歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
そろそろ発売されているはずの歴史読本誌6月号。

小生の連載「信長―狂乱と冷徹の軍事カリスマ―」が42回目にして最終回を迎えました。
じつに3年半の長きにわたってご愛読いただき、有難うございました。

最終回はもちろん、本能寺の変と信長の最期です。
限られた枚数で目一杯書いてみました。
読んでいただければ有難いです。

なお、今月号の特集は「大研究! 幕末の諸隊と組織」です。
幕末に叢生したいろいろな団体が登場します。

ちなみに、歴史読本来月号(7月号)は久々の本能寺の変特集です。
今月号の巻末に予告が出ておりますが、あらゆる論点を網羅したうえ、自分も執筆者なのに手前味噌で恐縮ですが、考えうる最適の執筆者をそろえています。読み応えがあると思います。次号も注目です。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2011/04/24 11:19】 | 信長
トラックバック(0) |

連載お疲れ様でした。
惟宗
桐野さん、「信長」連載お疲れ様でした。単行本化が楽しみです。
 私の問題関心なのですが、来月の『歴読』特集「本能寺の変」での桐野さんの論稿が注目です。

来月号
桐野
惟宗さん

来月号は私も楽しみにしております。
おそらく、これまでの本能寺の変をテーマにした雑誌企画では、もっとも充実したものではないかと思っています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
連載お疲れ様でした。
桐野さん、「信長」連載お疲れ様でした。単行本化が楽しみです。
 私の問題関心なのですが、来月の『歴読』特集「本能寺の変」での桐野さんの論稿が注目です。
2011/04/24(Sun) 17:40 | URL  | 惟宗 #22hNL7Yc[ 編集]
来月号
惟宗さん

来月号は私も楽しみにしております。
おそらく、これまでの本能寺の変をテーマにした雑誌企画では、もっとも充実したものではないかと思っています。
2011/04/24(Sun) 23:26 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック