歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」26日に更新しました。

第355回:野井倉甚兵衛と開田事業―苦節40年、難工事完成―

同紙サイトのここか、右rのリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

大隅半島の旧・有明町(現・志布志市)にある蓬田台地と野井倉台地の開拓に生涯を捧げた野井倉甚兵衛と馬場藤吉の永年にわたる苦闘について書きました。

次回から、島津歳久を書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2015/01/29 11:03】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」が更新されました。

第353回です。
詳しくは、同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をご覧下さい。
梅北国兼らが佐敷城を占領してから潰滅するまでの3日間を描きました。
まことにあっけない幕切れでした。
次回はこの一揆の性格や背景を考えます。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング


【2015/01/14 15:22】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
南日本新聞連載「さつま人国誌」が5日に更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は、秀吉の朝鮮出兵の劈頭に起きた反乱である梅北一揆を取り上げました。
その原因や背景も含めて非常に興味深い事件です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2015/01/08 10:41】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
てらこや体験講座のお知らせです。

古文書塾てらこやで、現在、「大久保利通の手紙を読む」の講座を継続しています。
来る13日(火)、新しい受講者のための体験講座を開きます。
今回は少し趣向を変えて、ユニークな史料を読んでみたいと思います。

日時:1月13日(火)19:00~20:30
会場:日比谷図書文化館 4Fセミナールーム
詳しくは、ここをご覧下さい。

①島津斉彬のローマ字日記

②水戸斉昭の神発文字

島津斉彬は蘭学に大変興味を示し、オランダ語の学習も少し行い、ローマ字を会得しました。
当時、藩内ではのちにお由羅騒動と呼ばれる抗争もあり、機密保持のため、ローマ字を使った手紙や日記を残しています。今回はその一部を読んでみます。

水戸斉昭も同様で、こちらは攘夷派の本家として、神発文字なるものを考案しました。
じつのところ、乱数表をもとにした暗号文です。
この乱数表も残っているので、それを見ながら、解読してみます。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さい↓↓↓
人気ブログランキング

【2015/01/06 00:16】 | てらこや
トラックバック(0) |
新講座のご案内です。

名古屋の中日文化センター講座「信長公記を読み解く」を長らく続けてきましたが、昨年12月で終了しました。
今年1月からは、新たに講座「秀吉の伝記『天正記』を読み解く」を始めます。
筆者は大村由己(おおむら・ゆうこ)で、豊臣秀吉の伝記のなかでは、もっとも信頼が置けるとされる記録です。

講座は毎月第4木曜日の開講です。
第1回は1月22日13:00~14:30。
演題は「大村由己『天正記』とは? 播磨別所記①」です。

興味のある方(とくに東海地方ですが)は受講してみませんか。

講座内容、申し込み方法など詳しくは同センターのサイトのここをご覧下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング


【2015/01/06 00:02】 | 中日文化センター
トラックバック(0) |
新しい年を迎えました。
本年もよろしくお願いします。

といっても、なかなか更新できず、心苦しい限りです。

とりあえず、昨年末の連載「さつま人国誌」の記事2本を紹介しておきます。

第350回:平田靱負の死―激務と吐血の病死説―

第351回:島津貴久、危機一髪―園田清左衛門の機転―

とくに350回は、自刃したとされる宝暦治水の総奉行、平田靱負がじつは病死したと思われることを取り上げました。
これはすでにある程度知られていたことですが、鹿児島ではほとんど書かれたことがなかったと思います。
宝暦治水については、岐阜や愛知など地元での研究がかなり進んでいます。鹿児島でも参考にすべきではないかと思います。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さい↓↓↓
人気ブログランキング




【2015/01/03 00:48】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。