歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」、28日に更新。

第384回:島津軍の豊後府内占領―城下焼き尽くし、乱取りも―

同紙サイトのここをクリックすればご覧になれます。

いよいよ大友氏の本拠、豊後府内に島津家久勢が乱入します。
家久らが府内に在陣したのは3カ月ほど。
その間に何があったかを書きました。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2015/09/30 22:55】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
①「戦国島津氏の軌跡―四兄弟を中心に―」(千代田サテライト教室)
開講までいよいよあと1カ月ほどになりました。10月10日(土)から月1で講座「戦国島津氏の軌跡―四兄弟を中心に―」を始めます。各回、島津四兄弟+日新斎・貴久+豊久がテーマ。
詳しくは、ここをご覧下さい。

②「信長公記を読む」(三鷹サテライト教室)
いよいよ最終の巻15、天正10年に入ります。10月16日(金)から月1での6回講座。武田旧領を含めた東国仕置を含め甲州陣を4回、信長への三職推任、四国国分など。
詳しくは、ここをご覧下さい。

③「信長と黒田官兵衛―播磨攻めの信長文書を中心に―」(千代田サテライト教室)
【連続講座】古文書を読む全7回講座のうち、12月5日の第5回です。昨年の大河ドラマでも描かれた信長と官兵衛の関係について。全7回でも、関心のある個別講座の受講でも可。
詳しくは、ここをご覧下さい。

↓↓↓是非ここをクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2015/09/07 01:26】 | 武蔵野大学社会連携センター
トラックバック(0) |
鹿児島市宝山ホールでの恒例となった秋期講演のお知らせです。

日時:9月26日(土)13:00開場、13:30開演。
演題:「『花燃ゆ』と薩長同盟―若き志士たちの情熱―」

大河ドラマ「花燃ゆ」では、すでに薩長同盟締結の場面は終わってしまいました。
重要な関係人物である小松帯刀が登場しなかったり、締結のいきさつも簡略に描かれていました。
では、実際の薩長同盟の締結とはどうだったのか?
その前提となる背景、締結日、締結場所、交渉のいきさつなど、あまり知られていないので詳しくお話しする予定です。

応募要領など詳細は、ここをご覧下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2015/09/03 10:08】 | イベント
トラックバック(0) |


かんな
桐野先生、お久しぶりでございます。
9月26日はどうにか有休が取れそうなので、
何とかいけると思います。
楽しみにしております。

ご参加御礼
桐野作人
かんなさん、お久しぶりです。
26日、参加できそうとのこと。
有難うございます。
当日は『さつま人国誌』の新刊も受付付近ではつばいされる予定です。
またお会いしましょう。

コメントを閉じる▲
来る10月4日(日)、JR大垣駅の発着で、島津の退き口の跡をたどるものです。
詳しくは、ここをご覧下さい。

関ヶ原盆地にある島津義弘陣地を出発点にして、烏頭坂や牧田街道沿いの島津豊久の史跡をめぐり、最後は宝暦治水で知られる治水神社を参拝するコースです。

ただの史跡ツアーではなく、史実と伝説のはざまを考えていくツアーにしていくつもりです。
とくに、関ヶ原の小池村にある義弘本陣の位置の疑問、島津豊久の最期の地はどこか、また牧田街道沿いに点在する「豊久伝説」はどのようにして形成されたのかといった点について、史料をもとに考えていきます。

東海、関西地方以外の方々には参加が難しいかも知れませんが、島津の退き口に関心ある方のご参加をお待ちしています。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

【2015/09/02 16:48】 | 戦国島津
トラックバック(0) |

豊久伝説
ばんない
ごぶさたしております。

ご案内のコースは6年前(だったか?)ママチャリ+路線バスで爆走したコースで懐かしいです。内容も非常に気になるものですが、日程的に参加は無理ですね(涙)
しかし、豊久の墓はともかくとして、あの関ヶ原の島津本陣も怪しいのですか…愕然

ところで、豊久の墓のある辺りまで観光バスは入れましたっけ?道路幅が狭かったような記憶…。

島津陣
桐野作人
ばんないさん、お久しぶりです。

伝・豊久の墓については、永吉島津家にいい史料が残っていて、「伝説」成立事情がほぼつかめました。
豊久の墓については、一昨年も似たようなバスツアーしたとき、近くの駐車場に止められました。かなり整備が進んでいるようです。

小池の義弘本陣跡ですが、義弘の伝記「惟新公関原御合戦記」に具体的な記述があります。
先陣の豊久の陣所も小池本陣よりも後方、義弘本陣にいたっては、北国脇往還の北側とありますから、笹尾山からかなり後方になりますね。

re:豊久伝説
ばんない
こんにちは。

>伝・豊久の墓については、永吉島津家にいい史料が残っていて、「伝説」成立事情がほぼつかめました。
ものすごくそのツアー行きたいんですが…(^^;)
ただツアー開催日がうちの子の運動会予定日…運動会蹴って参加したら後の人生に差し障りがあるのが目に見えてるので、参加はやっぱり無理ですね(涙)
いつの日か何らかの媒体でその辺の話が聞けることを期待しています。

>小池の義弘本陣跡ですが、義弘の伝記「惟新公関原御合戦記」に具体的な記述があります。
その辺流し読みしていたのか、記憶が曖昧です。今度読み直してみます。ありがとうございました。

残念です
桐野作人
ばんないさん、
前から一度お会いしたいと思っていましたが、運動会ならしかたありませんね。
またの機会に。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。