。多謝。

『信長公記』は黒川真頼所蔵のものか。
一部虫損があったが、とても保存状態がよかった。

全撮だったので、夕方までかかる。
初めて東博の研究部門に入館した。セキュリティも厳しい。スペース的には、以前お邪魔した京博のほうが広かったような気もする。

昼食は時間がなく、向かいの東京芸大の学食でとった。いかにも昔風の学食で非常に懐かしかった。

閉館まで1時間ほど余裕があったので、特別展の「宮廷のみやび―近衞家1000年の名宝」 を駆け足で鑑賞した。さすがに1000年の歴史を誇る藤原北家・近衛家である。「御堂関白記」など目もくらむばかりの展示品だった。
ただ、織豊期は冷遇されていた感じ。書の三藐院流として知られる近衛信尹の書がとても多かった。信尹は前久の嫡男。先日、南日本新聞連載コラムにも薩摩への配流を書いたことがある。

明日もまた調査。
東急の五島美術館である。早起きしなければならない。
風邪気味の体にはこたえるなあ。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/22 23:13】 | 信長
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


太田資方と「資房」
Tm.
桐野先生どうも。

その後もしつこく『中古日本治乱記』について調べておりますが、やはりどうも山中長俊を著者するのは疑わしく、なおかつその孫の著書かとみるのも難しいようです。

『中古』はその内容を見るに、『後太平記』に甫庵の『太閤記』を繋ぎ合わせたもであり、こと本能寺の変に関連する部分については、林羅山の『織田信長譜』(寛永18年・1641)の系譜に連なるものだと考えられます。

ただその上で注目されるのは、羅山の子の鵞峰が編纂した『本朝通鑑・続編』(寛文10年・1670)にも採録されていない織田権力と長宗我部氏の問題(※『元親記』寛永8年・1631)が収録されていることであり、また春日の局縁者の記述に詳しく、恵林寺の焼き討ちについてもかなりの紙面を割いている点が挙げられます。
前者には著者の情報収集力(情報源)について、後者にはその著述意図について考えさせられるものがあり、山中長俊の子孫にそれが有るのかというと分からないというか疑問です。

そこで視点を変え、長俊の朋友とされる「太田和泉守資方」に注目すれば、岡田正人氏の『織田信長総合事典』に牛一の諱として「資房」なるものが挙げられているのですが、それは「我自刊我書」の校者・甫喜山景雄の外題に拠るものであり、既に桑田忠親氏によって否定されているとのこと。
甫喜山が何に拠りそれを記したのかは不明ですが、同時に牛一を信長の祐筆としたのも彼であることから、それを思わせる「資房」名義の作品があったのではないかと思われ、それが磯部さんも指摘の和田さんの言われる『中古』なのではないでしょうか。

実を申せば、当初、自分は「太田和泉守資方」を牛一のことだとは思わず、太田資方なる人物についてネットで検索し探し当てていたのですが、存在年代の違いからその後、注目していなかったのですが、最近、改めて『寛政重修諸家譜』で確認したところ、「初名 資房」なる記述がありました。

ただしその資方については、延宝4年(1676)に家綱に15才で目通りし、元禄4年(1691)に30才で死去した位しか記されておらず、その他一切は不明です。
ただ注目されるのは、彼の祖父・資宗が羅山と共に『寛永諸家系図伝』(寛永20年・1643年)の編纂に携わっていたことであり、かなり強引に自家の系譜を改竄したとされます。
あくまで想像の範疇ですが、『中古』はその資方が祖父の功績(集めた資料)を踏まえ、山中長俊(と孫の関係)に仮託し作りあげたものであり、当初は「資房」名義でそれを著したのではないでしょうか。あるいは資宗が草稿を著し、孫の資方が成稿したということも考えられないでしょうか。

また『中古』に『明智軍記』(元禄15年・1702)の影響(光秀辞世の句など)が見られないことも、その成立時期の下限を窺えるのではないかと思われます。

別人?
桐野作人
Tm. さん、こんばんは。

調査お疲れさまです。

「太田和泉守資方」、『寛政譜』第四で私も確認しました。後北条氏旧臣のようですね。同書によれば、「資房」とも名乗っていた由。
太田牛一とは明らかに別人ですから、「中古」の考証も再検討の要がありそうですね。調査の進展をお祈りします。


コメントを閉じる▲
以前、このブログでも書いたことがありました。
鹿児島中央駅の前に建立された「若き薩摩の群像」の問題。

慶応元年(1865)、19人の英国使節・留学生は、あえて国禁を冒し、万里の波濤を乗り越え、大きな苦難を克服してイギリスへと向かいました。その多くは政治家や実業家、国際人となって活躍し、わが国の発展と国際交流に大きな足跡を残しました。

英国使節・留学生は全部で19人なのに、銅像はなぜか17人しか立っていないこと。「なぜか」ではなくて、理由ははっきりしています。

立てられなかった2人は、もと土佐藩士の高見弥一と長崎出身の英語通詞堀孝之。県外の人間だから除外したわけですね。

このような排他性は、英国留学生を派遣した当時の薩摩人の国際精神にもとっているのではないか。鹿児島県人は狭量だと、県外の人に思われていいのか。
そんな問題意識から「~完成させる会」が結成されたのが去年の夏でした。
島津家の当主をはじめ、研究者や有識者が発起人に名を連ねています。

現在、鹿児島市当局に対して請願運動などを行っていますが、もっと多くの市民や市外・県外の方の支援も得て、大きな波を起こし、2人の銅像の追加建立を実現していきたいと考え、署名運動を行うことになりました。
小生も及ばずながら、お手伝いをしようと、サイト立ち上げに協力しました。以下のところです。

「若き薩摩の群像を完成させる会」サイト

以前にこのブログでも、こんな記事を書きました。ここです。
南日本新聞の連載コラムでも、こんな記事を書きました。ここです。
ご参考までに。

そして、この問題を鹿児島県外の多くの方々にも知っていただき、ぜひ署名にご協力をいただけたらと思います。

このサイトにアクセスしていただければ、完成させる会の趣旨もわかります。
署名用紙がPDFファイルになっておりますので、自由にプリントしてお使い下さい。署名用紙の送り方はFAXでも郵送でもかまいません。送り先も明記してあります。

この問題に関心をもたれた多くのみなさん、とくに幕末系のサイトやブログを運営されている方にお願いです。
このサイトと署名運動があることをご紹介していただければ、とてもうれしいです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

【2008/01/21 23:17】 | 幕末維新
トラックバック(1) |


崎陽・織田
桐野先生、こんにちは。
まずは、長崎出身の人間として、一言お礼申し上げます。
堀孝之は、関係HPにもあるように、代々の阿蘭陀通詞の家に生まれた語学者です。同じく通詞出身の岩瀬公圃とともに、五代氏と共に活躍したということで、長崎でもよく知られています。その銅像が建立されれば、同郷の者としては誠にありがたい限りであります。今後ともよろしくお願いします。

お詫びはこちらのほうです
桐野作人
崎陽・織田さん、こんばんは。

堀孝之については、鹿児島のほうがその冷遇と無視を反省すべきだと思います。

ひとつは、堀は薩摩藩士(西郷・大久保と同じ御小姓与)だったこと。
もうひとつは、薩摩藩士であろうとなかろうと、辛苦を共にした留学生仲間なのに、一方的な排除は、留学生たちに顔向けできないと思っています。

九州新幹線鹿児島ルートが3年後には全線開通し、関西あたりからも観光客が新幹線でやってくるようになります。
その玄関先に「若き薩摩の群像」があるわけで、当局もようやく事の重大さを悟りつつあるようです。
外圧頼みだけでは情けないので、少しは県民や県出身者が動くべきだろうと思っております。

コメントを閉じる▲
こしき

大河ドラマにも有馬新七が登場しておりますが、この人は同姓同名の別人です。

鹿児島は薩摩半島の西方に浮かぶ甑島(こしきじま)は黒潮が洗う風光明媚な島です。
その黒潮を活かせないかと考えたのが島民の有馬新七さん。

何のことはない、黒潮を汲み上げて、拾い集めた流木などを薪に大きな釜で煮詰めて天然塩を作ることにしたのです。ここに記事があります。

未踏の島である甑島に憧れていた私はかつて、南日本新聞の記事でこれを知り、しかも、幕末志士と同姓同名だったのに興味を覚え、速攻で電話してこの塩を注文しました。
ついでに、あの有馬新七と関係があるか尋ねてみましたが、まったく関係ないとのこと。おそらく父上が新七のことを知っていたに違いありません。

「手造りの天然ミネラル塩」と謳っているように、素朴な粗塩で結晶質のままです。味も心なしか潮の香がするようで、濃厚でほんのりと甘みさえあるように感じます。

先日、この塩が切れたので、また注文しました。宅配便で送ってくれます。
大河ドラマで新七が出たので、思い出して書いてみました。
写真はとくに「クリスタル」という商品で、写真からでも結晶質がよくわかります。もう少し粒の細かい塩がメインの商品です。

いつかは甑島に行き、有馬新七さんにもお会いできればと念じています。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


【2008/01/21 10:44】 | 雑記
トラックバック(0) |
今日のは、タイトルと内容が乖離していましたね。
タイトルからは、お由羅騒動(高崎崩れ)がある程度克明に描かれるのかと想像してしまいますが、豈図らんや。やや拍子抜けの内容でした。
主役が女性だから、男世界の血なまぐさい政争は巧妙にスルーするということでしょうな。それにしても、一門家の姫が下級城下士・御小姓与の、しかも罪を得た家に気楽に出入りする設定は安易すぎるのでは……。

そもそも、篤姫と小松の交流はむろんのこと、西郷や大久保など下級城下士との交流など、どだい無理筋なんですが、それがないと、鹿児島時代を描けないですしね。それに、のちの展開のためにも、小松・西郷・大久保との因縁を動機づけしておくストーリー展開上の要請もあるんでしょうが……。

「小松帯刀日記」安政2年、3年分を読んでも、小松が付き合っているのは藩主斉彬側近か、門閥層ばかりで、下級城下士などまず出てきません。もっとも、今日の部分はこれに3、4年先立つ嘉永3年、4年あたりでしたから、小松の日記はありません。だから、小松が誰と付き合ったかわからないわけですが……。

それと、篤姫が大久保の家まで気軽に出かけていたけど、鹿児島市内でも大竜町(今和泉家)と加治屋町(大久保家)の間は3,4キロは離れていそうな気がするが……。

まあ、そのような穿鑿じたい野暮でしょうからやめましょう。

閑話休題
番組最後の「篤姫紀行」、驚きました。
何と、わが郷里出水でしたねえ。
島津家発祥の地とナレーションしていたけど、いいのかな? 誤解を招きそう。実際は初期島津氏が薩摩国の中心に入部できずに、北薩の出水止まりだっただけなんですが。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


【2008/01/20 21:25】 | 篤姫
トラックバック(0) |

島津家発祥の地
ばんない
うーむ。こんな程度かと…いや、予想以上でしたが(苦笑)。

最後の「紀行」ですが、都城市からクレーム来るんじゃないかと思いました。


武藤 臼
うーーーん
なんでだろう。
3話目で早ドラマを見る集中力がまったく保てません(^^;

島津荘
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

島津家発祥の地というなら、やまり日向国島津荘のある都城あたりにしないと、正確さを欠きますね。
薩州島津家発祥(正確には本貫か)の地ならそれほど間違いじゃないですが。



ぬるい
桐野作人
武藤臼さん、こんばんは。

お気持よくわかります。
前回は平幹二郎の存在感で辛うじてレベルを保っていましたが、今回はとくにガクッと落ちましたね。

一言でいって、篤姫とそのお友達の交流がぬるすぎます。当時の身分差を考えればありえないことですから、どうしてもリアリティのない話に流れてしまいますよね。

一応、入輿までに篤姫の成長物語をこさえないといけないわけで、でも、そのための史料もネタもない。よって、あんな風な、ぬるいお友達ドラマになってしまいますね。あまり大人の鑑賞に耐えられるものではありません。
同時並行して、20年前の「翔ぶが如く」を見ているだけに、なおさらその落差が際立ちます。

それと、今回のキャストはCMイメージの強すぎる人が多いですね。樋口可南子を見たら、北大路欣也の犬の声を想像してしまいますし、夫の長塚京三を見ると、薩摩にはいたくないと、「そうだ、京都に行こう」と行ってしまいそうな。
宮崎あおいも、これから動物とのからみが出てくるはず。アヒルとか、狆とか、ネコとか。でも、どうしてもアフラックと声が出てしまいそうで(笑)。

斉彬の入京
町田明広
桐野さん、こんにちは。
私の感想というか、疑問というか、気になったことですが、斉彬のお国入りの時点では、既に篤姫の入輿は阿部からも打診があり、また、近衛からも助言があったと思うのですが、かなり重要と思われるその事実を飛ばして、なんか違った意味で展開にドキドキしています(笑)
それと、斉彬の入京について、前から疑問でありながら、横着して調べていないのですが、なぜ藩主が簡単に入京して近衛に会えたのでしょうか。朝廷と諸侯の接触は、一般的には不可と思うのですが。

斉彬入京
桐野作人
町田明広さん、こんばんは。

徳川家祥(のち家定)の継室問題(3番目の夫人)は斉彬が世子のうちから始まっていますね。
ドラマでの入京時点で、斉彬の胸中には、継室問題に積極的に関与する心づもりがあったはずで、近衛忠熈との会見もそのあたりが話し合われたと考えてもおかしくありません。

ご指摘のように、諸侯と朝廷の交際は原則禁止ですが、親戚関係なら左にあらずだったと思います。近衛忠熈の正室は、島津斉興養女(斉宣の娘)ですから、忠煕と斉彬は義理の兄弟になります。親戚訪問なら、入京も大丈夫だったと思います。

「伊地知季安記事抄」(『斉彬公史料』一、171号)によれば、嘉永4年(1851)4月23日、斉彬は伏見邸に到着し、3日間滞在しています。その間に入京して、所司代に挨拶し、近衛殿を訪問しています。近衛殿では忠煕・忠房父子や三条実万と対面しています。このとき、「密ニ天旨ヲ伝ヘラレタリト」と書かれており、天皇から何らかの勅旨が伝えられたようですが、その内容は「秘隠」で斉彬しか知らなかったようです。

という具合で、斉彬の入京は一応史実を踏まえているということになりそうです。

都城市、動く?!
ばんない
やはり、都城市がクレームを付けたようです。詳細はURL(西日本新聞記事)ご参照下さい。

記事からの抜粋になりますが
「発祥地論争について鹿児島県歴史資料センター黎明館は「名前の由来を発祥とするならば都城市。統率者である守護としての実質的支配を考慮すれば出水市。要は解釈の問題」としている。」
黎明館につっこみ入れる形になってしまいますが、守護としても、実際に下向したのは3代目からと言われていませんでしたっけ。現在最も有力な学説を採れば、島津氏の発祥の地は京都ですよね(爆)

ところで、篤姫のお膝元では今どんな状態なのか分からないのですが、大河バブルに乗るのもなかなか大変ですね…。市町村によってはかなり無理にこじつけているところもあるようです。

都城
桐野作人
ばんないさん、こんにちは。

私は別の新聞で、同じ記事を読みました。
おそらく共同の配信でしょう。

発祥の地といえば、忠久が生まれたところだといえないこともありませんね。
都城の島津荘にも、出水の木牟礼城にも、忠久は赴任していないはずですから。

観光振興
武藤 臼
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/television/122612/

私はやっと今日しりました。予想的中で笑ってしまいましたが。都城ってお金あるんですね。

こういう問題に行政の意見書というのもどうかとも思いますが・・・

忠久の島津荘下向?
桐野作人
武藤 臼さん、こんばんは。

ご紹介の記事見ましたが、不正確ですね。
忠久が都城にあった島津荘に赴任したように書かれています。
これが都城市の公式見解だとしたら、どうなんでしょうかね。むしろ、新たな問題が派生するように思いますが……。

コメントを閉じる▲
徒然の日次記

19日
講演や著作刊行の依頼の手紙あり。
講演の依頼先は横浜のある博物館から。
信長ネタで話してほしいとのこと。
場所が場所だけに私より適任者がいるんじゃないかと思うが、この学芸員さんには大変お世話になっている義理があるからなあ。前向きに考えたいと思うが、どこまでできるかやや不安ではある。

著作執筆依頼は京都の某出版社から。
以前上洛したとき、たまたま知り合ったところ。
これまでも何度か執筆を慫慂されたが、現状ではなかなか難しいとお答えしてきた。
熱心に誘われているので、何とかしたいと思うが、名案がないものか。

こんなことを書いていると、別の編集者に怒られそう。
鋭意やっております、はい。

よかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


【2008/01/20 00:24】 | 日次記
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第41回
―遷都と奇夢が結ぶ因縁―

連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は前回に引き続き、前島密について書きました。
前島と大久保利通がともに遷都論を提唱したのはよく知られています。
大久保の遷都論は一応、大坂が目標でした。
諸外国の公使館があることや通商貿易に適しているというのがその立地上の理由でしたが、大久保にとっての本質問題は場所ではなく、天皇を京都から引き離すことにあった気がします。
それは幕末の周旋活動において、公家衆にさまざまな理由で天皇との交流を遮られたのがきっかけだったのも間違いなく、大久保は遷都の建白書のなかで、京都の公家社会を次のように切り捨てています。

「数百年来一塊したる因循の腐臭」

そのような惨状の京都から天皇を救い出し、「公家のための天皇」ではなく、「国民のための天皇」という姿こそが理想で、大久保は「一天の主」(天皇)と「下蒼生」(人民)の「国内同心合体」を実現しようと考えました。

前島密の東京遷都論は、戊辰戦争への対応、関東以東の人心安定という面に重点が置かれているように思います。

それにしても、大久保の奇夢の話を紀尾井町事件の直前に聞かされていた前島のショックは相当なものでしょう。事件当日、前島はいち早く現場に駆けつけた一人です。
「夢なら醒めよ」と念じた前島の気持ちはよくわかります。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


【2008/01/19 10:21】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
周回遅れのコメントですが、前回の時に話題にした「東京遷都」ネタが出てきましたね。この「東京遷都」ネタは何年か前にNHKの『その時歴史が動いた』でも取り上げていた事を思い出しました。遷都費用として大阪の商人から寄付させていたお金がどうなったのか、番組でも言わずじまいでした。寄付金は東京遷都に使われて、踏み倒されたんでしょうね。たぶん。

近代国家としては、京都からどこぞに天皇を移すのは不可分の問題だったとは思いますが、東京遷都で京都の経済地盤が崩壊し、その後復興にかなりの時間を費やしたことを知っている身の私としては、余り愉快な話ではないですね。

ところで、大久保の「天皇論」ですが、お話を見た限りでは欧米列強の王家のように天皇を位置づけようとしたのでしょうか?

遷都費用?
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

ご紹介の話、私は不勉強でよく知らないのですが、鳥羽伏見の戦いのあと、薩長政府が大坂の鴻池などに軍資金の提供を要請したこととは別の話でしょうか? 意外と短期間で集まったと聞いていますが……。

大久保の「天皇論」は、誤解を恐れずにいえば、イギリス流の立憲君主制をめざすものだったのではないかと思います。
戊辰戦争のときまではそこまで明瞭ではなかったと思いますが、岩倉使節団から帰国後は、かなりはっきりした輪郭をもったのではないかと思います。大久保も憲法をそのうち導入しようと考えていたみたいです。伊藤博文のプロシア式よりも、もう少し開明的というか自由主義的だったかもしれません。

「遷都」の費用
ばんない
こんばんは。

遷都の費用を大阪商人から寄付させた話ですが、『その時歴史は動いた』2003年5月放送分に載っています。「遷都」というのはちょっと言い過ぎでした。「大阪行幸の費用」という名目で寄付させていたようです。失礼いたしました。

大久保の国家構想って余り教科書などでは見た記憶がないですね。一般書でも内務卿としての辣腕ぶりばかりが強調されている傾向が有るように見受けられます。


大坂行幸
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

大坂行幸のときの話でしたか。
これは大久保が建白した大坂遷都に対して、守旧派の公家衆が反対しために頓挫し、妥協的に行幸という形でお茶を濁したのですが、そのような資金を調達しているとは知りませんでした。
むしろ、戊辰戦争の戦費に流用されたということはないのでしょうか?

コメントを閉じる▲
時代劇専門チャンネルで、今週から20年前の大河ドラマ「翔ぶが如く」の再放映が始まった。観たのは今日が初めてで、もう5回目だった。

かつて観たはずなのに、ほとんど記憶に残っていないのに驚く。

時代は日米和親条約が結ばれた安政元年(1854)のあたり。
島津斉彬はすでに襲封している。斉彬が参勤交代で国許から江戸に出府する途中、「西郷はおるか」と声をかけた有名なシーンもやっていた。

篤姫も前年秋に江戸入りしていて、出番があった。
弱冠19歳のはずだが、富司純子(私には藤純子のほうがなじみがあるが)では、さすがに塔が建っている(婉曲表現です)。四十、もとい四重の塔くらいか。

西郷演じる西田敏行がまだ比較的痩せていた頃のようで、身のこなしが軽く精悍である。そして、キヨソネ画の西郷を彷彿とさせるような表情をする。
鹿賀丈史演じる晩年の大久保が肖像写真にそっくりだったことは記憶しているが、西田も西郷(イメージ)によく似ているというのは再発見だった。

何より、みんな鹿児島弁をしゃべっているのがいい。役者によって多少うまい下手の違いはあるが、それでも懸命に雰囲気をつくろうとしているのが感じられる。

平日9時からが楽しみである。
DVDも発売されていたんだった。


【2008/01/18 22:51】 | 雑記
トラックバック(0) |

『翔ぶが如く』
ばんない
桐野さんも御覧になられてるのですね。
私は本放送の時にはチャンネル権がなかったので、今回初めて通しで見ております。

富司純子の篤姫は本放送時も話題になりましたっけ。マスコミ的には女優復帰作品(それまでも「3時のあなた」などで芸能活動はしていたと思いますが)と言うことでしたが、一般庶民には「どうみても10代には(以下自粛)」ということで…。
『葵・徳川三代』の関ヶ原直前のお江の方(岩下志麻)と、どっちが…と言う所はなかなか難しいですが(汗)

鹿児島弁もそうですが、樹木希林演じるところの幾島のねっちょりした公家言葉もおもしろいですよね(汗)幾島は鬘も公家風に結ってあって、そういう風俗の差異など結構細かく描いているなと思います。ただ、実際の幾島は鹿児島出身の女性だったそうで、篤姫のことを余り無茶苦茶言える立場でもなかったかと思うのですが(苦笑)

個人的には西郷家一同の所作、といいますか「男女席を同じくしてない」とか微妙なところの演出がうまいなと思います。戦後しばらくも鹿児島はああいう雰囲気だったようですから(ちゃぶ台もなかったとか聞いたことが)


男女席を同じうせず
桐野作人
ばんないさん、こんにちは。

西郷家のなかの家族構成とその秩序はいかにも江戸時代らしく興味深いですね。

当主(吉之助)、男子、祖母、妻、他の女性 さらに下僕という序列でしょうかね。
室内でも、男女が距離を置いて話していますね。目立たない点ですが、時代考証が活きているような気がします。
妹役がノリピーで、ちゃんと鹿児島弁で演技しているのがほほえましかったです(笑)。あの頃はアイドルだったんですね。
ちゃぶ台がないというのには気づきませんでした。だいたい、個別の膳で食事はするのではないでしょうかね。
あれって、明治以降ではないのでしょうか?

それにひきかえ、今年の大河では、男女の距離が近くて、やたらベタベタしていますし、長幼の序もルーズなような気がします。
現代と封建時代を分かつしきたりがそういうところに表れるわけで、時代劇である以上、尊重してほしいですけどね。何でも現代風に描けば、視聴者にもなじみやすいはずと制作側が考えているとしたら、ちょっと違うと思うのですが。

ちゃぶ台
ばんない
こんにちは。

ちょっと文章がまずかったですね。
確かにちゃぶ台の普及は昭和以降のようです(URLご参照下さい)。
ところが母の実家(ちなみに鹿児島県某所)では戦後かなり経っても銘々膳で食事していたとのことなのです。勿論「男女席おなじゅうせず」で。鹿児島から仕事で県外に出た親戚宅に遊びに行って初めてちゃぶ台為る物の存在を知ったらしいです…。

星一徹、寺内貫太郎
桐野作人
ばんないさん、こんばんは。

ちゃぶ台についてご紹介のサイトを読んで、思わず笑ってしまいました。
星一徹がちゃぶ台をひっくり返したのは一回だけ、それもついでにひっくり返しただけだったとは。ちゃぶ台返しといえば、星一徹というイメージは過剰だったののですね。

うちにも昔、ちゃぶ台があった記憶がありますが、そのうち、掘り炬燵に取って代わられました。これは夏には炬燵布団をはずして使用してました。


コメントを閉じる▲
徒然の日次記。

17日(木) 
外出。寒風が体にこたえる。
神保町の某誌編集部に行き、編集長と打ち合わせ。
信長ものの変わった企画。昨秋あたりからあれこれ話し合っていたのが、ようやく具体化。これまでほとんど知られていない絵画史料だが、面白がってもらえたらいい。100頁の特集記事とのことで、大変だ。

その足で、某女子大に行く。兼見卿記の輪読会である。これは織豊期の公家で、吉田神道の元締めでもある吉田兼見の日記。
本日の担当者は小生。時間がなくて、当日、おこしを作ったのが災いした。干支を間違えるわ、「訖」をなぜか全部「畢」にしてしまうなど、誤変換が目立つ。「渋柿」を読めなかったのはショックだった。

最近、ブログの記事を書いたあとも、よく読むと、てにをはの間違いや誤変換が非常に多い。目も悪いのだろうが、歳月人を待たずである。加齢による諸機能の劣化は如何ともしがたい。

日記は天正15年(1587)8月あたり。秀吉が九州陣から帰ってきた頃である。
担当部分は、あまり面白みのない日常的な出来事ばかりだったが、その割には大意が取りにくかった。兼見卿記の通弊だが、主語と目的語の区別がよくつかない。日記の主のせいにして、自分の力不足をとりあえず棚に上げておく。

輪読会仲間でリンク先でもあるK戸さんから最近の論考・書評など、一挙に3点を恵贈される。
近年、素晴らしい勢いで論文を量産していて頼もしい。しかも、中世社会経済史から政治史まで研究の幅を広げているように見受ける。これから活躍が楽しみな研究者である。

せっかく神保町に出たので(といっても2日ぶりだが)、輪読会の前に三省堂書店に立ち寄る。

小川原正道『西南戦争―西郷隆盛と日本最後の内戦―』中公新書 2007年

を購入。
西南戦争の新書刊行は久しぶりではないだろうか。
幕末維新史や近代史研究の中でも、西南戦争のそれは遅れている。
近年、西南戦争についての全国的な史料調査も試みられているとも聞くが。

最近購入した古書

法橋玉山著『絵本太閤記』上・下 東都文事堂 1886年

絵本太閤記は江戸時代の版本だけでなく、明治以降にも活発に出版されたらしい。ただ、120年前の本なので、それ相応に傷んでいる。

『張州雑志』1~11巻  愛知県郷土資料刊行会

全12巻だから、最終巻だけ欠。でも、意外と廉価だったので購入。欠巻はおいおい単品で手に入れよう。初期信長や織田家の必須文献。これまで一部コピーはあったが、できれば全部揃えたほうがいいと思った。

『島津家書翰集』 日本史籍協会叢書127

とっくにもっていてよかった本だが、なぜか縁がなかった。少し読んで、さっそく「さつま人国誌」のネタを見つけた。元をとった気分。

【2008/01/17 23:33】 | 日次記
トラックバック(0) |
時事問題を鋭く分析することで定評があるサイト。ここです。

歴史問題もよく哲学的に分析していて興味深く読んでいたが、今回は珍しく明治維新に触れていた。しかも、中岡慎太郎に焦点を当てているところがにくい。

明治維新がフランス革命やロシア革命と同じ革命であったこと、また革命はよく輸出されるという指摘に刮目した。前者は前から私もそう考えていたので、とくに後者。

私もよく比喩的に、明治維新を担った連中はお節介焼きで、自分たちの成功体験を他国の人にも味わってもらいたかったのか、とくにアジア諸国に一種の使命感をもって「輸出」したい衝動を押さえきれずにいたと説明していたが、そのものズバリの指摘に驚いた。
この指摘を敷衍すれば、いわゆる「征韓論」も「革命の輸出」という観点でとらえることもできるかもしれない。輸出されたほうが有難迷惑なのは、古今東西共通していると思うが。

【2008/01/17 00:08】 | 雑記
トラックバック(0) |

イデオロギー輸出
橋場
司馬さんもそんな事書いてましたね、たしか。
イデオロギーは宗教ですし、そういう点では十字軍もアメリカの民主主義押しつけも同じようなものでしょうか。

押しつけ
桐野作人
橋場殿下、こんばんは。

司馬さんが書いていたかどうかよくぼ覚えていませんが、欧米やイスラムの一神教が背景にはありそうですね。
イラク戦争も含め、正義なるものを押しつけてくるのは、ろくなものがありません。

コメントを閉じる▲
小学館アカデミー古文書塾「てらこや」の新講座が昨日から始まった。
今次は「天璋院篤姫と小松帯刀」というテーマである。
篤姫の名前も冠しているが、ほとんど小松帯刀を中心とした内容になる予定。
新しい受講生の中には、このブログにコメントを下さる方や、わざわざ大阪から参加してくださった方もいて有難い。

テキストは『大久保利通関係文書』所収の小松帯刀文書を中心に、書簡の背景を理解するために他の史料を援用するという形で進める。

第1回は表題のとおりで、肝付尚五郎から小松帯刀に変わる時期と、精忠組(とくに大久保正助)との出会いを中心に見ていった。

とくに、小松が文久元年(1861)前後、どのようないきさつで藩政に登場するのか、非常に興味深い点である。これを市来四郎の談話などで確認する。やはり久光側近の中山中左衛門(実善)の推挙であろう。
また、久光藩政下における小松の地位を考えるにあたって、下級城下士の結社、精忠組との関係は無視できず、その首領である大久保正助(利通)とのつながりがどこまで遡るのかを検討した。

また、小松の受給文書の初出ではないかと思った万里小路博房の書簡(宛所を小松と推定)とその別紙(黒田清綱建言書)を検討した。
建言書が安政4年(1857)9月になっているので、その時期なら、小松受給文書の初出でもおかしくないと思ったが、よく読むと変な感じだった。結果として私の勘違いだったと思う。

以下、宿題となった部分である>受講生のみなさん

受講者のみなさんから、万里小路書簡は少し年代が下り、万里小路が何らかのきっかけで黒田に関心を示したので、小松が黒田の以前の建言書(写し)を見せたのではないかという意見があり、なるほどと思った。
つまり、万里小路書簡と別紙の黒田建言書にはタイムラグがあるということである。

それで、万里小路が黒田に関心を示した理由について、個人的な推測として、第一次征長後、三条実美ら五卿が太宰府に移されたとき、黒田は薩摩藩からの護衛要員の代表だったことと関係があるのではと話した。五卿を幕府が連行しようとしたとき、黒田が身を挺して阻止したことがあった。慶応2年(1866)4月のことである。
それと、万里小路の政治的立場がそのときはよくわからず、おそらく三条実美に近い尊攘派公家ではないかと推測しておいたが、あとで調べてみると案の定そうで、国事御用掛などつとめており、8・18政変で失脚している。復権するのは孝明天皇死去に伴う大赦で、慶応3年1月のこと。
となると、万里小路書簡の年次は慶応3年の可能性が高いのではないかと思われるが、どうだろうか。

今回は小松文書の検討はあまりできなかったが、受講生のみなさんから積極的な意見や質問が出て、充実していたと思う。
とくに、「国父」久光の権力の由来をどのように考えたらよいかという質問は重要な観点だろうと思った。

次回はおそらく久光の率兵上京から8・18政変あたりが中心になると思う。

【2008/01/16 20:09】 | てらこや
トラックバック(0) |

率兵上京までの小松
町田明広
桐野様
私の関心とも一致していることから、非常に興味深く拝見いたしました。
率兵上京までの小松の動向研究は、久光体制確立期の解明に必須と感じております。私の今後の課題の一つです。
なお、小松の藩政登場ですが、久光の強い意志・意図を感じます。一方で、これから実証ですが、山田壮右衛門がキーマンでは、と考えております。
それにしましても、余りに面白そうな講座ですね。次回など、垂涎の思いです。また、質疑応答が活発であり、そのレベルが高いのも素晴らしいですね(^^)

山田壮右衛門
桐野作人
町田明広さん、こんばんは。

山田壮右衛門がキーマンですか。もっと勉強しないといけないですね。
小松の母方を辿ると、どうも久光と義理ながら従兄弟のような気がするのですが、その近縁も小松抜擢に影響していないですかね。


『万里小路日記』
白のまいたけ
 古文書塾ではお世話になっております。

 日本史籍協会叢書に、『万里小路日記』があり、内容は、万里小路正房と万里小路博房の日記のようです。いつ頃の日記であるのかわかりませんが、もしかしたら、この日記にヒントがあるかもしれません。
 買うと7000~8000円するので、近所の図書館に予約しました。近所の図書館に届いたら、確認してみますね。


哲丸君と大砲
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

その後の追跡調査、ご苦労様です。
そういえば、「万里小路日記」がありましたね。
本筋からははずれた話題ですが、もし日記に何か書かれていたら面白いですね。

その後、私も少し調べてみました。
『斉彬公史料』にもう少し詳しく出ておりました。
黒田清綱の建言書に対する斉彬の回答が書かれていました。
それが非常に面白いので、次回の講座でご紹介したいと思います。もしかして万里小路が関心をもったのは、斉彬に対してだったかもしれません。


『万里小路日記』
白のまいたけ
『万里小路日記』を見てみましたが、小松のことなどは全く書かれていませんでした。残念。

残念
桐野作人
まいたけさん、こんにちは。

載っていなかったですか。残念でしたね。
次回講座で続きを紹介しますので、お楽しみに。

久光と小松は義理の従兄弟
町田明広
桐野さん、こんにちは。
おっしゃる通り、従兄弟ですね。久光は重富家忠寛の子、忠公の養子であり、
肝付尚五郎の母も、忠寛の娘ですね。
この点も十分に久光には意識され、登用の追い風になったと推察します。
小松の事績はほとんど世に出ておらず、残念です。桐野さんのお仕事に期待いたします(^^)

小松の登用について
板倉丈浩
お世話になってます。こんばんは。
遅レスで恐縮ですが、小松と山田壮右衛門の関係に注目した先行研究として、山田喬氏の論文『幕末薩摩藩政と小松帯刀の位置』(地方史研究28(3)、1978)がありますね。

「万延元年の初頭で注目されることは故斉彬の腹心として活躍し、久光の藩政登場後は小納戸役の位置を回復した要人である山田壮右衛門と小松帯刀との間に交流があった事実である」
「同じ側近の江夏直義が斉彬の集成館事業に深く関与していたのと対照的に、山田の役割は藩政の円滑な推進に力点が置かれていたようである。久光の藩政介入後、山田は小納戸の役に再び座し、島津豊後等の最後の画策を封じたといわれる」
「彼らが何を話し合ったか知るすべはないが、藩首脳の意図していること、および進行中であった藩人事の刷新などについて、書面或いは口頭で話し合われたことは可能性としても十分に想像されうる」

また、文久2年正月の小松の家老格への抜擢を「島津宗家を主体とする政治構想」の実現と評価しているのが笹部昌利氏です(『薩摩藩島津家と近衛家の相互的「私」の関わり』日本歴史657、2003)。

「つまり久光は「御一門」「家名方」ら門閥層の積極的な政治参加により運営されてきた体制の伝統を断ち切り、島津宗家による宗家のための政治体制を志向するのである」
「文久二年以前に、大名に政治的権威を集中させることに成功した大名家は、島津家のほかに見出せず、これにより同家は文久二年以降、国事参加を旨とする政治運動をスムースに進行しえたのである」

長文失礼しました。またよろしくお願いします。

山田喬論文
桐野作人
板倉さん、こんばんは。

昨日はお疲れ様でした。
いろいろご教示有難うございます。
山田喬論文はさがしてみます。

笹部昌利氏の論文は前に読んだことがあります。
久光の藩政主導とくに京都周旋のために、小松・大久保・中山・堀などの精鋭が集められ、一種の政治グループを形成していた感じですね。

コメントを閉じる▲
朝日新聞鹿児島総局の新年企画「薩摩の家臣たち」が全12回で連載されました。よく知られた人物の子孫が自分と先祖を重ねて語っています。

ネットでもご覧になれます。ここです。

登場するのは、以下の12人の子孫たちです。幕末期だけではないです。異色の人物も含まれています。

小松帯刀
村田新八
黒田清隆
西郷隆盛
篠原国幹
桐野利秋
川路利良
大久保利通
中馬大蔵
得 藤長
久木村治休
平田靱負

【2008/01/14 19:51】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

またまた・・件名とは関係ありませんが!
おな
週刊司馬遼太郎主筆の村井さんとお会いしました。桐野さんの取材のことも話題になりました。村井さんは、超長編小説を、一つやり終えたので、ほっとしていますとのことです。桐野さんは、「竜馬がゆく」のときからの約束だったのですね!

村井さん
桐野作人
おなさん、こんばんは。

村井さんに合われたんんですね。
たしかに「竜馬がゆく」の連載の頃、「翔ぶが如く」ではよろしくという話はしましたが、約束というほどまでは考えていませんでした。
でも、村井さんの熱意もあって、こちらもその気になって協力できたように思います。

それではまた。

コメントを閉じる▲
今回の事実上の主役は調所広郷だったといってよいだろう。
篤姫を調所の理解者に仕立て、さらに調所を死に追いやった張本である島津斉彬にさえ、調所を「恩人を追いつめたかもしれぬ」と言わしめ、同情している。だったら、なぜ死なせたんだよというツッコミも入れたくなったが(笑)。

個人的に一番関心があったのは、篤姫の大事な小道具にもなった「贋金」。

「銀座常是」

と刻印してあったから、天保の一分銀だろう。
出目目的の粗悪な改鋳銭である。もっとも、便利だったらしく、全国で流通したという。

でも、調所が一分銀の贋金をつくったという説は本当なのだろうか?

調所の伝記として定評のある芳即正『調所広郷』(人物叢書)には、調所が贋金をつくったとは書いてないと思う。

一方、原口虎雄『幕末の薩摩―悲劇の改革者、調所笑左衛門―』(中公新書)は、それまで悪名高かった調所の復権を意図したおそらく最初の著作だと思うが、ドラマでもあったように、「花倉」(「けくら」と読む)の化物屋敷で、「貨幣に不自由しきった斉興と調所は、大胆にも贋金造りを始めた」と書いている。また「天狗喝し」の怪異現象も書かれている。

ただ、その史料的な典拠が示されていないのが残念だ。一分銀とか、贋金の具体的な話も書かれていないが、典拠は果たして何だろうか。知りたいものである。

なお、今回のドラマの時代考証の原口泉氏は上記虎雄氏のご子息である。
原口泉著『NHK鹿児島歴史散歩』によれば、鋳造工場だった花倉御殿からは金くそが出てくるので、これが贋金づくりの証拠だとしている。ご父君よりは具体的である。
また 贋金は金銀を被せただけの「天プラ金」と呼ばれたという。ただ、何となく時代が下った呼び方ではないだろうか。

ちなみに、薩摩藩で鋳銭事業を始めようとしたのは、むしろ斉彬で、幕府の許可が得られなかったために実現しなかった。
本格化するのは久光時代である。これはその側近だった市来四郎が書いているとおりだ。それは琉球貿易の決済通貨として、琉球通宝の鋳銭を幕府から許可されたもの。
もっとも、琉球通宝は天保通宝とくらべて「天保」が「琉球」になっているのが違うだけで、材質や大きさがまったく同じだったから、ひそかに天保通宝の密造を行って巨利を得ている。
天保通宝は幕府が鋳造を独占したわけではなく、たとえば、会津藩にも鋳造許可が出ているから、けっこう鋳造には鷹揚だったわけで、これを一概に贋金といえるかどうかは微妙だろう。

余談
以前、「化物屋敷」と言われた花倉の屋敷跡(島津斉興別邸という)に友人と行ったことがある。
西郷蘇生の地(月照と入水自殺したとき)から山に登って、鬱蒼たる竹林をくぐり抜けたところにそれはあった。
竹木を伐採してあったので、意外とよく屋敷跡の輪郭がわかった。そのときの写真を載せておきます。写真で低い石垣積みの段差がわかると思うが、これが屋敷の区画(低い方が屋敷地)だろうと思われる。倒れていた石灯籠には「弘化四年」の銘があり。調所の死の一年前である。

花倉


DSC02748_640.jpg



調所の服毒自殺の真因はやはり琉球を通じた密貿易にあるといえるだろう。贋金は余分だったかもしれない。

調所の密貿易はご禁制かもしれないが、その実、わが国の幕府による一元的な管理貿易体制を突き崩す革新的な側面をもっていたことも見逃せないだろう。
要は、幕府の貿易独占体制に風穴を開け、一種の自由貿易や規制緩和を実現しようとしたわけで、のちの幕末の開国後の幕府と薩長との貿易をめぐる闘争の前史だったともいえよう。
密貿易と規制緩和はコインの裏表で、どちらの立場から評するかどうかということになる。

芳即正氏の上記著書によれば、調所は琉球でフランスとの貿易を計画し、それを幕閣の阿部正弘さえ許可して実現しそうだったという注目すべきことが書かれている。
弘化元年(1844)、フランス船が琉球の那覇に来航し、貿易や布教を要求するという事件があった。まさに幕閣にとっても薩摩藩にとっても重大な危機だといえたが、これを奇貨として、密貿易を幕府公認の貿易に転化しようとしたのが調所だった。

調所は老中阿部と密談に及び、フランス船の問題は貿易を許可しないと解決しないと説得し、何と、阿部の同意を取りつけている。
調所の理屈は、琉球は薩摩の「附庸」(属国)となっているが、それは国内の論理であって、対外的には清国の冊封国である。もしフランスが清国に琉球の開国を迫れば、アヘン戦争で敗れた清国はこれを拒否でないだろう。そうなれば、わが国は蚊帳の外に置かれてしまう。そうなる前に先手をとって、フランスとの間に通商・貿易を取り決めてしまえばよいと主張した。阿部はこれを受け容れたという。

老中阿部は琉球が薩摩と清国に両属していることの意味をよく知らず、英仏が清国を通じて琉球に開国を迫る回路があることを知らなかったという。
迂闊な話だが、むしろ、調所の機転と先見を褒めるべきではないだろうか。調所は琉球の両属性という矛盾をまさに逆手にとって、薩摩藩の利益を幕府に認めさせようとしたのである。

世子斉彬のお国入りも調所の路線に沿ったもので、この時点では調所と斉彬の政策意図は一致し、それを老中阿部が後押しするという形になっていた。

もっとも、調所がもくろんだ琉球での対仏貿易構想は、ほかならぬ琉球王朝の反対によって挫折したのは皮肉だったといえるが。

やはり、鹿児島の先学の学恩は貴重である。とくに人物叢書はかなりの研究水準に達していると思うことしきりである。
調所の再評価はこういうところから地道に始めていく必要があると思う。

調所ばかり書いたが、それにしても、肝付尚五郎は不甲斐ないことしきりである(笑)。少しずつ篤姫にふさわしい薩摩隼人に変身してくれるのだろうか?

【2008/01/13 22:57】 | 篤姫
トラックバック(0) |


スミサーズ
こんにちは!
ただいま個人的にブログ応援活動してます。
応援ポチッ!


調所の贋金づくりについての芳即正の論考紹介
お久しぶりです、やまももです。
 
 「贋金づくり?」と題された記事と花倉の写真をとても興味深く拝見させていただきました。私も調所が贋金造りを行っていたという説に疑問を抱いていましたが、今日になって芳即正『坂本龍馬と薩長同盟 …新説・通説異論あり…』(高城書店、1998年12月)のなかに「ホント? 華倉御殿のニセ金造り」という論考があることに気付きました。

 この芳即正の論考には、原口泉著『NHK鹿児島歴史散歩』の「鋳造工場だった花倉御殿からは金くそが出てくるので、これが贋金づくりの証拠だとしている」との見解等を含めましてなかなか実証的な批判が展開されていますので、拙ブログで紹介いたしました。もし興味を持たれてご覧下されば光栄です。
    ↓
 「調所広郷と贋金づくり(その4)」
http://plaza.rakuten.co.jp/yamamomo02/diary/200801140000/ 


桐野作人
やまももさん、こんばんは。

貴ブログ、さっそく拝見しました。
私の記事よりはるかに詳しく実証的なことを書かれておりますね。大変勉強になりました。
私も芳先生がどこかに書かれていたなという記憶があったのですが、昨夜、速攻で記事を作ってしまったために、詳しく探しませんでした。そうか、『坂本龍馬と薩長同盟』に書かれていたんですね。

なお、私が掲載した花倉御殿の石灯籠の銘は弘化四年九月となっています。御殿が完成したとき、一門や家老が祝儀として寄進したもののひとつでしょうね。記事に書かれていた手水鉢の銘とも一致しています。
金くそも明治初年の工場跡の排出物の可能性があるわけですね。

なお、仙巌園(磯庭園)の奥にある神社(これが御庭神社でしょうか)にも石灯籠があり、そのなかに調所広郷の名前も刻んであるのは、私も知っています。写真も撮影しています。これも弘化四年だったような気がします。

詳しい記事有難うございました。

コメントを閉じる▲
このところの徒然を。

11日(金)
歴群誌の原稿締切だが、他の仕事が気になってなかなか終わらない。
仕事に集中できないときの通弊だが、ついほかのテーマに気を取られてしまう。
たまたま、芳即正氏のある論文を探す必要に迫られた。寺田屋事件後、有馬新七らに加担した激派が国許に海路送還されたが、そのとき、島津久光が田中河内介父子など浪士を船上でひそかに殺害してもよいと命じたことを明らかにした論文である。
すでにコピーをもっていたはずだが、その所在やタイトルがわからず、本棚を探しまくるも、結局、見つからず、苛立つ。
その代わり、論文の材料となった久光の島津茂久宛て書簡は『玉里島津家史料補遺』のなかからようやく見つけた。

その過程で、『玉里島津家史料』を見ていたら、目移りするくらい関心のある記事や書簡がたくさん出ているのに気づく。
まず、小松帯刀が肝付尚五郎から改名して小松家を継いだ直後に黒田清綱(黒田清輝の養父)から宛てられた書簡と思われるものを見つける。おそらく小松の受給文書の初出だろう。
ほかにも、小松の発給・受給文書が何点か出てくる。小松文書は意外とたくさん遺っている。ちゃんと数えたわけではないが、西郷文書より多いかもしれない。にもかかわらず、ほとんど研究されていないのはもったいない。やるっきゃないだろうと思う。

さらに、調所広郷と天保の改革の功績を書き上げた文書を見つける。
調所が成しえた仕事がてんこ盛りに書かれている。すごい。これだけの仕事をした人の業績を抹殺することなどできはしないだろう。

ほかにも、非常に気になる文書を見つけた。
近衛家の御花畑の場所(のちの小松帯刀邸)を書いた記事だ。悩ましい書き方をしてある。しかも、安政期以前、つまり、小松が居住する前である。
小松邸がどこにあったか、一応推定地を公表しているが、当たっているのかどうか、ますますわからなくなってきた。

12日(土)この間、ネットで注文していた古書が続々届く。

『周布政之助伝』上・下
『薩藩戦史考証』全
『鹿児島県郷土史大系』(全8巻のうち、持っていなかった分)
その他いろいろ。

友人のM川さんから、絵葉書などを専門にしている古書店に、小松帯刀と大久保利通の組み合わせの絵葉書があることを教えてもらった。たしかに珍しい組み合わせだと思う。
ネットで探してみたら、あるわあるわ、面白そうな絵葉書がたくさんある。
結局、買ったのは紹介してもらったものではなく、霧島の栄之尾温泉の絵葉書。
明治から昭和初期くらいの温泉宿の写真である。

坂本龍馬とお龍の新婚旅行は霧島で、塩浸温泉に宿泊したことはよく知られている。じつはそのとき、小松帯刀も霧島で療養している。それが栄之尾温泉である。ここには、龍馬も小松を訪ねて遊びに来ている。
そんなこんなで、面白そうだと思って買ってみた。1点だけだけど、けっこう高いのだ、これが。

【2008/01/13 15:12】 | 日次記
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第40回
―招聘されて英語を教授―

私の連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は「郵便の父」と呼ばれ、1円切手の図案でも知られる前島密を取り上げました。
前島が薩摩と縁があるとご存じの方は少ないと思います。
幕末に薩摩に来て、1年という短い期間ですが、英語を教えているのです。

教えたのは開成所という薩摩藩が創設した洋学校。
単なる学校というより、薩摩藩が藩の近代化を一層推進するため創設した藩直営のエリート養成機関といったほうがいいかもしれません。カリキュラムは徹底した軍事重視で、陸海軍の一大変革を企図したものでした。

開成所のことはもっと知られていいはずですが、残念ながら史料が少なく、その全貌が明らかになっておりません。『薩藩海軍史』中巻などに少し記載があります。

じつは、私も開成所のあった場所を探しています。
鹿児島の史跡を詳しくあたったわけではないのですが、琉球館の東南の海岸寄りに設けられたとされています。
琉球館は現在の長田中学校あたりです。その東南側といえば、市電の電停「桜島桟橋通」(現・鹿児島市小川町)あたりかなと推定していますが、その界隈に開成所址の石碑などが立っておりますでしょうか。ご存じの方がおいでなら、教えて下さい。

次回も少し開成所と英国留学生を書いてみたいと思います。

【2008/01/12 10:54】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


崎陽・織田
桐野先生、こんばんわ。
実を言うと、開成所については私も興味を持っています。
龍馬の社中が薩摩に亡命した時、沢村惣之丞が開成所で外国語を教授した、という記述をどこかで読んだ記憶があるのですがはっきり思い出せません。なにか分かりましたらご教示ください。


前島密、何礼之
ばんない
こんにちは。前島密は一般的に「郵便の父」として知られてますが、何年か前にNHKの『その時歴史が動いた』で大久保利通に直訴して大阪遷都の予定を江戸に変えさせた人物として紹介されてましたね。番組では紹介していませんでしたが、この結果、大阪の大商人は寄付していた遷都費用の利益をすべて江戸(=東京)に持っていかれて、今に続く大阪低落の原因の一つとなったという説もあるようで…まあ関西にしたら不倶戴天の敵ですね(汗)。幕臣だと思いこんでいたのですが、越後の豪農出身とは恥ずかしながら初めて知りました。
日本郵政公社のHPで経歴が詳しく紹介されていますね。
http://www.japanpost.jp/corporate/founder/index02.html
天領の出身なら、佐幕傾向もうなずけます。

ところで、何礼之は長崎の中国語通詞の家の出身と言うことですが、名前からすると在日華僑の出身でしょうか。ちょっと検索した限りでは分かりませんでした。


崎陽・織田
何礼之について
何礼之は旧名を礼之助といい、天保11年(1840)に、代々の唐通事(長崎の地役人で中国貿易の通訳・商務官)の何家に生まれています。何家の先祖は何海庵という名で、中国から長崎に移り住んだ住宅唐人です。礼之は若くして中国語の他に、英語を学び、幕末には英語所の学頭をつとめ、また英語塾を経営していました(海援隊士の白峰駿馬もここに学ぶ)。明治以後は政府に仕え、元老院議官・貴族院議員にもなっています。
そういえば、前島も開成所に出仕する前、長崎に滞在し、何塾で後進の指導にあたっていたようですね。
いずれにせよ、何は幕末の長崎が生んだ代表的な人物です。

沢村惣之丞
桐野作人
崎陽・織田さん、こんにちは。

沢村惣之丞も開成所で教えていましたか。寡聞にして知らなかったので、調べてみたいと思います。

また、何礼之についての解説も有難うございます。



何礼之
ばんない
>崎陽・織田さま
遅くなりましたが、解説ありがとうございました。

コメントを閉じる▲
武家屋敷

出水の武家屋敷群のなかの仮屋門(地頭の館を仮屋という)

とある筋によれば、「篤姫」第1回に、郷里の出水の武家屋敷が登場したそうである。

この武家屋敷は知覧のそれと並んで、当時の家並みがよく保存されており、国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている。詳しくはここ

薩摩藩領には、100以上の外城(とじょう)や私領があった。これを○○郷とも称する。
外城は島津家の直轄地、私領は一門・門閥の所領で、ともに麓と呼ばれる地方武士団(郷士・私領士)の集住地域があった。この地方武士団は鹿児島城下の城下士(西郷・大久保など)と厳密に区別され、身分差別もあった。
出水郷は藩内最大規模で、郷士数も1.000人を超えていたといわれる。西南戦争には約600人従軍したとか。

郷里の武家屋敷で「篤姫」のロケがあったというのは地元の新聞記事にもなっていた。でも、どこで登場するのかよくわらなかった。
ドラマでは、まだ世子の島津斉彬が初めてのお国入りのとき、今和泉家の島津忠剛の案内で、地頭の屋敷(仮屋)とおぼしきところに立ち入り、郷士たちの踊りを見学する場面があった。あの屋敷が郷里の武家屋敷だったらしい。

なお、ロケ地は出水の武家屋敷だったが、ドラマでは伊集院郷苗代川という設定だった。苗代川は薩摩焼の窯があるところで有名です。

ただ、あの郷士の踊りは覇気がなくて、ちといただけなかった。

【2008/01/10 21:27】 | 篤姫
トラックバック(0) |

訂正とお知らせ
桐野作人
上記分の記事で少し訂正があります。

今和泉家の島津忠剛がお国入りした島津斉彬を接待した屋敷を出水郷の麓だと書きましたが、ロケ地は出水でも、場所としては伊集院郷苗代川(薩摩焼で有名です)という設定でした。

私もうっかりしておりました。NHKの制作担当者からご指摘を受けましたので、ここに告知するとともに、本文も訂正します。

なお、調所広郷については、次回(第2回)に自信をもって仕上げてあるというお知らせもいただきましたので、ご紹介しておきます。


武藤 臼
こんにちは

私も今回の平幹の役作りが単純な悪役ではない奥行きは気に入ってます。良い味だなと。

>次回(第2回)に自信をもって仕上げてあるというお知らせ

なかなか強気なコメントですね(笑
今夜を楽しみにしておきます

2回目
桐野作人
武藤 臼さん、こんにちは。

2回目は調所が主役でしたね。
調所の密貿易が指弾されるなら、幕閣に藩の機密をリークする斉彬の行動はなぜ指弾されないのでしょうかね。目的は手段を浄化するのでしょうか。むしろ、幕閣と組んだ斉彬の調所追い落としの謀略という視点が成立するわけですが、なかなかそういう描かれ方はしませんね(笑)。

なお、お由羅が調所が自殺したのち、せいせいしたという風でしたが、これもどうかなと。20年以上前のドラマ「風の隼人」のお由羅の描き方のほうが優れているような気がします。
全体の尺との関係で、このあたりは単純な善悪二元論で乗り切ろうという意図が見えますが、むしろ、そうしたやり方こそ、これまでの間違った固定観念を印象的に再生産するだけなんですけどね(笑)。

調所の悪名が出てきたのは、存命中ではなく、その死後だと思います。政敵の斉彬が藩主になったことが無関係ではないと思いますし、あとは密貿易などがからむことから、調所の秘密主義が蚊帳の外に置かれた同僚や藩士たちの疑心暗鬼を生んで、好き勝手な憶測や創作がでっち上げられたといえそうですね。

リンク報告
カミタク(リンク先は「出水麓武家屋敷群訪問記」)
拙運営のHP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「出水麓武家屋敷群訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN78.HTM
から、貴サイトにリンクを張りましたので、その旨報告いたします。

今後共、よろしくお願い申し上げます。


コメントを閉じる▲
備忘を兼ねた日次記の真似事

8日(火)
夜、新宿の某中華店で、薩摩関係者との新年会。
昨年暮れの調所広郷の法事でお会いした方々との約束だった。
私以外は、ほとんど薬丸自顕流の猛者たちである。毎週末、猛稽古をされているらしい。

新しい大河ドラマが始まったこともあり、調所広郷の話題で盛り上がった。ドラマが終了してからしばらく、調所氏宅の電話が鳴りやまなかったそうである。
一時は従来の悪役のままなのかと思っていたら、最後に少し救われて安堵したとのこと。

西南戦争や薩摩藩の身分制の話題が出てきて、少し驚く。ふつうなら私が切り出してもよい話題だったが、史実にかなり詳しい方がいてびっくり。

郷里の高校の3年先輩もおいでで、思い出話で盛り上がる。
ずっと空手部に所属されていたらしい。当時の高校はバンカラだったと仰せだったが、たった3年違いで、軟弱だった私たちの代とは大違い。これまた驚く。

9日(水)
「さつま人国誌」の原稿を仕上げてから、国会図書館へ。
調査ではなく、知り合いのI先生とお会いする。
昨年購入した西郷隆盛文書の解読がとても難しく、ご教授を仰いでいたもの。
かなり不明部分がわかった。
対馬問題が話題の中心になっているのがわかった。文久年間、対馬はロシアに一時占拠されたことがある。対馬問題が重要な外交課題だったと思われ、西郷も深い関心を寄せていたものか。
もっとも、いまだに西郷の真筆なのかどうか、疑念は拭いきれずにいる。
もう少し検討を続けてみたい。

また、I先生が最近入手された近世の武家文書を見せて下さる。
「嶋津」名字の宛所だったため、私に見せようと思われたらしい。ご厚意に感謝。
もっとも、薩摩島津一族ではないと思った。佐土原島津家でもないと思った。
どうも、豊前小倉藩関係の文書らしい。
石炭役所などがあって、非常に興味深かった。筑豊か。

古書店の目録で和刻本の三国志を注文していたら、抽選にあたったとのこと。
以前からほしかったのでうれしい。
最近、それなりに古書を購入しているのだが、なかなか紹介できないでいる。

【2008/01/09 22:24】 | 日次記
トラックバック(0) |


崎陽・織田
桐野さん、今晩は。
いつも楽しく拝見させていただいております。
お書きなられている西郷の文書も豊前小倉藩の文書も、興味深いですね。そういえば、島津重豪の侍医をつとめた曾はんも、養子を小倉藩士からもらっているので、薩摩と小倉と関係があったのかしれませんね。
これからも、期待しております。

小笠原家
桐野作人
崎陽・織田さん、こんにちは。

わざわざのコメント有難うございます。
豊前小倉藩の「嶋津氏」ですが、小笠原家がもともと信濃國守護の家柄ですから、北信の領主だった島津氏(その嫡流は上杉家の家来)の分家あたりが、小笠原氏が譜代大名に取り立てられたときに従った可能性がありますね。

島津重豪の侍医の「曾はん」というのは不勉強でよく知らないのですが、教えていただけますか。


崎陽・織田
説明が不足していましてすみません。
「曾はん」は「曾槃」のことで、江戸時代中期から
後期にかけての本草学者・医者です。島津重豪に
召抱えられ、白尾国柱と共に『成形図説』を編さん
したことでも知られています。なお、彼は江戸初期に
来日した中国人の末裔で、代々長崎に居住していました。

コメントを閉じる▲
お知らせ
昨日、ひとつ書き忘れておりました。新しい大河ドラマが始まったので、新たに【篤姫】のカテゴリーを設けました。よろしくお願いします。

ついでながら、昨日書けなかったモリソン号について若干補足しておきます。

『旧記雑録追録』などに、このときの一件が収録されていないか確認しましたところ、鹿児島県史料シリーズの『島津斉宣・斉興公史料』のなかに、

333号「天保八年山川港ニ英艦渡来ノ事実」

という史料がありましたので、少しご紹介しておきます。
なお、モリソン号を「英艦」としていますが、おそらくアメリカ船籍だろうと思います。

浦賀で砲撃を受けて退去したモリソン号が薩摩の山川港に立ち寄ったのは、漂流民が琉球なら帰国できそうだと考え、琉球の宗主藩である薩摩に寄港したということらしいです。
寄港は天保8年(1837)7月10日。山川郷児ヶ水村の沖だとしています。

「此時、渡来かつ難民護送の報、藩に達するや、同十一日御城代兼御家老島津但馬[久風、薩摩国日置郡日置郷六千五百六十余石を領す]、一隊の兵を卒ひて出軍し、同十二日難民は宜しく和蘭人に依嘱すべきを示し、而て国法に依りて放撃すべきを示唆す」

ドラマで薩摩藩代表が乗組員と会見している場面がありました。配役に「島津久風」とあったのに気づいていましたが、どこで登場したのかわかりませんでした。このときの薩摩藩の代表である城代家老だったわけですね。
島津久風といえば、日置島津家の当主で、桂久武や赤山靱負などの父にあたります。
「国法」というのは、文政8年(1825)のいわゆる異国船打払令(無二念打払令)のことです。浦賀で幕府側が砲撃したのもこの法に従ったものです。

当然、薩摩藩も「国法」に従った行動をとります。

「難民など百方哀願すと雖も、素より国法の允さざる処なるが故、食料薪水を与へて慰諭し、而して後放発すること数刻[皆空放なりしと云]、英艦は迅速に抜錨し去れり」

ドラマでもあったように、薩摩藩も砲撃を加えました。
もっとも、空砲だったようです。それでも、「数刻」というからには、かなり長い時間砲撃したことになりますね。

モリソン号は諦めて去ります。
日本人の漂流民は備前や肥後の漁師だったようです。「天竺国ノ内英国領ノ地ニ漂着」とあります。まさかインドではないでしょうね。東南アジアあたりに流れ着いたものでしょうか。

以上、昨日分の補足でした。


【2008/01/07 21:27】 | 篤姫
トラックバック(1) |
NHK大河ドラマ「篤姫」第1回「天命の子」

冒頭、タイトルの「天命の子」は少し大げさなと思い、お気に入りの奈良岡朋子のナレーションながら、篤姫が江戸を救った云々もさすがに言い過ぎではないかと思ったが、主役ゆえ致し方あるまい。

第1回は顔見世興行的に主だった人物総出演で、徳川家祥(のち家定)まで登場していた。もっとも、本丸表での将軍による大名引見の場面で、西ノ丸に居住している将軍世子があんな形で出てくるとは考えられない。まあ篤姫の未来の夫で、しかもエキセントリックな面を見せないといけないという制作側の苦肉の策もわからないではないが。
家祥の性格を象徴的に示すには、烈公徳川斉昭が暴露した、家祥がアヒルを追いかける逸話のほうが面白いと思うが、それでは宮崎あおいちゃんのCMへの皮肉が効きすぎるか(爆)。

全体の印象としては、予想よりも期待がもてそうだと思った。
何より、島津一門の今和泉家の視点で描いていることが、これまでの幕末薩摩藩ものと異なり、新鮮な印象を与えたように思う。従来のドラマなら、島津斉彬など藩主側か、西郷や大久保など精忠組か、といった上下いずれかの視点で描かれることが多かった。今回はそれと違い、その中間的な存在から描いており、幕末薩摩藩の別の一面が見られたのではないか。
島津家一門という、これまで注目されなかった存在がクローズアップされたことで、薩摩藩の身分制や家格制への理解が深まるのではないかと思う。

もっとも、幼い篤姫の断食や、若き西郷の嘆願書提出は、いわば儒教的仁政主義への安易な寄りかかりで、少しやりすぎではないかと思う。支配階級は支配階級らしく描いたほうがよいのでは。

個別的な点について。

1,モリソン号の山川寄港
 アメリカ船モリソン号は天保8年(1837)、篤姫が3歳のとき、日本人漂流民送還の名目で浦賀に着いたが、幕府に砲撃されて退去、その後、7月10日に薩摩の山川港に停泊したのは事実である。このとき、漂流民2人を降ろしたようだが、ドラマのように乗組員まで下船したかどうかは不勉強で知らない。今度調べてみたい。
 山川は今和泉から近いといえば近いが、3歳の幼児の足では無理だろう。まあ、時代背景を理解させる挿話としてはありか。

2,今和泉島津家の家来たち
 家老の栗川孫六、側用人の詫間治通が出ていた。『薩陽武鑑』の今和泉家の系譜に、栗川孫六と詫間勘兵衛が「役人」として記載されている。孫六はそのままだが、治通は勘兵衛と同一人物か、その父という設定だろうか。一応、史実を踏まえている。

3,調所広郷と島津忠剛
 勝手方家老の調所広郷に島津一門の今和泉家がいじめられる構図で描かれていた。調所の悪役ぶりを際立たせる狙いだろうが、実際は、今和泉家の当主島津忠剛の窮状を訴える嘆願に対して、調所らが実情を調査して同家の財政再建に協力したというのが史実であり、むしろ、調所と今和泉家の間には信頼関係が構築されたと見るべきだろう。
 それも、調所が恣意的に手心を加えたというのではなく、今和泉家の産業基盤の育成による剰余の蓄積まで面倒を見ている。調所の財政改革が合理的で、血も通っていたことをむしろ示している。
 そうした視点で描かなかったのは、次回のお由羅騒動の伏線として、悪役の調所(その裏返しとして正義の味方の島津斉彬)を強調しておかねばならなかったのだろうが……。調所については、なお固定観念から脱しきれていないのが惜しまれる。

4,肝付尚五郎(のち小松帯刀)
 う~ん、少し軟弱すぎるのではないかい。全然いい所がなかったような。

ほかにも気づいた点があったが、今回はこれくらいで。
「風林火山」も第1回は意気込みが感じられたが、尻すぼみに終わっただけに、「篤姫」には頑張ってもらいたいものである。

【2008/01/06 22:02】 | 篤姫
トラックバック(1) |


ぶるぼん
桐野先生、さっそく第1回の批評楽しく読ませていただきました。歴史背景の分析など大変参考になります。以前ははじかれてしまいましたが、今回は無事トラックバックも貼ることができました。
先のURLはともかく、当方のブログはアクセスが大変少ないので、各先生方のブログにも貼り付いて、少しでも関心をもってもらおうとアクセス数を増やしている次第でございます。
今後とも楽しみにしています。



町田明広
桐野様
明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
私は年明け早々、インフルエンザに罹患し、ひどい正月になりました。
さて、篤姫ですが、なかなか良い仕上がりと思いました(^^)歴史を学ぶものとしては引っかかることもありますが、それはそれ。ドラマとしては期待ができそうです。視聴率も20.3%発信ということで、まずまずではないでしょうか。
ただ、高橋英樹の斉彬は歳が行き過ぎていて、どうしても自分の中ではしっくりしませんでしたが、その他キャストも見る人の思い入れによって、色々感じられ方がありそうですね。
これからも篤姫レポートを楽しみにしております!

トラックバック
桐野作人
ぶるぼんさん、こんばんは。

トラックバックが張れてよかったですね。私はいまいち仕組みがわからないのですが(汗)。
貴ブログもアクセス数が増えることをお祈りします。

インフルエンザ
桐野作人
町田明広さん、こんばんは。

年末年始は大変でしたね。もう回復されたのでしょうか。

篤姫は2回目以降に少しは期待がもてそうではあります。
視聴率20%強というのは、どちらかといえば、低い数値のようですね。まあ、あとはドラマの出来次第だと思います。

高橋英樹は「翔ぶが如く」では、久光でしたからね。
斉彬の没年を考えると、たしかにとうが立っていますね。
「翔ぶが如く」では、篤姫が富司純子で、こちらもだいぶ臈長けておいででしたが(笑)。


武藤 臼
こんばんわ
栗川とか島津久風とかそれなりに芸の細かさはあるのですね、この位のペースで終盤までいけば結構楽しく見られるのですが、ベテラン俳優退場後にどうなることか

町田さんご無沙汰してます
俳優の年齢が気になった人は多いようですね
高橋英樹が若作りしようと頑張っているのが尚更笑えてしまいました(^^;

俳優の年代
桐野作人
武藤臼さん、こんにちは。

今和泉島津家の家中を描かないといけないので、主だった家臣については、史料・史実にある程度忠実にしないと臨場感が出ないという面はありますね。

時代劇に関しては、やはりベテランが達者で、中堅や新人との演技力や所作などのギャップが大きいですね。
これは戦後の生活様式の変化が一番大きいと思います。顕著なのは畳に坐る生活じゃなくなったからというか。新人は男女を問わず、手足が長く、頤が細く、いわゆるしょうゆ顔が多いですよね。
これらの要素は現代劇では長所かもしれませんが、時代劇ではハンデキャップになるはずですから、より鍛錬が求められると思いますが、今回のドラマは新人が主役とその周辺に多いだけに、その点、不安ではありますよね。


小松帯刀
さぶ
桐野様、

はじめまして。このブログに出会って以来、楽しく
拝見させていただいています。

一般の書店で手に入る小松帯刀に関する書籍はありますで
しょうか? よろしくご教授いただけると幸いに存じます。

さぶ。


小松帯刀の本
桐野作人
さぶさん、初めまして。

このブログを呼んでいただき、有難うございます。

お問い合わせの件ですが、一般書店で入手できる小松帯刀の本は現在ないと思います。

私家版として、小松の所領日置郡日吉町の郷土史家、瀬野富吉氏(故人)が書かれた『幻の宰相 小松帯刀伝』がありますが、かなり以前の本であり、入手はなかなか難しいと思います。
あるいは、古書では出回っているかもしれません。ダメもとでネット検索かけて見られたらいかがでしょうか。


幻の宰相小松帯刀
調所
さぶさん 表題の書籍は鹿児島県立図書館にあり以前私もコピーして頂きました。桐野さん、今晩はお疲れ様でした。また宜しくお願い致します。

昨日はどうも
桐野作人
調所さん、こんばんは。
昨日はお疲れさまでした。楽しい一時でした。郷里の先輩と親しく話せてよかったです。
ドラマ、ご先祖の登場は次回までのようですが、有終の美を飾れたらいいですね。お父上の心配というのもよくわかりました。

コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」第39回
―坊津に多くの伝承残す―

小生の連載が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は、前回に引き続き、近衛父子の薩摩下向の2回目です。
息子の近衛信尹の坊津配流について書きました。
もっとも、配流に至る過程を書かないといけなかったので、坊津時代をあまり書けませんでした。

分量の関係で書けなかったことについて補足。

関白就任の望みを絶たれた信尹が急に朝鮮出兵への従軍を志願したことは、『多聞院日記』が「物狂」と評したほど、不審に思われたわけですが、これは「関白相論」をきっかけとする秀吉の関白就任だけが理由なのかどうか。
たしかに、秀吉が秀次に関白を譲ってからの「物狂」ですから、タイミング的には合っているのですけど、信尹が一時的とはいえ、近衛名字を捨てて「岡ノ屋」(近衛家領の名)と名乗ったことが気になっています。
従軍するのに、近衛名字は不要だったともいえましょうが、もしかして、よく知られている父龍山(前久)との所領争いは、この件と果たして無関係なのかどうか。

それと、素朴な疑問ですが、信尹が従軍するのは「物狂」と非難されるほど不審、不自然なんでしょうかね?
父龍山は信長時代、何度も兵を率いて従軍しています。また信長には陣参公家衆という、室町殿の昵近公家衆の系譜を引いて軍事をもって奉公する公家衆もおりました。
秀吉時代、この陣参公家衆はどうなったのか。武張ったことが好きな日野輝資などは従軍しようとはしなかったのでしょうか?

私は、前久が信長時代の陣参公家衆の統括者だと考えていますが、秀吉時代は信尹がその任を引き継いだとしてもおかしくない。つまり、従軍じたいはそれほど不自然ではないのではないかという感触もあるのですが。
余談でした。

【2008/01/05 10:08】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

秀吉と公家衆
板倉丈浩
遅まきながら、あけましておめでとうございます。
今年注目の小松帯刀については、かねてから私も気になっていましたので、桐野さんの研究成果が楽しみです(^^

さて、秀吉政権と昵近公家衆ですが、矢部健太郎氏の論文『豊臣秀吉の参内』(国史学165,1998)で言及されていますね。
これによりますと、秀吉と公家衆との間には、足利将軍や徳川将軍と公家衆との間に見られたような、「公武の主従的関係」が存在していなかったようです。

権威と権力の双方を有する「天下人」関白秀吉と武家公卿は、室町・江戸幕府とは明確に異なる政治権力集団として存在しており、秀吉は武家衆とのみ主従関係を結ぶことで、公家衆が政治力を有する可能性を絶ったのではないか・・・と矢部氏は推測しています。

となると、近衛信尹による「武辺の奉公」は、秀吉の政権構想からは決して受け入れ難い行為であったのかもしれませんね。

件名とは、まったく関係ありませんが!
おな
1月4日に、大阪の居酒屋「維新」に、行ってきました。
マスターとの話で、桐野先生が、来られたことも
話題になりました!
また、大阪にいかれるそうですね!
マスターに、よろしくお伝えください!

秀吉と公家勢力
ばんない
遅ればせながらあけましておめでとうございます。

板倉さんに先を越されましたが、私も同じ事を考えていました。
・信長と公家勢力との関係(お互いに利用したりされたり)
・家康以後徳川幕府と公家勢力の関係(公家を官位斡旋の特権などからは排斥し圧迫するも、一応存在は認める)
これらと比べて、秀吉政権は自分たち自身が公家のポジションに取って代わったことで、それまでいた公家は存在意義を失いかけたのではないかと思われます。
信尹が公家の由緒ある苗字「近衛」を棄てて「武辺の奉公」を願い出たのは、この辺に理由があるように思われますが如何でしょうか。


桐野作人
板倉丈浩さん、ばんないさん、こんにちは。

本年もよろしくお願いします。

矢部健太郎氏は同じ勉強会仲間でしたのに、灯台もと暗しでした。一度読んでいたはずですが、記憶から薄れていますね(爆)。

たしかに、豊臣政権の武家官位制が成立してから、秀吉の参内には公家衆(昵近公家衆のことでしょう)が供奉しなくなったというのはそのとおりだと思いますが、そのことがすなわち「公武の主従的関係」が存在しなかったのかどうか難しいところですね。儀礼的にはそうかもしれませんが、公家領の宛行・安堵という面では秀吉が主体になっていることは矢部さんも認めていますから、微妙なところではないでしょうか。
あと、室町殿の場合、昵近公家衆は年始の参賀などでは室町邸に祗候しています。これも豊臣政権時代に聚楽第や大坂・伏見城への公家衆の祗候はあったはずで、それが昵近公家衆だけではないような気もしますが、そういう公家衆の秀吉への表敬をどうとらえるかも課題でしょうね。

ちなみに、信長の場合はほとんど参内していませんし、参内したとき、昵近公家衆が供奉したかどうかはよくわかりません。ですから、信長時代の昵近公家衆と陣参公家衆を同一集団ととらえていいのかどうか、私もよくわかりません。

むしろ、矢部さんの指摘で重要なのは「公家衆と武家衆の性格を明確に区別しようとした」という点かもしれません。この観点から、公家衆の「御奉公」から「武辺之奉公」は除外された、つまり、公家衆は軍事には関われなくなったということかもしれません。

ただ、例外かもしれませんが、公家の持明院基久が大坂夏の陣で戦死か自害をしています。基久は養子で、正親町季秀の二男です。季秀は信長時代の陣参公家衆と思われることを考えると、基久の死は豊臣家に「武辺之奉公」をした陣参公家衆の最後の名残かもしれないなとも思っております。

薩長馳走処「維新」
桐野作人
おなさん、こんにちは。

本年もよろしく。
例の居酒屋に新年早々行かれたのですか。
大坂に行くことがあったら、また寄りたいと思います。

捨身上家督而存立之儀
Tm.
桐野先生どうも。

以前より気になっていたのですが、『兼見』天正10年7月18日の条には、万里小路充房の岐阜下向について、「就其自禁裏御使、今度之下向、捨身上家督而存立之儀、曲事之旨仰云々、」と問題になっていることが記されています。

『兼見』における前後の出来事を考えるに、充房は何か秀吉との間にトラブルを生じかねない状況にあり、身の危険を感じ、信孝を頼っての岐阜落ちを図っていたとのように読めるのではないかと思われるのですが、この件について先生はどのようにお考えでしょうか。また何方か言及された方はおられるのでしょうか。

万里小路充房の美濃下向
桐野作人
Tm. さん、こんばんは。

万里小路の一件は私も以前気になったのですが、ほかに史料もなく、下向理由もわからなったので放ったままでした。

『兼見卿記』を改めて見てみましたけど、やっぱりよくわかりませんね。
万里小路が「身上・家督」を捨てる覚悟というのですから、よほどのことでしょうが、それが秀吉との間の確執なのかどうか、にわかに断定はできませんね。

天皇も万里小路の美濃下向を、帰洛を条件に一応勅許はしています。そのため、万里小路はいったん美濃に下り、ほどなく帰洛しております。秀吉との確執という政治的理由なら、そう簡単には帰洛しないのではないかという気もします。

むしろ、朝廷内でのトラブルの可能性のほうが考えられませんかね。
万里小路はまだ若く、当時、右中弁・蔵人頭ですから、正親町天皇の最側近です。あるいは、同僚たちとの諍いがあって、禁裏勤めに嫌気がさしたという見方のほうがまだしもかもしれませんね。

あるいは、信孝と個人的な親交でもあったのでしょうかね?
万里小路は勧修寺晴豊の弟で、誠仁親王妃の勧修寺晴子の弟でもあります。
織田家との縁が生じたとすれば、信長の甲州陣のとき、万里小路は見舞の勅使として甲州に下っています。信忠が万里小路に御礼の書状を送っているので、信長の子どもたちとの間に交流は生まれた可能性はあるとは思いますが、それだけでは決定打にはなりませんね。

というわけで、申しわけありませんが、私にはよくわかりません。

充房の「武辺之奉公」
Tm.
桐野先生どうも。

>万里小路が「身上・家督」を捨てる覚悟というのですから、

「捨身上家督而存立之儀」についてそれをどのように読むべきかですが、「身上を捨て、而して家督(而して)存立の儀」であり、つまり「公家の身分を捨て、なお家名を存立させるとの事」なのでないでしょうか?
それは、充房が信孝の許での「武辺之奉公」を考えていたことを伝えているのではないかと思います。

先に「秀吉との間にトラブル」と申しましたが、秀吉自身がどうのこうのという訳ではなく、秀吉に取り入り讒言する輩がおり、充房は、このままでは秀吉からの糾明を受けるとの恐れを抱いていたのではないかと思います。その為、充房は、信孝を頼ろうとしていたのではないでしょうか。そう考えるのも、まさに当時の近衛前久の身上に符合するところが多いからです。

山崎の戦いの後、前久は信孝の追及を恐れ嵯峨に逼塞しますが(6/17)、信孝の誤解はすぐに解けたとされ、にも拘らず結局、家康の許に身を寄せることとなっています。
それは清洲会議(6/27)の後、京を支配するようになった秀吉に讒言する者がいたためとされ、事実、古田織部や細川家家中による秀吉の威を借るような(明智への与党を糾明する)強請り集りも横行していました。

その前久が嵯峨に逃れたときに同道していたのがご存知の充房の祖父、勧修寺尹豊です。
なぜ尹豊が前久に同道したのかは定かではありませんが、やはり尹豊自身にも何か身に覚えがあったのではないでしょうか。
惹いてはそれが充房にも及んできた(恐れての)ことが美濃下向になったものと推察します。


>天皇も万里小路の美濃下向を、帰洛を条件に一応勅許はしています。
 そのため、万里小路はいったん美濃に下り、ほどなく帰洛しております。
 秀吉との確執という政治的理由なら、そう簡単には帰洛しないのではないかという気もします。

まさに兼見の説得により充房も翻意したのだと思われます。
兼見自身も色々糾明を受けていますが、秀吉側近の徳運軒全宗らを頼り事無きを得ています。
充房にはそうした伝手がなく、甲州陣のときの勅使という立場を頼りに、秀吉に対抗しうる立場の信孝を頼ろうとしたのではないでしょうか。

「存立」
桐野作人
Tm. さん、こんにちは。

コメントをたくさんいただき、なかなか応じきれずにおり、申しわけありません。

議論が細かくて何ですが、

「存立」の部分は、お説のようには読みにくいと思います。微細なことで申し訳ないですが、「而」の読み位置と「存立」のとらえ方が違うのではないでしょうか。

「捨身上家督而存立之儀」

「身上・家督を捨てて(捨而)、存じ立ちの儀」と読んだほうがよいのでは。
また「存立」は家督を存立させるという意味ではなく、次のような意味だと思います(小学館国語辞典より)。

ぞんじたち【存じ立】
思い立つこと。思いつき。

「存立」は家督の存立というより、美濃下向を思い立ったというニュアンスでは?

また、勧修寺尹豊が近衛前久に同行した一件は私も不可解で、よく理由がわかりませんが、そのことで充房に危難が及ぶなら、他家に養子に出た充房よりも尹豊嫡孫の勧修寺晴豊こそ該当するのではと思いますが。でも、晴豊が蟄居したり出奔したりした形跡はありませんよね。
だから、充房の美濃下向は別の文脈で読むべきではないでしょうかね。
憶測ばかりですみません。



公儀外聞尤祝着候(之ヵ)由被申談
Tm.
桐野先生どうも。

確かに「存立」は「存じ立ち」と読むのが一般的かもしれませんが、それは謙譲語であり、本件の場合、充房本人に当てることには少々違和感がないでしょうか?
それと「身上家督」というのも、重複した表記のように思われます。

「身分・財産・家名」全てを捨てての隠棲ということかも知れませんが、京を遠く離れ、特に親しいとは思われない信孝を頼るというのも疑問があります。
やはり前久が家康を頼り、利三の娘の於福らが長宗我部氏を頼りその領国に下った事例を思い浮かべずには置けません。

その上での「捨身上家督而存立之儀」ですが、「身上を捨て而して家督をと、存じ立つの儀」とは読めないでしょうか。
それはすなわち、兼見自身の考えを述べたものであり、「(充房殿は)公家の身分を捨てるとのことだが、それにより(信孝殿に仕え)家名を起すものと思われるその事」と意訳できないでしょうか。
あるいは第三者的に、「存候」の代わりに「存立」と表記されたのではないでしょうか。


>また、勧修寺尹豊が近衛前久に同行した一件は私も不可解で、
 よく理由がわかりませんが、中略、だから、充房の美濃下向は
 別の文脈で読むべきではないでしょうかね。

おそらく尹豊のそれは杞憂であったと思いますが、充房は兼見とも親しかっただけに杞憂に納まらず、本気で都落ちを考え、それが信孝への「武辺之奉公」だっただけに、正親町天皇も「曲事」だと言ったのではないでしょうか。

また兼見の説得に下向が延期されたことに対し、親王方で「公儀外聞尤祝着候(之ヵ)由被申談、」と大仰な喜ばれ方がなされているのも、充房の美濃下向が重大な政治問題でもあったことを物語っているのではないでしょうか。

コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」特別編
―京都・石薬師の邸宅 激動維新描いた舞台裏―

小生の連載の特別編が更新になりました。
左のリンク欄「さつま人国誌」からご覧になれます。

今回は大久保利通没後130年特別企画用の原稿だったので、更新の枠外かと思っていたが、更新していただいた。これで、鹿児島県外の方もご覧になれます。

京都の寺町石薬師通りにある大久保旧邸に「有待庵」という茶室があった(まだ建物は現存しているという噂もあり)。
この茶室は小松帯刀邸(近衛殿御花畑)から移築してきたもの。西郷隆盛・岩倉具視・木戸孝允など多くの幕末有名人が訪れた茶室である。

この茶室にまつわる秘話をいくつか書きました。
ただ、分量の関係でひとつだけ書けなかったことがあります。それは錦旗調製の一件です。大久保の京都妻おゆうが西陣に錦を買いに行き、それを品川弥二郎に手渡して、山口で2流の錦旗をつくったという逸話を載せられませんでした。
この一件も含めていただければ幸いです。

次回は、1月5日(土)と通常の連載に戻ります。
前回に引き続いて、摂関家の近衛父子の薩摩下向の2回目。近衛信尹の薩摩配流について書いています。

【2008/01/03 14:05】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

警察参考室
あさくらゆう
 こんにちは。
 警視庁資料室と書きましたが、警察参考室となっていました。もちろん警察博物館でもありません。警視庁庁舎内にあります。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/welcome/honbu/honbu.htm
 ここに暗殺に使用された刀がUPされています。
 基本的に要予約な場所です。以前行ったときには見る時間が少なかったような気がします。
 

警察参考室
桐野作人
あさくらさん、こんばんは。

警察参考室というのもあるんですね。こちらはまだ行ったことがありません。
サイトの紹介も有難うございました。

コメントを閉じる▲
宍戸元続といっても、あまり知られている人物ではない。
毛利元就の一女五竜を娶った宍戸隆家の嫡孫にあたる。

ある原稿を執筆中、毛利家中の系譜『近世防長諸家系図綜覧』(防長新聞社刊、マツノ書店復刻)を見ていたら、宍戸家の元続の系譜のなかに興味深い記事を見つけた。

「室 織田内大臣信長公女 生一女 後離縁」

つまり、宍戸元続は信長の一女を妻にし、一女を儲けたのち離縁したというのだ。同系譜によれば、その一女は毛利分家の右田毛利山城守元倶に嫁している。

とりあえず、織田家の系譜『織田家雑録』や岡田正人氏『織田信長総合事典』などを見てみたが、該当する信長の娘を探し出せなかった。
見落とした可能性もあるし、ほかにあたるべき系譜類を見ていないものの、ほとんど聞いたことがない話である。

この信長の娘は誰なのだろうか?
元続は永禄6年(1563)生まれとあるから、世代的には信長の娘を娶ってもおかしくはないが、織田権力と毛利家の対立、信長と元続の地位・家柄の格差を考えると、なかなか想定しにくい。
仮に事実だとしても、明らかに信長死後の天正10年(1582)以降のことだろう。

もし、この信長の娘をご存じの方、あるいはこの縁組が事実であるとご存じの方がおいでなら、ご教示いただければ幸いです。

【2008/01/03 12:39】 | 信長
トラックバック(1) |

おめでとうございます
武藤 臼
今年もお世話になります

さすが信長・・・というべきなんでしょうか。
伝説的な話が残っているということでしょうか。

墓があるようですが、寺になにか記録が残っていないものか。山口まで行く機会があったら寄ってみたいですね。
小説までは手がでないかな・・・



k2
桐野様
こちらでは、初めまして本年もこちらのブログで勉強させて頂きます。毛利の信長女ですが、歴読の豊臣家崩壊の一小論で、知り少し調べたのですが、寛政譜巻第十 毛利秀元(右田毛利家)のあ室になったとあり、太閤秀吉の姪女とも、養女ともと記されています。この女が、その方が分かりませんが、その後調べてませんので、何とも言えませんが、分かれば新発見になりますが、、、

管理人のみ閲覧できます
-


墓?
桐野作人
武藤臼さん、こんばんは。

本年もよろしく。
墓というのは、宍戸元続夫妻のものでしょうか? 萩かどこかに墓所はあるんでしょうかね。


毛利秀元前妻
桐野作人
K2さん、こんばんは。

こちらでは初めてでしたっけ? そんな気がしませんね。

いろいろご教示有難うございます。
毛利秀元は右田毛利ではなくて、穂田毛利の出ではなかったでしたっけ。
上記の『近世防長諸家系図綜覧』の長府毛利家の系譜によれば、秀元の正室、後室について次のように記されています。

室 大和大納言秀長女 秀吉公之養女也(中略)京都大徳寺ニ葬ル 牌所功山寺

継室 松平因幡守康元女 家康公之養女也(中略)泉岳寺ニ葬ル 牌所功山寺

同書は秀元クラスの情報を間違えるとは思えませんから、上記記事はほぼ正確だろうと思われます。
だとすると、信長の娘もしくは養女ではないかもしれませんね。謎が深まりました。








k2
桐野様
誤解してました、少し謎が解けました。
豊臣家崩壊 小早川秀秋の死をめぐる謎 村上公一著で知ったのですが、それに右田毛利家と出てまして、それが桐野様ガ今回紹介された娘です。
先のコメントに出した毛利秀元は、違う女のようですね。
混乱させましてすみません。ただ、寛政譜の子光広の母には何故か織田氏となっております。


宍戸元続夫人の墓
武藤 臼
ネットで見つけたものですが、下のひとつめのリンクの先、ページの下の方で紹介されています。ここでは信長娘とはありませんが、二つ目のリンク先に「織田信長の女」とあるので、なんらかの案内か印刷物でもあるのだろうと想像してます。
場所は周南市の旧熊毛町です。

http://yoshiko.client.jp/mituo.html
http://www.ymg.urban.ne.jp/home/kenf/bosyo/bosyo-si-sisidomototuguzensai.htm

毛利光広の母
桐野作人
K2さん、こんばんは。

毛利秀元の嫡子光広の生母について、ある程度謎が解けました。前回紹介した『近世防長諸家系図綜覧』の毛利秀元・光広の系譜には、

「毛利秀元譜」
妾 オシユク 織田氏女 天和二壬戌九月朔日卒ス 法名正福院竜雲久松

「毛利光広譜」
母 家女織田氏 オシユク

毛利秀元の側室の一人が織田氏で、光広を生んだということのようです。
織田氏ということは、必ずしも信長の娘を意味しません。むしろ、庶流の出と見たほうがいいのではないでしょうか。
光広が元和2年(1616)生まれですから、信長の死後34年も経っています。年代的にみて、信長の娘である可能性は低いのでは。


宍戸元続夫人の墓
桐野作人
武藤臼さん、こんばんは。

写真の紹介有難うございます。
よく撮影している方がおいでですね。

宍戸家は周防国熊毛郡三尾というところを所領のひとつにしているようですから、おそらくここに墓所があるんでしょうね。


企画展「長府毛利十四代記」
市野澤 永
企画展「長府毛利十四代記」
【会期】平成23年1月29日(土)~2月27日(日)
【開館】9:30~17:00(但し、入館は16:30まで)
【休館】月曜日及び休日・祝日の翌日。
    会期中の休館日は1月31日・2月7・14・21日
【料金】一般400円(320円) 大学生200円(160円)
    () 内は20名以上の団体料金。※常設展示の観覧料と異なる。

 毛利家総大将として文禄・慶長の役、関ヶ原合戦に参戦、
武人として名を馳せた長府藩祖毛利秀元は、
その武才と政治手腕を認められ、将軍家光の御咄衆に加わり、
さらに品川御殿で大茶会を催すなど文人としても活躍。
関ヶ原合戦後の混迷した時期、
迅速果断な行動で長府毛利家の存続に心魂を傾けた人物である。 
 その後、秀元が実践した文武両道を受け継いだ歴代藩主は、
時勢にあった藩政を展開し、萩藩の支藩で公称5万石の小藩でありながら、幕末まで存続する雄藩に成長させた。 
 本展は、藩祖毛利秀元を中心に、秀元の遺志を継往開来した歴代藩主の事績にも焦点をあて、江戸時代約260年の間、当地を領有し続けた長府毛利家の政治戦略、さらには長府城下町の発展を探ろうとするもの

お問い合わせ
下関市立長府博物館
郵便番号 752-0979
所 在 地 山口県下関市長府川端一丁目2番5号
電 話 083-245-0555
F A X 083-245-0783

詳しくは、こちら ↓
http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kyoiku/chohuhak/

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。