歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先日の日曜日、22日午後から江戸川区の東葛西図書館での講演に出講。

震災で一度延期になっていた。

応募状況もよかったらしく、すぐ定員に達したという。
有難いかぎり。

テーマは「お江と信長・秀吉」。
家康がないのは、時間の関係で触れられないと思ったから。

江の出生場所と3度の結婚を中心に話した。
伏見城にいる江が秀忠が心配で江戸に帰りたいと家康に嘆願したという史料も紹介した。

受講のみなさんには熱心に聴いていただいたが、このところ、喉が痛くて声がおかしくて申し訳なかった。

当日、いろいろお世話いただいた東葛西の図書館の職員のみなさんにお礼申し上げます。また、企画立案段階から打ち合わせや連絡でお世話になった市野澤さんにもお礼申し上げます。
同図書館は新しい建物で、明るくて広く、蔵書数も多そうだった。区立中央図書館ではないのに、かなりの充実ぶりである。拙宅の最寄りの区立図書館とはくらべものにならないと感じた。

終了後、何人かの方から挨拶される。
私が選考委員をしている文芸賞の受賞者の方とか、昨夏、京王プラザホテルであった「龍馬シンポ」の参加者の方も覚えていて下さり、受講されたとか。有難いかぎりである。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2011/05/25 17:29】 | イベント
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。