歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第266回
―帰国した義弘に恨みごと―

連載が28日に更新になっていました。お伝えするのが遅れました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は、関ヶ原で壮烈な討死を遂げた島津豊久の母について書きました。
島津義弘が退き口の帰途、豊久の居城佐土原に立ち寄ったことは知られているかもしれませんが、その生母との対面や人質になっていた豊久の姉を返したことなどはあまり知られていないと思います。

生母の生々しい感情を書きとめたのは、兄の樺山忠助(紹釼)です。忠助は佐土原の西、穆佐の地頭で、義弘の帰国を出迎えるために佐土原に来ました。
記事ではわかりにくかったかもしれませんが、生母が義弘に直接恨みごとを述べたのではなく、義弘が佐土原を発ったのち、心おきない兄の忠助に洩らしたものです。やはり本家の義弘に直接述べることは憚られたのでしょう。

次回は今回の続きといいますか、日向国境での島津氏と伊東氏の戦いについて書いてみようかと思っています。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2013/01/30 23:05】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


いくつか
ばんない
こんばんは。関ヶ原の合戦時の島津豊久の母の話は、桐野さんの本(『関ヶ原島津退き口』)でも紹介されていましたね。

義弘が一緒に連れて帰ってきた豊久の姉ですが、この時点では既に禰寝重張の妻ではないと考えられます。彼女は天正15年、島津家が豊臣秀吉に負けたときに人質として上洛させられますが、夫・禰寝重張の証人ではなく、父・家久の証人として出たと思われることなどから考えると、この時点で既に離婚していたようです(「本藩人物誌」島津忠直)。離婚理由については史料が無く不明です。

個人的な感想ですが、「惟新公関原御合戦記」に書かれている“涙の対面”は、後世の史料と言うこともありますが、演出が勝っているように感じていました。

樺山忠助は「ちゅうすけ」と読むのですね。そのまま「ただすけ」と読んでました。

写真で佐土原天昌寺跡にある島津家久一家の墓が映っていましたが、樺山善久女の墓がここにあるというのは考えてみれば不思議な話で、彼女は佐土原を遠く離れた知覧で亡くなっており、しかもこの時既に佐土原は島津家久一家の領地ではなく島津以久の系統の領地になっていたのであって、誰がここに彼女の墓を建てたのでしょうね。



豊久の姉
桐野
ばんないさん

コメント御礼。
豊久の姉はすでに禰寝重張夫人ではなかったのでしょうね(死別した?)。
私も禰寝重張の証人という意味で書いたわけではなく、その身分・地位を示したかっただけなのですが、誤解を招くような書き方でした。

忠助はわかりません。ただすけの可能性もあり。うっかりルビ付けしました(汗)。

佐土原の天昌寺跡の墓地は江戸時代につくられた供養墓ではないかと思います。だから、家久夫人だけでなく、豊久の墓もあるかと。
建立主体も永吉家か、新佐土原家かよくわかりませんね。



ばんない
こんばんは。
こちらこそ失礼致しました。

禰寝重張は1629年没なので、離別と私は考えています。ただ、島津家久長女は天正12年(1584年)12月に重張と共に神社に寄付をしていますので(URL参照)、天正13年~15年の間に離婚したと推定できます。

天昌寺、元々は父・家久の戒名を取った「梅天寺」だったのが、豊久が死んで改名したとか言う話もどこかで聞いたような。

コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」第265回
―薩英戦争で住民を守る―

昨日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

最近はこの連載記事の紹介のときにようやく更新しているのですが、先週はその更新さえ多忙のためできませんでした。

第264回「明治天皇の西郷従道邸行幸」

です。よかったら、この記事も合わせてご覧下さい。

さて、下津畑土塁ですが、以前も少しだけ紹介したことがありました。
今回は、この土塁がいつ、なぜ造られたのか、その規模はどのようなものだったのか、また時間や費用はどれくらいかかったのかという点を可能なかぎり調べてみました。
もっとも、この土塁についての史料はあまり多くありません。それでも、だいぶその輪郭がわかったような気がします。

この土塁に着目したのはだいぶ前からです。とくに記事でも紹介した「旧薩藩御城下絵図」にちゃんとこの土塁が描かれていたのには驚きました。
また、鹿児島の友人のY口さんも関心をもってくれ、以前、その遺構の跡地を案内してくれました。しかし、完全に宅地化しており、その痕跡を見出すことはできませんでした。
私は最初、明治以降の宅地化によって消滅したのかと思っていたのですが、どうやら薩英戦争から数年後には早くも取り崩れたようです。
海岸線に高さ5メートルもの土塁が聳えていたら、目障りこのうえありませんね。さらに戦争相手の英国と和平が成立したのも取り崩しの大きな要因かもしれません。

この土塁が造られたきっかけは記事にも書いたように、城下下町沿岸部の大火が大きいかもしれません。更地になったことにより、大胆な計画を実施できたのだと思います。この下津畑土塁は海から見て鶴丸城の正面にあたっている点も重要かもしれません。
島津斉彬は鶴丸城が海岸線から近いことを海防上の見地から不安視しており、国分への居城移転さえ考えていたほどです。ですから、とりあえずの防御施設として、この土塁が築造されたとも考えられます。

今回よくわからなかったのは、この土塁築造にかかった費用です。『薩藩海軍史』中に記事があったのですが、出典が『新納久仰譜』と書かれておりました。おそらく『新納久仰雑譜』のことだと思ったのですが、その該当条には費用の記事がありませんでした。したがって、やむをえず、『薩藩海軍史』の記事を使いました。

それには、費用として銀2564貫900文(金356両3朱余)かかったとありました。
巨大な土塁にしては少なすぎると感じました。1万両かかってもおかしくないと思いました。
もっとも、私はそのまま書いたのですが、金銀の交換レートを計算すると、おおよそ、

金1両=銀7.2貫

になるようですが、これって、幕末期の貨幣相場としては妥当な数字なのでしょうか?

ともあれ、現存しないものの、貴重で巨大な遺構がいまから150年前に存在していたことをある程度明らかにできたのではないかと思っています。

次回は島津豊久の母について書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2013/01/22 21:22】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」第263回
―長州の砲撃で多数の死者―

昨日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は、文久3年(1863)12月、馬関で起きた薩摩藩船長崎丸が長州藩台場からの砲撃を機に沈没し、28名の溺死者が出た事件の真相を探るものです。

結論からいえば、長州側は砲撃によって沈没したとしていますが、誤認です。
長崎丸は老朽化した蒸気船でした。この航海も若干の貨物の輸送と共に長崎での修理を目的にしていたほどで、機関室やボイラーなどに故障を抱えていました。結果論ですが、その劣悪な状態があだになりました。
濃霧のなか、突如砲撃されたため、長崎丸は退避行動をとろうと全速力で転舵、航行したことが原因で、ボイラーから出火し、船底に積載していた綿に火が燃え移り、焼失してしまったものです。
長州藩の砲撃が沈没の直接の原因ではありませんが、そのきっかけになったのはたしかです。

時間の関係で、先行研究をチェックしなかったのですが、どのような評価になったいるのでしょうか?

長州側はあとから薩摩藩船だとわかったようですが、台場に詰めた兵士たちは勝鬨を上げて喜んだとか。
八月十八日政変の恨みを晴らしたという思いもあったのでしょう。

もっとも、藩当局では薩摩藩と戦争になるのは避けたいと考え、鹿児島に謝罪使を派遣します。
でも、薩摩藩側の判断で、使者は鹿児島城下には入らず、国境に近い阿久根に留められました。城下に使者を入れたら、激昂した藩士たちが使者に何をするかわからないという判断からです。

薩長両藩はこれで一時の小康状態を得ましたが、事件から半年ほどして、京都御所付近で激突します。禁門の変、甲子戦争です。

記事で使用した写真は北九州市門司区にある長崎丸殉難者招魂碑です。
ある友人の方に撮影、提供してもらいました。
大変助かりました。この場を借りてお礼申し上げます。

今回は、大日本維新史料稿本をはじめ、いろいろな史料を見たのですが、ほとんど使えずじまいだったのが残念です。

次回のテーマは未定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2013/01/09 00:23】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
講座の最終案内です。

小学館アカデミー古文書塾「てらこや」の特別講座

「大久保利通の手紙を読む」

が来週8日から始まります。
午後7時からの講座ですので、お勤めの方も何とか受講できる時間帯です。
大久保利通に関心がある方、受講してみませんか。

講座概要、問い合わせ、申し込み、アクセスなど詳しくは、このブログのここです。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2013/01/05 20:30】 | てらこや
トラックバック(0) |
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

最近、忙しさと、ツイッター、FBのほうにも手を出したせいで、更新が滞りがちで申し訳ありません。
ツイッター、FBは桐野作人でやっておりますので、よかったらのぞいてみて下さい。
今年は更新の頻度を上げるのが目標です。

仕事では今年、薩摩関係の仕事が大きな転機になるかも知れません。
また今月は新刊が出ます。

さつま人国誌』幕末明治編2 南日本新聞社刊

同シリーズの3冊目です。
表紙カバー写真を載せておきます。
地方出版なので、鹿児島県外では入手しにくいですが、大型書店やアマゾンなどネット書店でも購入できると思います。よろしくお願いします。

さつま人国誌表紙見本_800

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2013/01/01 20:30】 | 雑記
トラックバック(0) |

あけましておめでとうございます。
ばんない
4日過ぎたので「明けましておめでとうございました」のほうが正しいかも(汗)
本年もよろしくお願いします。

>薩摩関係の仕事が大きな転機になるかも
おお、気になります
>ツイッター、FBのほうにも手を出した
うーむ、やはり時代はそっちの方ですかね。しかし、そちらに手を出すと明らかにネット廃人になるのが分かっているのでどうしようかなと(苦笑)

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。