歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」が本日更新になりました。
連載もとうとう350回を迎えました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

「宝暦治水」の総奉行で、家老の平田靱負は工事完了後、自刃したといわれてます。
しかし、自刃を裏付ける史料はなく、むしろ、病死したと思わせる史料が残っています。
今回はそれを紹介しました。

なお、前回(第349回)の分も告知し忘れておりました。

第349回:小根占港で外国船の戦闘―鉄炮で日本人が戦死―

戦国時代、鉄炮伝来直後、現在の根占港で起きた中国船同士の戦闘についてです。
根占の出身と思われる池端弥次郎重尚が鉄炮で撃たれて戦死しました。
もしかしたら、鉄炮で亡くなった最初の日本人かもしれません。

「平田靱負の死」とご併読下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2014/12/22 20:37】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
選挙報道のため、本日の掲載はお休みになりました。
次回は22日です。
お楽しみに。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/12/15 19:42】 | 信長
トラックバック(0) |
久しぶりの新刊案内です。
今月9日発売です。

3年前に刊行した同名単行本が文庫になりました。
Amazonの告知はここです。
まだ表紙写真が掲載されていないので、載せときます。
織田信長

織田信長―戦国最強の軍事カリスマ
新人物文庫 KADOKAWA
2014年12月刊
総頁数744頁
定価1200円+税(現在、1296円)

文庫なのに定価が高くて申し訳ありませんが、何せ3冊分ほどの分量があるのです。
背の暑さは30ミリもあります。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/12/04 18:58】 | 信長
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」、1日に更新しました。

第348回「黒川崎の合戦と鉄炮―島津方に種子島勢が加勢」

詳しくは、ここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

わが国で鉄炮の実戦使用の文献上の初見は、天文18年(1549)、大隅加治木での黒川崎合戦です。

この合戦でどちらが鉄炮を使用したについて、従来、肝付方だとされてきましたが、種子島氏と姻戚関係にある島津方のほうの可能性が高いと思っていました。
それを裏付ける史料を『種子島家譜』で見つけたので、記事にした次第です。
島津貴久の義弟にあたる種子島時堯が島津方に援軍を送っており、種子島勢はかなり活躍したことがわかります。
島津方に加勢した種子島勢が鉄炮を使用したとみたほうが自然な理解だと思います。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2014/12/03 14:43】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |