歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日6日の読売新聞夕刊の大きな記事。
ここです。

京都発の記事です。
狩野永徳が描いたとされ、大徳寺が所蔵する信長肖像画。
数ある信長の肖像画のなかで、もっともリアルだといわれています。

その肖像画を調査したところ、その下地に別の信長肖像画が描かれていることが判明しました。
記事にあるとおり、派手な衣装で大刀も帯びている信長です。

じつは、この肖像画を分析した論文へのコメントを担当記者から求められました。
しかし、残念ながら上記のネット版記事では省略されています。
大阪版、東京版の紙面にはちゃんと掲載されているようです。

私のコメント部分の前後のみを抜粋しますと、

秀吉が書き直しを命じたとすれば、どんな意図があったのか。
歴史作家の桐野作人さんは「天皇から桐紋を賜った秀吉が、信長の桐紋を目立たなくすることで、自分の権力を誇示したのでは」と推測する。


口頭でしゃべり、要点は2点だったのですが、長い話だったせいか、紙数の関係で1点は削除されたようです。
補足しておきますと、

書き直される契機があるとすれば、やはり秀吉の天正寺建立に向けたものではないのか。
秀吉は大徳寺総見院の造作が気に入らず、立て直すことを考えます。それが大徳寺から独立した天正寺構想です。
信長の三回忌当日、秀吉から古渓宗陳に宛て、天正寺建立のため多量の金銀・米が与えられています。それに合わせて、秀吉が描き直しを命じたのかもしれません。
なお、天正寺は構想のみで、建立されませんでした。

あと、私のコメントで桐紋について触れました。
最初の肖像画では、桐紋は大きく目立つように描かれているのに対し、書き直されたものは地味で目立たなくなっています。
その違いをコメントのように解釈したわけですが、前提条件が省かれていますので、補足しておきます。
ひとつは、秀吉への桐紋授与がいつ、誰からなのか不明なこと。
もうひとつは、新たに見つかった肖像画の桐紋を実見していないので、あくまで個人的な印象として語ったということです。

いずれにせよ、興味深い事実が浮上してきましたね。
展示があれば、ぜひ見に行きたいと思います。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング



スポンサーサイト

【2011/06/07 00:31】 | 信長
トラックバック(0) |


市野澤 永
こんばんわ。
お世話になります。

本件の肖像画ですが、以前から頭頂部が気になっていました。
総髪とは思えませんが・・・

常在寺の道三像には髷らしきものが見えますし、肖像画も奥が深いですね。

下記の報道も興味深いですね。

信長祖先墓か、石造に「親眞」銘 越前町・法楽寺、町教委が調査へ
(「福井新聞」)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/28540.html

頭頂部
桐野
市野澤さん

信長の頭頂部は考えたこともなかったですが、よく見ると、たしかに薄いというか、月代が広いですね(笑)。

光秀が附髪を着けていたという話もありますから、意外と面白い問題かもしれません。

また情報提供も有難うございます。




三楽堂
なにか信長の考古・美術関係記事が続きますね。

国内城郭で最古 小牧山城石材に「佐久間」墨書
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/110609_3.htm


佐久間?
桐野
三楽堂さん

小牧山城の墨書文字ですが、「佐久間」読みは再検討の余地ありそうですね。

石垣墨書
三楽堂
石垣、一般公開があるようですが・・・
こちらでは、やや大きな写真がございますね。

http://www.city.komaki.aichi.jp/contents/10000259.html

http://www.yomiuri.co.jp/photonews/article.htm?ge=614&id=113770

あ、HNでおじゃましてしまいましたが、今福ですどうも(^^ゞ



桐野
三楽堂さん

墨書文字、反響が大きいだけに、いろいろ波紋がありそうですね。

例の原稿はいま思案中です(汗)。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんわ。
お世話になります。

本件の肖像画ですが、以前から頭頂部が気になっていました。
総髪とは思えませんが・・・

常在寺の道三像には髷らしきものが見えますし、肖像画も奥が深いですね。

下記の報道も興味深いですね。

信長祖先墓か、石造に「親眞」銘 越前町・法楽寺、町教委が調査へ
(「福井新聞」)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/28540.html
2011/06/08(Wed) 18:49 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
頭頂部
市野澤さん

信長の頭頂部は考えたこともなかったですが、よく見ると、たしかに薄いというか、月代が広いですね(笑)。

光秀が附髪を着けていたという話もありますから、意外と面白い問題かもしれません。

また情報提供も有難うございます。

2011/06/09(Thu) 12:51 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
なにか信長の考古・美術関係記事が続きますね。

国内城郭で最古 小牧山城石材に「佐久間」墨書
http://chubu.yomiuri.co.jp/news_top/110609_3.htm
2011/06/09(Thu) 20:17 | URL  | 三楽堂 #vF6dOJDI[ 編集]
佐久間?
三楽堂さん

小牧山城の墨書文字ですが、「佐久間」読みは再検討の余地ありそうですね。
2011/06/10(Fri) 23:17 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
石垣墨書
石垣、一般公開があるようですが・・・
こちらでは、やや大きな写真がございますね。

http://www.city.komaki.aichi.jp/contents/10000259.html

http://www.yomiuri.co.jp/photonews/article.htm?ge=614&id=113770

あ、HNでおじゃましてしまいましたが、今福ですどうも(^^ゞ
2011/06/12(Sun) 09:25 | URL  | 三楽堂 #vF6dOJDI[ 編集]
三楽堂さん

墨書文字、反響が大きいだけに、いろいろ波紋がありそうですね。

例の原稿はいま思案中です(汗)。
2011/06/14(Tue) 23:08 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。