歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
再度のお知らせです。
今週末の11日(土)に迫った講演です。
主催は幕末史研究会です。

テーマは龍馬暗殺、近江屋事件です。
薩摩藩側から見た同事件をとらえます。
同事件について、とくに薩摩藩側の基本的な史実が共有されていないことが、薩摩藩黒幕説というミスリードを生み出す根源となっています。そのあたりの誤解を解明する趣旨でもあります。

日時・会場・テーマなど詳しくは、同会ブログのここをご覧下さい。

第186回例会
日時:2011年6月11日(土) 午後2時 ~ 4時
会場:武蔵野商工会館 4階 JR中央線吉祥寺駅北口徒歩5分
講師:桐野 作人 氏 歴史作家
テーマ:「薩摩藩から見た龍馬暗殺」
内容:龍馬暗殺について薩摩藩黒幕説が根強いが、ほとんど根拠がない。薩摩藩が龍馬暗殺にどのように対処したか、一次史料をもとに明らかにする。


よろしかったら、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/06/08 15:48】 | イベント
トラックバック(0) |


おな
おなです。
講演を拝聴しました。資料を用いて分かりやすく聴きました。なるほどと納得しました。

龍馬が現代のヒーローだけに、龍馬暗殺をミステリアスに扱う結果が、薩摩藩黒幕説に拍車をかけているのでしょう。
推理小説風な犯人追求「誰が得したか」も、結果論での推測が根拠でしかないのですが、そのあたりの検証も、次回に聴いてみたいものです。



コメント御礼
桐野
おなさん

わざわざご挨拶痛み入ります。

近江屋事件については、ご想像のとおりかもしれませんね。
でも、それは下手をすると、歴史をもてあそんで逆効果になる場合もありそうです。

単に推理云々というより、時代の歴史観や価値観がなにがしか反映しているようにも感じています。


残念です
卯月かいな
こんにちは。
非常に興味があるところなので、講演ぜひとも拝聴したかったです。地方はこういう時つらいですね。残念です。
「JIN」の記事も同感です。薩摩黒幕説はなかなか払拭されませんね(苦笑)

Mさん
桐野
卯月かいなさん

東京にはちょくちょく来れませんものね。
ご友人のMさんはおいででした。
いつか機会がありましたら、おいで下さい。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
おなです。
講演を拝聴しました。資料を用いて分かりやすく聴きました。なるほどと納得しました。

龍馬が現代のヒーローだけに、龍馬暗殺をミステリアスに扱う結果が、薩摩藩黒幕説に拍車をかけているのでしょう。
推理小説風な犯人追求「誰が得したか」も、結果論での推測が根拠でしかないのですが、そのあたりの検証も、次回に聴いてみたいものです。

2011/06/12(Sun) 10:28 | URL  | おな #qbIq4rIg[ 編集]
コメント御礼
おなさん

わざわざご挨拶痛み入ります。

近江屋事件については、ご想像のとおりかもしれませんね。
でも、それは下手をすると、歴史をもてあそんで逆効果になる場合もありそうです。

単に推理云々というより、時代の歴史観や価値観がなにがしか反映しているようにも感じています。
2011/06/14(Tue) 23:10 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
残念です
こんにちは。
非常に興味があるところなので、講演ぜひとも拝聴したかったです。地方はこういう時つらいですね。残念です。
「JIN」の記事も同感です。薩摩黒幕説はなかなか払拭されませんね(苦笑)
2011/06/18(Sat) 15:14 | URL  | 卯月かいな #Kssq94Qk[ 編集]
Mさん
卯月かいなさん

東京にはちょくちょく来れませんものね。
ご友人のMさんはおいででした。
いつか機会がありましたら、おいで下さい。
2011/06/18(Sat) 21:24 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック