歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第320回
―知られざる幻の縁組話―

21日、連載が更新されました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

前回まで3回にわたって黒田官兵衛と島津氏の関係を取り上げましたが、今回は息子の長政と島津義弘の関係についてです。主に2点あります。

ひとつは、関ヶ原合戦前夜、義弘が西軍として大垣城に駐留していたとき、東軍の黒田長政からひそかに書状が送られています。内容は不明ですが、明らかに密書で、長政が義弘に東軍に味方するよう促す趣旨だったと考えて間違いないでしょう。
長政が小早川秀秋の重臣や吉川広家に働きかけ、彼らの離反や中立を実現したことはよく知られています。その調略が義弘にも向けられていたことがわかります。
どうも密書は2通送られた形跡があります。義弘の心が動いたのかどうかは不明です。
このことは関ヶ原合戦の帰趨を考えるうえで、意外と重要な事実ではないかと思います。

次に、両者は関ヶ原合戦の前から縁組を進めていたようです。
ところが、義弘が西軍に属したために、この縁組が暗礁に乗り上げます。義弘は家康から罪を追及されている自分の立場を考えて、この縁組を保留、事実上の中止を長政に提案します。
『黒田家文書』に収められた義弘の長政宛て書状には、長政の「御息様」と義弘の「拙者孫の儀」の縁組であることがわかり、長政の甥で養子の長寿と、義弘の長女御屋地の2人の娘のうち、どちらかが候補だったと思われます。

当時、義弘の子どもは長男久保が病死(子なし)、二男忠恒がいましたが、夫人亀寿との間に子どもはできませんでした。あと、末娘の御下がいますが、彼女は伊集院忠真に嫁ぎ、一女をもうけましたが、生まれたばかりです。しかも、忠真が「反逆者」として殺害されましたから、その娘は当然候補者から除外されるでしょう。そうなると、残るのは長女御下の2人の娘しかいません。

この縁組は結局実現しませんでした。義弘の微妙な立場、松寿の早世によるものです。
それにしても、長政が義弘と縁組を結んでまで親密な関係を築こうとしたのには、何らかのきっかけなり理由があるのではないかと思いますが、それが何なのかよくわかりません。立花宗茂がそうだったように、長政もまた義弘の武勇に畏敬の念をいただいていたのかとも考えられますが、確証はありません。

なお、記事では紹介できなかったが、『黒田家文書』にもう1点、義弘が長政に宛てた書状がある。年次が天正17年(1589)と推定されるもので、おそらく京都の聚楽第の城下で、義弘が長政邸を訪問し、丁重な歓待を受けたことを謝する内容である。島津氏が豊臣政権に服属してからほどない時期に、すでに両者が親密な関係になっていることがわかる。縁組もそうした交流の延長線にあったものか。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2014/04/22 16:33】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


Koseikko
はじめまして
「謎解き関ヶ原合戦」と「島津義久」を読ませていただきました。
関ヶ原で島津隊が動かなかったのは「二番備え」であったからだけではなく、長政の手紙も影響していたのでしょうか?

コメント御礼
桐野作人
Koseikkoさん、初めまして。

個人的には、島津勢は二番備えなので出番がなかったと思います。
もし島津勢が中立を守ったとするなら、長政書状が影響を与えたかもしれないのですが、真相は薮の中でしょうね。


koseikko
ありがとうございます。
島津家は別でも小説とは違って義弘さんは“西軍”であってほしいと思うので今日の記事はショックでした。
初めに読んだのは「関ヶ原島津退き口」でした。
失礼致しました。

めずらしい?婚姻政策
ばんない
御無沙汰しております。

この回の黒田家との婚姻計画、そして今週分の寺沢家との婚姻計画を興味深く拝読させていただきました。
寺沢家との縁談が血みどろの末破談になったのは『本藩人物志』で知っていたのですが、黒田家とも縁談が持ち上がっていたというのは初耳でした。もしかして、黒田家側にしか史料が残ってないのでしょうか?私が今まで見た島津家側の史料「薩藩旧記雑録」等ではこの話を見たことがありません。
桐野さんは「黒田家との縁談の理由が謎」とお考えのようですが、私にも不思議です。豊臣秀吉と黒田家との微妙な距離感を見ると余り島津氏にとってメリットがなさそうだし、又黒田家側から見てこの結婚でどんなメリットがあると考えていたのかパッと思い浮かびません。

寺沢家との破談も島津家側史料では「寺沢家がキリシタンだったから」としているようですが、どうもそれだけじゃないように考えています。寺沢広成はキリシタン史料から見る限りではそんな熱心な信者ではなかったようですし…。

対黒田・寺沢外交
桐野作人
ばんないさん、お久しぶりです。

寺沢広高がキリシタンなのかどうかも、じつは確認できていないのですが、少なくとも家中に無視できないキリシタン勢力がいたのでしょうね。

たしかにキリシタンだけが破談の理由ではないのかも知れません。
考えてみたら、官兵衛だってキリシタンですし、弟たちもキリシタン。黒田家との縁組も同様の理由で破談になってもおかしくないはず。

対黒田、対寺沢外交で共通するのは、島津氏の九州域内での安全保障対策かなと思っています。

黒田長政との縁組話はどうもだいぶ前から、もしかしたら秀吉存命中からあったかもしれません。
豊前中津の黒田家は九州における豊臣政権の総目付的な立場です。それと縁組することは島津氏にとって意義あることだったのではないかと思います。

寺沢氏についても、関ヶ原で勝利した徳川政権の九州における有力な旗頭だと思っていたかもしれませんが、黒田家ほどではないし、むしろ、長政との縁組が破談になったので、その次善の策として考えられた可能性高いです。
秀吉の奉行から家康にすり寄った寺沢が家康に信任されたとは思えません。実際、徳川政権下での寺沢の地位は徐々に低下しているように見えます。

ですから、義弘は家康との太いパイプがない寺沢家との縁組は安全保障上、あまり有効ではないという判断が義弘にあったのかもしれないですね。

いずれにしろ、広高にしては面子潰されたので面白くなかったはずです。
主君の屈辱を忖度し、その雪辱を期そうとした家来がいたとしても不思議ではありません。



ばんない
御回答ありがとうございました。
まず最初に「寺沢広」じゃなくて「寺沢広」ですね、訂正しておきます。

島津家から見ると、対豊臣or対徳川=対中央政権対策と言うことですか。なるほど。特に寺沢家との破談に至る推理が興味深いです。縁談をまとめてはみた物の、どうも寺沢家の中央政権(徳川家)における地位が思った程じゃなかったので、切支丹疑惑を持ち上げだしたり難癖を付けて破談させた可能性が高そうですね。

さてさて、黒田家や寺沢家から見て島津家との縁談ってメリットあったんでしょうか。寺沢家の場合、島津家は内情はともかくとして数十万石の大大名ですので家格向上に繋がるとでも考えたかも知れませんが。

コメントを閉じる▲
南日本新聞連載「さつま人国誌」第319回
―肥薩国境での駆け引き―

昨14日、連載が更新されました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は官兵衛と島津氏の対決の最後の回になります。
前回の日向口での戦いに続き、今回は肥後口での対陣について書きました。
こちらは官兵衛自身が国境まで来ています。加藤清正、鍋島直茂、立花宗茂らと同陣です。
これに島津方の義弘、忠長を合わせると、九州の戦国大名のオールスター勢ぞろいといっても過言ではありません。

本文でも書きましたが、立花宗茂が和睦調停役的な立場で奔走しています。
義弘に宛てた書状のなかで、徳川秀忠の来陣が予定されているので、早めに和睦したほうがいいと勧めています。
秀忠は関ヶ原決戦に遅参しただけに、汚名挽回の機会を望んでいたはずですから、九州への出陣も辞せずという気持ちだったと思います。
でも、結局、この出陣は実現しませんでした。
家康と島津方との和睦が予想以上に早く始まり、妥結しそうだったからかもしれません。何せ、徳川方は井伊直政、本多正信、山口直友らが島津方に同情的でした。これに近衛信尹なども協力していたからでしょう。

あるいはもっと単純に軍事的な理由があったと思います。
この時期、毛利輝元がまだ最終的に家康に従っていません。だから、秀忠は中国地方を通過するのが困難だったと思われます。その辺を読んだ家康が冬になるのを理由に官兵衛たちの撤退を命じ、和睦交渉に絞ったからでしょう。

次回は、官兵衛の息子長政と島津義弘との間で縁組が結ばれようとしていたことを書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/04/15 17:09】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第318回
―豊後で海戦、日向で攻勢―

連載が7日に更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は関ヶ原合戦における官兵衛・黒田家と島津氏の戦いについて書きました。
その舞台は豊後国東半島沖と、日向国境です。
国東半島の守江湾沖での黒田水軍と島津氏の船の海戦は拙著『関ヶ原 島津退き口』(学研M文庫)でも取り上げています。島津方の船二艘は不運でした。相手が能島衆だったのも運が悪かったかもしれません。
この海戦で捕虜になった水夫と女性たちを、のちに官兵衛が義弘に返還しています。これは島津・徳川の和睦交渉の時期ですから、その材料のひとつだったかもしれません。

日向口の戦いも、同上拙著でかなり詳しく書いています。
官兵衛が飫肥城主の伊東氏をうまく焚きつけています。伊東方の稲津掃部は島津義弘が退き口の帰途、佐土原に立ち寄ったのちも半年間国境で島津方と小競り合いをくり返します。

なお、拙著『関ヶ原 島津退き口』の案内もしておきます。
Amazonのここにあります。

次回は肥後口での官兵衛と島津氏の駆け引きを書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/04/09 11:09】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
龍馬の草稿発見というNHKのニュース。ここです。

あくまでニュースで公表されているかぎりでのコメントであることをお断りしておきます。
第一印象を率直に述べれば、草稿の内容にそれほどの新味は感じられない。

もう少し全文が見える形で紹介してくれたらいいけど、文中に中根雪江や村田巳三郎の名前も見えるから、福井藩側の中根雪江『丁卯日記』や本多修理『越前藩幕末維新公用日記』にある龍馬来福の記述と矛盾しないように思える。
両記によれば、龍馬(と岡本健三郎)が福井にやってきたのは慶応3年(1867)10月28日。山内容堂の書簡を持参してきたけど、8月25日付で内容がもう古くて緊急の用件でもないと、中根が春嶽に進言している。そしてその日夜、龍馬と応対したのは春嶽の側近、村田巳三郎。両記を読む限り、龍馬が春嶽とじかに会見しているとは思えない。緊急性、重要性がないという春嶽周辺の判断から。
龍馬が三岡八郎と会ったのは2日後の30日。三岡は朝、龍馬の旅館にやってきて7つ過ぎ(午後4時過ぎ)に辞去しているから、7、8時間は熟談した由。

三岡を新政府の財政担当者にと一次史料ではっきり書かれていたのは初めてかもしれないが、このときの会談の内容が三岡の回顧談か何かに書かれていなかったか? また龍馬が大政奉還直前の10月10日、後藤象二郎宛て書簡で江戸の銀座を京師に移すべしと強調して、幕府から新政府移行後の財政を考えていたのは間違いないから、その具体策として、知友の三岡の名前が挙がるのは十分考えられる。三岡との会見も龍馬が希望したものだろう。当時、三岡は春嶽の不興を買い謹慎中だったはず。だから、監視役が付いてきたのを「悪者」云々と言っているのだろう。

余談だが、『越前藩幕末維新公用日記』によれば、龍馬が村田と会談した席上、新政府の人事案のひとつとして、徳川慶喜を関白とし、諸侯のふさわしい人物を両役(議奏・武家伝奏)として慶喜を補佐させるという構想を述べている。暗に土佐藩は春嶽を両役の一人に推挙したいというわけだろう。
もっとも、これは龍馬の本音と思えず、慶喜に同情的な春嶽の意向を察して、福井藩を後藤ら土佐藩の藩論に接近させようという意図だろう。
春嶽は大政奉還には賛成でも、後藤ら藩士が構想する議事院設立には反対だった。要は新政府は慶喜を含めた有力諸侯で構成すべきで、後藤ら藩士の出る幕ではないと考えていた。そうした春嶽をいただく福井藩を何とか土佐藩の支持者にしたかったのが後藤ら在京土佐藩重役たち。龍馬はその意向を受けて福井に行ったはず。その名分が容堂の古い書簡だったと思われ、むしろ本題は新政府の財政よりもそっちじゃなかったか?

なお、龍馬に最初に応対した村田巳三郎とはおそらく文久年間からの知り合い。
余談ながら、私も村田宛ての龍馬の新出書簡を数年前紹介したことがある。龍馬の応対役に村田が出てきたのは自然だと思う。

龍馬草稿の内容から脱線してしまいました。悪しからず。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/04/07 21:45】 | 幕末維新
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」第317回
―根白坂で島津勢を撃退―

ちょっと告知が遅くなりましたが、3月31日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回から今年の大河ドラマの主人公黒田官兵衛について3回にわたり書く予定です。
第1回は天正15年(1587)、豊臣秀吉の九州陣、豊後・日向口での官兵衛と島津氏の駆け引きと戦いについて書きました。
島津氏と官兵衛の接点は思ったよりずっと多いです。九州陣はもちろん、関ヶ原合戦は地理的な理由もあって激しく交差しています。
今回は豊富軍の先鋒としての官兵衛の知略の一端を紹介しました。
次回は関ヶ原合戦での島津義弘の退き口に立ちはだかった黒田水軍と日向口での戦いについて書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/04/04 01:40】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |