歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第262回
―出羽花館で夜襲うける―

本日、連載が更新になりました。
今年最後の掲載です。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は、戊辰戦争における薩摩藩での戦死者のうち、唯一の島津氏一門の戦死者である島津新八郎について、その戦死に至るいきさつを書きました。

新八郎は宮之城島津家の二男家の人。当主ではなく跡取りかもしれません。
当主なら、薩摩藩の門閥家(一所持や一所持格の私領主)は通称官名や通称国名を名乗っているからです。たとえば、小松「帯刀」とか島津「安芸」という具合です。新八郎の家は代々、「内記」を通称官名にしているようです。ですから、内記と名乗っていないので、まだ当主ではない可能性があります。記事には当主と書きましたが、要再検討ですね。ただ、同家の史料が少なく、代替わりの時期を特定できません。

さて、新八郎が戊辰戦争に従軍したのは、戦争の後半からです。
折からの北越戦争の激化のため、その増援部隊として派遣されました。ほぼ同時期に西郷吉之助が越後に藩兵を率いて向かっていますが、新八郎たちが少し早かったようです。
番兵何番隊というのは、薩摩藩兵のひとつ。同藩では家格別の部隊編成を採用していました。「城下」と冠するのは鹿児島城下の城下士の部隊です。また「私領」何番隊というのは、門閥家の家来たちで編成された部隊。そして、「外城」や「番兵」は島津氏直轄領の郷(外城)の郷士(外城士)で編成される部隊です。
なお、郷士や私領士の部隊でも、その隊長(小隊長や差引)は門閥家や城下士がつとめました。
ですから、門閥家の新八郎も番兵三番隊の小隊長に任命されたと思われます。

記事にも書いたように、新八郎は明治元年(1868)8月3日に鹿児島を出航し、23日夜に戦死していますから、出陣からわずか20日間、それも初陣での戦死でした。

また、新八郎の戦死の様子も史料によって異なります。どれを信用していいのかわかりませんが、庄内藩や仙台藩側の史料が比較的信がおけるかもしれません。
庄内藩側の『戊辰庄内戦争録』巻三に、新八郎の言動が少し残っています。この史料は紙数の関係で記事では使いませんでしたので、少し詳しく紹介します。
秋田に着いた新八郎たちは大曲の同盟軍を攻めようと南下し、神宮寺(現・秋田県大仙市)の近くの「馬倉」(間倉か)にある台場に着陣します。
その台場は秋田藩が築いたようですが、新八郎は「秋藩胸壁を築き、防禦の手段こそ心得ね、柔惰の至り、穢はしなどと云て胸壁を崩させ、手勢を先陣とし諸手惣攻と定め」たとあります。
新八郎は意気揚々として敵を呑む勢いだったようで、秋田藩が築いた台場を惰弱だと一喝して壊させたとか。
また、新八郎の首級をあげたかもしれない人物として、庄内藩士の土岐市助が戦功の交名にあがっています。
「薩藩島津小平太を打取、其の首を得」
とあります。
「島津小平太」は、伊佐郡佐司(佐志)領主(高2108石)の島津小平太久容のことだろうと思います。小平太は新八郎よりもずっと早く鳥羽伏見の戦いから従軍しており、5月には越後口に出征して北越戦争を戦っています。8月18日段階でもまだ長岡周辺にいるようですから、秋田にいるとは思えません。また、小平太は戦死していないですから、この記事の小平太は新八郎と勘違いしている可能性があります。
となると、新八郎を討ち取ったのは土岐市助になるのかもしれません。

以上、新八郎の戦死の様子について重要な記述でしたが、何せ新八郎と小平太の混同などを考証すると、分量が多くなるため記事では割愛せざるをえませんでした。こちらで補足しておきます。

さて、来年の予定ですが、1月7日掲載です。
西郷隆盛の新出書簡の紹介を拡大版でやる予定です。

本年もご愛読有難うございました。
どうか良いお年を!

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト

【2012/12/31 12:30】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第261回
―西郷邸で他藩人も交えて―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は総選挙のため、当初予定の掲載日より1週間遅れてしまいましたが、時節柄、忠臣蔵ネタです。
以前、小学館アカデミー古文書塾「てらこや」の講座で中岡慎太郎の日記を読んだとき、京都の西郷邸で、西郷の弟や後輩たちが中岡や品川弥二郎らも交えて、「赤穂義臣伝」を徹夜で読んだという記事を見て、とてもおかしく感じたのがきっかけで、いつか記事に出来ないかと思っていました。

「義臣伝読み」は記事にも書いたように、郷中教育の年中行事のひとつです。その様子を『元帥公爵大山巌』や『薩摩見聞記』などによって紹介しました。
中岡の日記を読めば、西郷従道、黒田清隆、大山巌、伊集院兼寛、村田新八、椎原小弥太(鳥羽伏見の戦いで戦死)といった、のちの明治政府の要人たちが大まじめに「義臣伝」を輪読し、これに中岡や品川などが付き合わされたという構図がとても面白いです。西郷も用事がなくて加わっていたら、なお面白かったですが。

幕末薩摩関係の史料を読めば、西郷、伊地知などが自分たちの政治活動を太平記(もちろん南朝びいき)になぞらえている傾向が非常に強いですが、赤穂義臣伝もそうした題材のひとつだと思われます。
もともと、郷中教育に義臣伝読みが加わったのは、亡君の仇討ちという忠義観念と、仇討ちまでの艱難辛苦を耐え忍ぶ、いわば、臥薪嘗胆の精神を賞揚する意味合いがあったのだろうと思います。

西郷以下の連中は、鹿児島でこの教育を受けていたわけですが、京都でもそれを実践する精神構造が興味深いですね。年少の頃と違い、読み替えがあるかもしれません。すなわち、忠義観念は天皇へ、臥薪嘗胆は幕府の暴政を堪え忍び、いつかは決起するぞという英気の涵養なのかどうか……。

次回はいよいよ今年最後の連載です。
2つ候補があり、どちらにしようかと迷っています。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2012/12/24 19:12】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

ご無沙汰いたしております
NAO4@吟遊詩人
明治維新の原動力(思想的なバックボーン)は、「国学思想」か「大日本史」ではないかと思ってしまうのですが、

実は、意外にも「赤穂義士伝」や「太平記」というのが真実なのかもと思いました。

面白いお話ありがとうございます。

わかりやすさ
桐野
NAO4@吟遊詩人さん

お久しぶりです。

幕末は後期水戸学と国学がいわゆる志士層に思想的な影響力を与えたといわれますが、やはり、インテリ向きですよね。

一般の武士には太平記や忠臣蔵のほうがわかりやすかったかもしれません。

薩摩藩では、西郷たちが湊川神社を創建するなど、南朝の人士の名誉回復や顕彰に非常に熱心ですね。
一方で、徳川慶喜を足利尊氏になぞらえたりしています。


コメントを閉じる▲
お知らせです。

南日本新聞連載「さつま人国誌」は選挙報道のため、本日の掲載は休載です。
次回は24日です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2012/12/17 10:25】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
来年1月から新たに始まる講座のご案内です。

小学館アカデミー古文書塾「てらこや」、前回で「保古飛呂比を読む」が終了しましたので、新たに表題の講座を開講します。

詳しくは、ここをご覧下さい。

大久保利通といえば、冷徹な官僚政治家というイメージがありますが、父が流罪となったため青年時代には苦闘し、久光の時代になってようやく「久光四天王」の一人として国事周旋に従事するようになりました。
今期の5回は大久保の青年時代から文久2年(1862)久光の率兵上京あたりまでを読むことになりそうです。

ちなみに、「久光四天王」とは小松帯刀、中山中左衛門、伊地知壮之丞、そして大久保の4人です。西郷吉之助は含まれていません。西郷と久光の不仲は有名ですし、奄美や沖永良部に潜居・流罪になっていた期間が長かったために四天王には含まれていません。その点では、大久保と西郷の間に久光への態度や時勢認識にズレがあるのもたしかで、それが元治年間以降、どのように両雄が協調していくことになるのかも、本講座のテーマのひとつになるのではと思っています。

簡単に本講座の概要を書いておきます。

講座名:大久保利通の手紙を読む
講師:桐野作人
開催日:火曜日19:00~20:30
日程:全5回 1/8、1/22、2/5、2/19、3/5
会場:日比谷図書文化館
   アクセスはここです。
問い合わせ・申し込み:ここです。
  
[講座内容]
大久保利通といえば、維新三傑の一人で、明治国家の基礎を築いた「鉄血宰相」というイメージが強いです。彼の若い頃は意外にも急進的な激派であり、島津久光に登用されて以来、さまざまな政治経験を積み重ねて、熟練の政治家へと成長していきます。
大久保のそうした軌跡を、彼の手紙や建白書などを通じて、より具体的に深く理解していく講座です。今期は借金を依頼する有名な初見文書から文久2年(1862)の久光率兵上京までを読みたいと思います。

[講師からひとこと]
本講座はくずし字の解読ではなく、活字になった史料(手紙・建白書・日記など)を読みながら、記主の行動や思い、当時の時代背景などを、他の関連史料とともに探り、考えていく講座です。初心者の方でも関心のあるテーマや人物であれば、興味深く読めて、より深い理解が得られるよう努めるつもりです。

関心のある方の受講をお待ちしています。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2012/12/16 13:51】 | てらこや
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第260回
―開成所で航海術を教授―

一昨日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は前回の続きで、万次郎の2度目の来薩を中心に書きました。
この来薩は、薩摩藩が万次郎を開所したばかりの開成所に迎えるためでした。
万次郎は一応幕臣になっていましたから、その招聘には幕府の許可が必要でした。
その交渉には江戸留守居役の新納嘉藤次があたり、5カ月くらいかかってようやく許可を得ます。
鹿児島下向にあたって、万次郎は京都に観光に立ち寄ったり、土佐に帰郷したりしてから、薩摩入りします。
京都では、小松帯刀と会っていることが、小松の大久保一蔵宛て書簡でわかります。
これまでこの書簡は神戸海軍操練所の閉鎖に伴い、坂本龍馬とその仲間たちを薩摩藩が引き取り、龍馬が蒸気船借り受けのため関東に下る一方、他の仲間たちを庇護し、「航海の手先」に使うという記事で有名でしたが、別条に万次郎が鹿児島に向かうことが書かれており、小松が万次郎に航海要員の育成について意見を求めています。

薩摩藩はこの年、元治元年(1864)、蒸気船を一挙に5艘購入していましたから、乗組員の養成は急務でした。万次郎の役割の重要性がわかります。もっとも、万次郎がどのような講義や実習を行ったかはよくわかないのが残念です。誰か航海日誌でもつけていてくれれば面白かったのですが。
断片的にわかるのは、万次郎が航海術の本(英書か)を薩摩藩に提供したことくらいでしょうか。

一方、万次郎とほぼ同時期に鹿児島に向かった龍馬の仲間たち(新宮馬之助・菅野覚兵衛・白峯駿馬など約20名)は鹿児島城下の大乗院の子院威光院に数カ月間収容されました。そののち、長崎に移り、亀山社中の結成になります。
彼らが鹿児島に留まらなかったのは、龍馬の関東での蒸気船入手がうまくいかなったからだと思われます。もちろん、脱藩士の龍馬には資金がなく、蒸気船の購入はむろん借用さえ不可能です。それを支えたのは、以前、私が紹介した龍馬の新出文書に書かれていたように、江戸留守居の岩下佐次右衛門(方平)の援助があったはずです。
龍馬が目的を果たせなかったため、薩摩藩が購入した蒸気船を亀山社中に貸与して交易その他に活用させるという方針転換になったものと思われます。そのためには、鹿児島より内外の交易が盛んな長崎のほうが立地的に便利だったからでしょう。

薩摩藩が万次郎に対してどれくらいの給料を払っていたかで、その処遇の程度も推察されます。しかし、「家内」8人に1カ月7両2分ずつというのがわかるくらいで、肝心の万次郎の給料がわかりません。「家内」分の手当は合わせると、1カ月60両になります。万次郎分はそれより多いのではという気はしますが……。

万次郎の貸与期間は3年でしたが、万次郎は途中、一度土佐に戻り、後藤象二郎の上海行きに随行しており、1年以上鹿児島から離れています。その後、慶応3年(1867)4月に鹿児島に復帰し、半年ほど教官をつとめましたが、11月には鹿児島を離れたようです。
折から、大政奉還から王政復古政変の時期で、薩摩藩と幕府の関係が険悪になっていましたから、幕臣である万次郎も鹿児島には居にくかったのではないかと思われます。

万次郎の墓は5年前、雑司ヶ谷霊園を訪れたときに撮影したものです。青山霊園ほどではありませんが、ここも有名人の墓が多いです。夏目漱石、泉鏡花、小泉八雲、岩瀬忠震、小栗上野介、千葉重太郎、東条英機など。

本来は今回掲載の10日は第2月曜日で休刊日だったのですが、総選挙の関係で発刊日になりました。次回の17日は総選挙の翌日で、総選挙特集になるため、連載はお休みです。
本当は14日が赤穂浪士討ち入りの日なので、その関連の記事を書こうと思っていたのですが、1週間遅れの24日掲載になります。お気をつけ下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2012/12/12 10:17】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第259回
―雲行丸のモデルを考案―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は、前回の河田小龍とのつながりで、ジョン万次郎について書きました。
ジョン万次郎の漂流譚は非常に有名ですが、薩摩と深い関わりがあることはあまり知られていないと思います。

万次郎は漂流から救出され、アメリカで10年ほど過ごしますが、やはり望郷の念は押さえがたく帰国を決意します。それは琉球への上陸という方法をとりました。おそらく日本本土よりも打ち払われる可能性が少なかったからだと思います。
琉球は当時、薩摩藩に従属していましたから、すぐさま藩当局に急報されます。琉球で半年滞在し、事情聴取されたのち、長崎奉行に引き渡すために鹿児島に護送されます。
このときの帰還漂流民は万次郎だけでなく、一緒に遭難した伝蔵とその弟五右衛門の3人でした。

鹿児島に連れて来られた3人は、薩摩藩からかなり厚遇されます。帰還漂流民はいわば罪人なのですが、なぜ厚遇したかといえば、万次郎の学識に期待するところが大きかったわけです。詳しくは記事に書きました。

面白いのは、万次郎たちは藩当局から宗門改めをされています。外国帰りですから、ある意味当然で、踏み絵を踏まされたようです。万次郎たちはアメリカ生活が長かったので、洗礼を受けたかどうかは不明ですが、キリスト教は日常生活で親しんでいたはずです。しかし、幕府の厳しいキリシタン禁制を承知していたはずですから、踏み絵を踏んだようです。
また、宗派を問われて、一向宗と答えているのも面白いです。土佐では浄土真宗が広がっていたのでしょうか。この答えには、藩内で厳しい一向宗禁制を敷いている藩役人も緊張したはずですが、とくにお咎めもなかったようです。他藩人だから寛容だったのかもしれません。

万次郎たちの所持品も徹底的に検査され、記録されますが、鉄砲や塩硝を持っていたのに目を引かれました。

藩当局では、万次郎の学識と捕鯨船乗船の経験から、蒸気船建造の手がかりを得ようとして、毎日のように船手関係者や船大工が万次郎の所に日参して、熱心に事情聴取し、模型まで作らせています。
それが、雲行丸の建造へとつながるのは記事に書いたとおりです。

次回は、万次郎の2度めと3度めの来薩を書く予定です。
とくに2度めは薩摩藩が藩営洋学校の開成館を創設し、その教授として万次郎を迎えることになります。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2012/12/03 18:12】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |