歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大河ドラマ「風林火山」第11回。

ようやく武田家中が信虎追放に向かって動き出した。
板垣・甘利・飯富らの譜代重臣が密談している場面があった。そのなかで、飯富が天文5年(1536)の前島一門処断の件で武田家奉行衆が退転したことを他人事のように述べていたが、本来なら家中を揺るがす一大事件のはずである。

奉行衆というのは、武田家の職制では両職(当該期は板垣信方と甘利虎泰か)に次ぐ重職で、公事奉行と勘定奉行の二つがあるが、この一件の場合、訴訟沙汰に関わる公事奉行が該当するのではないか。

不勉強で、このとき退転した奉行衆が誰だか知らないが、これら奉行衆は武田氏屋形である信虎の側近衆であり、本来、甲斐武田氏の根本被官のうちの有力者がつとめるはずである。
わかりやすくいえば、跡部氏とか長坂氏などに代表される人々ではないかと思われる。
彼ら奉行衆の退転は、信虎が代表する大名武田家の「公儀」が公正を担保できないことへの強烈な不信感の表明だと思われる。
自家の根本被官にさえ、このような実力行動に出られるのだから、武田家中の内部危機は相当深刻だったはずである。

そのあたりの家中の内紛を描いたならば、ドラマにもっと迫真性が生まれたはずである。また信虎がそうした家中の矛盾を外に転化するために外征に熱心で、その勝利の果実によって家中を慰撫するという、なりふりかまわぬ方法をとったとしたほうが、譜代老臣たちの信虎追放への合意形成により説得性が出たのではないかと思うが、例によって、父子相剋に事態を矮小化、単純化したのが惜しまれる。

前回の海ノ口城の戦いで、山本勘助がまったく必然性のない軍師的役割をつとめたあたりから気になっていたのだが、ドラマのメインストーリーにおいて、勘助が関与する必要のない場面でも、無理やり関わらせようとする傾向が目立つようになった気がする。

今回の真田幸綱との別れもそうだし、次回の追放された信虎の出迎え役に勘助が任命されるという噴飯事もそうである。今川家はしかるべき家臣を出迎えさせないと、礼を失すると思うのだが……。勘助は牢人だぞ。

以前、といっても20年以上前だろうか。「黄金の日日」という大河ドラマがあった。これも堺衆の視点から戦国時代を描くという面白い作品だったが、いつも重大な場面で、主役の呂宋助左衛門がからんでくるのである。
金ヶ崎の退き口で秀吉に玉薬を届け、杉谷善住坊の狙撃も邪魔し、安土城の青瓦を製作したり、干殺しにされている鳥取城に潜入して無駄に兵粮を食いつぶしたり、細川ガラシャを助けたり、挙句は本能寺の変でも信長に会いに行こうとしたり……という具合である。あまりにも同じパターンがくり返されるので、途中からイヤになった。

私は、この手の必然性のないパターンの連続を、主役の出しゃばり症候群と呼んでいて、とくに史料が少ない主役の場合にとられる手法で、致し方ない面もあるものの、思わず「おいおい」と言いたくなるような、ドラマのリアリティを極端に削ぐ逆効果をもたらしてくれる。

近年の大河では、「利家とまつ」にその傾向が顕著だった。何せ、清洲会議に前田利家が登場するし、富山城にこもる佐々成政を説得するために、まつが豪雪の中、一人で!出かけるのだもの(大笑)。

勘助も史料が少なく、その足跡がわからない点が多いだけに、この症候群が発症する可能性がかなり高くなるだろう。
これが、このドラマの死命を制することになるかもしれない。

スポンサーサイト

【2007/03/11 23:37】 | 風林火山
トラックバック(1) |

メチャクチャ面白いです
吉田松陰大好き
『でしゃばり症候群!』、勘助は『牢人!』と、メッチャおもろいです。牢人なら、どの様に信虎を迎えるのでしょうねぇ。ワクワクします!昨年の山内一豊が明智光秀の最期を見届けたのも面白かったです。あまり詳しい事は分かりませんが、千代は大阪城で人質となったんでしたっけ?ガラシャは最後まで抵抗しましたが、ドラマの千代も最後まで抵抗し、人質になっていませんでしたが詳細をお聞かせ願います。


吉田松陰大好き
そーいえば、ミツが出てきて良かったですね!http://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8D2.gif" alt="" width="12" height="12">カンパ~イhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8D2.gif" alt="" width="12" height="12">2,3秒程でしたが、念願が叶って本当におめでとうございます!DVD等に納めしたか?12月の総集編までかなり時間がありますよ!土曜日がチャンスですね。

ドラマ
小池
歴史をドラマ、小説化する難しさですね。視聴者、読者にうんなるほどと思わせるうそ(ホラ)をつける人が、良い脚本家であり、小説家なんでしょうか


桐野
>吉田松陰大好きさん

大河「功名が辻」では、千代は大坂城で人質になっていましたね。これは山内家に限らず、大名すべてがそうでした。

ミツが回想シーンで出てきましたけど、セリフはなく、しかも静止画だったような。もっと見たいですけどね。「花より男子」2でも、出番が少なくて残念です。

>小池さん

そうなんですよね。おおかたを唸らせるというか、異論を挟ませないような「うそ」が大事だと思います。
それは多分に一般的な合理性と、歴史ならば、その時代の価値観の本質を見抜く力が必要ではないかと思います。
今年の大河は出だしはよかったのですが、付け焼き刃だったかもというか、メッキがはげなければよいがと、少し心配してます。



功名が辻
吉田松陰大好き
御言葉を返し、申し訳ありませんが、千代は豊臣方の要請をことごとく断っていましたが、それでも引かない豊臣方に、一豊の言う事しか聞かない!と、仕舞には屋敷に火をかけようと最後まで抵抗していましたよ(ドラマでは)。史実と異なりますが、主役だから決めていましたね。『花より男子』という素晴らしいドラマを御覧になっているんですね。さぞ、熱が入っている事と思います。下剋上を起こして主役の座を取ればいいのに。しほりちゃんは演技が上手いから、これからドンドン出てくると思いますよ!桐野様のメロメロ時代が到来しそうですねhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12">

でしゃばり大歓迎
タカシ
私もお言葉を返し、申し訳ありませんが(笑)、私は風林火山をノンフィクションとしては見ていないので、いろいろな表情(特に目)を見せてくれる勘助のでしゃばり大歓迎。
そして、大森脚本がビシバシ伏線を張っているところを
いつ、あ、そうかと自分が気がつくのかと興味津々。
一言の台詞も聞き逃さないよう、しっかり見ているので、かなり疲れる。 これで勘助の出番が少なかったら、完全にキレル。 私にとって勘助は癒し系だもんで(笑)
タイトルロールに「ミツ」と出た時点でなんか感動してしまった。勘助が形見の眼帯をきれいな布で包み、大切に持っていることにもジーン。

タカシさんも凄いです
吉田松陰大好き
勘助がキレイな布で眼帯をくるんでいたなんて気付きませんでした。相当念入りに御覧になられている様で、風林火山のスタッフ一同『しめしめhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F99B.gif" alt="" width="12" height="12">』と思っていますよ~。私も【ミツ】のタイトルを見て「オッ!」と手を叩いて喜んでいました(桐野様にカンハ~゚イhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8D2.gif" alt="" width="12" height="12">と思っていたのでhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F9A4.gif" alt="" width="12" height="12">)。でも、ドラマの終盤、忘た頃に2,3秒出て「あっ、そうか」と思い出しましたhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F99C.gif" alt="" width="12" height="12">。静止状態ですが、正に《乙女の微笑み》だなと、男であれば何度でも見たくなる程キュートに思えましたよhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F992.gif" alt="" width="12" height="12">やはり、土曜日がチャンスです!

千代と眼帯の話
かわい
 あ、別に千代が眼帯してたとかいうネタじゃありませんから(笑)。

>吉田松陰大好きさん
 余計なお節介ではありますが、それはちとお心得違いかと思います。諸大名の大坂屋敷は西軍の統制下にあり、千代も勝手に出入りできないから止まっていたわけで、人質になっていなかったわけではありません。西軍は細川家の一件で城内への収容こそ諦めましたが、在宅でも人質になっていたことには違いないのです。
 ま、ドラマでの千代の抵抗は作り話ですから、そのあたりはいくら格好よく作ってもらってもかまわないわけですが、この場合は人質として毅然かつ大胆に抵抗して見せたと解釈するのが無難ではないかと思います。

>タカシさん
 私の見間違いでなければ、予告の信虎に斬りかかるシーンでは、勘助は鮑眼帯をあの草鞋眼帯に掛けかえてましたね。勘助のミツへの思いを象徴するあの眼帯、その後どうなるのか気になりますね。結果を先取りすれば、勘助は信虎を斬らないわけですし、今後は期するところがあるときにかけて勘助大活躍、みたいな使い方を期待したいところです(ウルトラセブンかい(笑))。

かわい様、感謝致します。
吉田松陰大好き
なるほど!そういう事でしたか。先のコメントでは、大変失礼を致しました。専門家からのアドバイスは為になります。事に意見する上、それを上回る答えを頂けて、意見する甲斐があります。御丁寧にありがとうございました。大変スッキリし、ルンルン気分になっておりますhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F89F.gif" alt="" width="12" height="12">

見方もいろいろ
桐野
タカシさん、はじめまして。

私も別にノンフィクションとして見ているわけではないです。そもそも、勘助の史料が少ないので、ノンフィクションは成立しないと思います。

要は、わかっている史実や信頼できる史料をどの程度活用するかというところが脚本家の手腕でしょうね。
その際、想像や創作が介在しても全然かまわないわけで、問題はそれがどれだけの説得性(これも人さまざまでしょうが)をもつかでしょう。
タカシさんは説得性があるというか満足されている。一方、私はまだまだ煮詰め方が足りない、もっと史実や史料を活かす余地があるぞという立場。
まあ、価値観の違いですから、致し方ありません。

もちろん、史実や史料をほとんど無視するやり方もありますし、一概に否定はしませんが、でも、それはあまり歴史ドラマという範疇で見ないほうがいいかもしれません。


タカシ
桐野様、ご指摘ありがとうございます。 確かにエンタティンメントは、個々人の感性の問題。受け入れるか受け入れ難いか、楽しめるか楽しめないかも人それぞれですね。
大森氏が書物、土地に伝わる話等を元に、いわば力技で創り上げた勘助の放浪時代はあと一話で終わり、いよいよ小説「風林火山」の世界に突入します。 どうしても小説に縛られてくるでしようから、失速しないことを祈るばかりです。

『花より男子』の松田君にチョット
吉田松陰大好き
松田優作の子(下の名前が分からない為、以降「松田君」)が出演の映画【長州ファイブ】を先月観て、大変感動しました。演技が良いhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F89F.gif" alt="" width="12" height="12">(序盤の生麦事件の緊迫感も良かった)。松田君は「工業の父:山尾庸三(ようぞう)1837~1917」で、造船技術を得た他、日本初の聾(ろう)学校を創った。聾学校の事は全く知らず、イギリス留学で手話に出会った模様。松陰の弟『敏三郎(1845~1876)』は、どうやら聾者らしい。手話に出会い、学校を創る程、庸三の松陰に対する恩恵の念や、師弟関係の絆の深さを感じ、大変感動しました。お勧め映画です。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
メチャクチャ面白いです
『でしゃばり症候群!』、勘助は『牢人!』と、メッチャおもろいです。牢人なら、どの様に信虎を迎えるのでしょうねぇ。ワクワクします!昨年の山内一豊が明智光秀の最期を見届けたのも面白かったです。あまり詳しい事は分かりませんが、千代は大阪城で人質となったんでしたっけ?ガラシャは最後まで抵抗しましたが、ドラマの千代も最後まで抵抗し、人質になっていませんでしたが詳細をお聞かせ願います。
2007/03/12(Mon) 00:58 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
そーいえば、ミツが出てきて良かったですね!http://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8D2.gif" alt="" width="12" height="12">カンパ~イhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8D2.gif" alt="" width="12" height="12">2,3秒程でしたが、念願が叶って本当におめでとうございます!DVD等に納めしたか?12月の総集編までかなり時間がありますよ!土曜日がチャンスですね。
2007/03/12(Mon) 01:27 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
ドラマ
歴史をドラマ、小説化する難しさですね。視聴者、読者にうんなるほどと思わせるうそ(ホラ)をつける人が、良い脚本家であり、小説家なんでしょうか
2007/03/12(Mon) 16:47 | URL  | 小池 #PoWRB6fw[ 編集]
>吉田松陰大好きさん

大河「功名が辻」では、千代は大坂城で人質になっていましたね。これは山内家に限らず、大名すべてがそうでした。

ミツが回想シーンで出てきましたけど、セリフはなく、しかも静止画だったような。もっと見たいですけどね。「花より男子」2でも、出番が少なくて残念です。

>小池さん

そうなんですよね。おおかたを唸らせるというか、異論を挟ませないような「うそ」が大事だと思います。
それは多分に一般的な合理性と、歴史ならば、その時代の価値観の本質を見抜く力が必要ではないかと思います。
今年の大河は出だしはよかったのですが、付け焼き刃だったかもというか、メッキがはげなければよいがと、少し心配してます。

2007/03/12(Mon) 19:48 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
功名が辻
御言葉を返し、申し訳ありませんが、千代は豊臣方の要請をことごとく断っていましたが、それでも引かない豊臣方に、一豊の言う事しか聞かない!と、仕舞には屋敷に火をかけようと最後まで抵抗していましたよ(ドラマでは)。史実と異なりますが、主役だから決めていましたね。『花より男子』という素晴らしいドラマを御覧になっているんですね。さぞ、熱が入っている事と思います。下剋上を起こして主役の座を取ればいいのに。しほりちゃんは演技が上手いから、これからドンドン出てくると思いますよ!桐野様のメロメロ時代が到来しそうですねhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F991.gif" alt="" width="12" height="12">
2007/03/13(Tue) 02:52 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
でしゃばり大歓迎
私もお言葉を返し、申し訳ありませんが(笑)、私は風林火山をノンフィクションとしては見ていないので、いろいろな表情(特に目)を見せてくれる勘助のでしゃばり大歓迎。
そして、大森脚本がビシバシ伏線を張っているところを
いつ、あ、そうかと自分が気がつくのかと興味津々。
一言の台詞も聞き逃さないよう、しっかり見ているので、かなり疲れる。 これで勘助の出番が少なかったら、完全にキレル。 私にとって勘助は癒し系だもんで(笑)
タイトルロールに「ミツ」と出た時点でなんか感動してしまった。勘助が形見の眼帯をきれいな布で包み、大切に持っていることにもジーン。
2007/03/13(Tue) 11:15 | URL  | タカシ #frUh5rcM[ 編集]
タカシさんも凄いです
勘助がキレイな布で眼帯をくるんでいたなんて気付きませんでした。相当念入りに御覧になられている様で、風林火山のスタッフ一同『しめしめhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F99B.gif" alt="" width="12" height="12">』と思っていますよ~。私も【ミツ】のタイトルを見て「オッ!」と手を叩いて喜んでいました(桐野様にカンハ~゚イhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8D2.gif" alt="" width="12" height="12">と思っていたのでhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F9A4.gif" alt="" width="12" height="12">)。でも、ドラマの終盤、忘た頃に2,3秒出て「あっ、そうか」と思い出しましたhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F99C.gif" alt="" width="12" height="12">。静止状態ですが、正に《乙女の微笑み》だなと、男であれば何度でも見たくなる程キュートに思えましたよhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F992.gif" alt="" width="12" height="12">やはり、土曜日がチャンスです!
2007/03/13(Tue) 14:03 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
千代と眼帯の話
 あ、別に千代が眼帯してたとかいうネタじゃありませんから(笑)。

>吉田松陰大好きさん
 余計なお節介ではありますが、それはちとお心得違いかと思います。諸大名の大坂屋敷は西軍の統制下にあり、千代も勝手に出入りできないから止まっていたわけで、人質になっていなかったわけではありません。西軍は細川家の一件で城内への収容こそ諦めましたが、在宅でも人質になっていたことには違いないのです。
 ま、ドラマでの千代の抵抗は作り話ですから、そのあたりはいくら格好よく作ってもらってもかまわないわけですが、この場合は人質として毅然かつ大胆に抵抗して見せたと解釈するのが無難ではないかと思います。

>タカシさん
 私の見間違いでなければ、予告の信虎に斬りかかるシーンでは、勘助は鮑眼帯をあの草鞋眼帯に掛けかえてましたね。勘助のミツへの思いを象徴するあの眼帯、その後どうなるのか気になりますね。結果を先取りすれば、勘助は信虎を斬らないわけですし、今後は期するところがあるときにかけて勘助大活躍、みたいな使い方を期待したいところです(ウルトラセブンかい(笑))。
2007/03/13(Tue) 17:18 | URL  | かわい #b7R9Co7w[ 編集]
かわい様、感謝致します。
なるほど!そういう事でしたか。先のコメントでは、大変失礼を致しました。専門家からのアドバイスは為になります。事に意見する上、それを上回る答えを頂けて、意見する甲斐があります。御丁寧にありがとうございました。大変スッキリし、ルンルン気分になっておりますhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F89F.gif" alt="" width="12" height="12">
2007/03/13(Tue) 19:58 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
見方もいろいろ
タカシさん、はじめまして。

私も別にノンフィクションとして見ているわけではないです。そもそも、勘助の史料が少ないので、ノンフィクションは成立しないと思います。

要は、わかっている史実や信頼できる史料をどの程度活用するかというところが脚本家の手腕でしょうね。
その際、想像や創作が介在しても全然かまわないわけで、問題はそれがどれだけの説得性(これも人さまざまでしょうが)をもつかでしょう。
タカシさんは説得性があるというか満足されている。一方、私はまだまだ煮詰め方が足りない、もっと史実や史料を活かす余地があるぞという立場。
まあ、価値観の違いですから、致し方ありません。

もちろん、史実や史料をほとんど無視するやり方もありますし、一概に否定はしませんが、でも、それはあまり歴史ドラマという範疇で見ないほうがいいかもしれません。
2007/03/14(Wed) 00:06 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
桐野様、ご指摘ありがとうございます。 確かにエンタティンメントは、個々人の感性の問題。受け入れるか受け入れ難いか、楽しめるか楽しめないかも人それぞれですね。
大森氏が書物、土地に伝わる話等を元に、いわば力技で創り上げた勘助の放浪時代はあと一話で終わり、いよいよ小説「風林火山」の世界に突入します。 どうしても小説に縛られてくるでしようから、失速しないことを祈るばかりです。
2007/03/14(Wed) 10:36 | URL  | タカシ #/2CD/BNk[ 編集]
『花より男子』の松田君にチョット
松田優作の子(下の名前が分からない為、以降「松田君」)が出演の映画【長州ファイブ】を先月観て、大変感動しました。演技が良いhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F89F.gif" alt="" width="12" height="12">(序盤の生麦事件の緊迫感も良かった)。松田君は「工業の父:山尾庸三(ようぞう)1837~1917」で、造船技術を得た他、日本初の聾(ろう)学校を創った。聾学校の事は全く知らず、イギリス留学で手話に出会った模様。松陰の弟『敏三郎(1845~1876)』は、どうやら聾者らしい。手話に出会い、学校を創る程、庸三の松陰に対する恩恵の念や、師弟関係の絆の深さを感じ、大変感動しました。お勧め映画です。
2007/03/17(Sat) 03:02 | URL  | 吉田松陰大好き #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
風林火山ですが、いよいよ武田信虎(仲代達矢)駿河追放ということになるようです。武田晴信(市川亀治郎)は腹心・板垣信方(千葉真一)にその意を告げ、板垣は武田家臣団を説得します。一方その頃、主役の山本勘助(内野聖陽)は駿河で飲んだくれており、世捨て人のような
2007/03/13(Tue) 00:24:21 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。