歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第202回
―「日本一の兵」、頴娃に墓?―

連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

前回の豊臣秀頼に続き、今回は真田幸村です。
幸村の薩摩落ちについては、秀頼ほどには知られていないかもしれません。
しかも、墓についてはなおさらだと思います。

幸村の薩摩落ちについては、江戸後期から幕末にかけての松代藩主真田幸貫(老中にも就任)が、松浦静山に伝え、それが『甲子夜話』という形で刊行されたことが、一番影響を与えたかもしれないと思っているところです。

なぜその地が頴娃(「えい」と読みます)なのか、その理由もよくわかりません。頴娃の位置は、薩摩半島の南部で、指宿の北のあたりといえば、わかりやすいでしょうか。
頴娃といえば、古代中世には頴娃郡があり、つい最近まで頴娃町が存在しましたが、市町村合併によって町名としても消えてしまいました。由緒あるばかりか、ユニークな難字で知られた地名だけに残念です。

次回は何にしようか迷っているところです。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2011/07/25 19:28】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


ここまでくれば真方も?
坐忘
幸村を山伏としているところに何かありそうですね。
家康=願人坊主説、隠れ念仏の毛坊主の存在とか、いろいろ想像がふくらみます。
伊集院の真方衆の伝説もさらに強烈ですね。
伊集院といえば、長渕剛が福島の学童20人を鹿児島に招待し、
一週間ほど自然と歴史を体験してもらうようです。
この情熱と実行力には脱帽です。
頴娃とか可愛とか「え」のつく文字が多いですね。
吉野も「えの」と読めるかもという話もあるようです。

山伏
桐野
坐忘さん

幸村は,秀頼のようにヤマイモホイにはできなかったのでしょうね。
山伏はいかにも真田だという設定ですね。


無題
さくら
桐野先生こんにちは。

山伏の落人話といえば、弁慶と義経一行の奥州落ちの話とどこか似てるなあ、と思って読ませて戴きました。
誰かが秀頼探索においてまっさらな調査報告書を読み上げたのではと思うとロマンを誘います(笑)

鹿児島への落人さんと言えば、足利義昭の子とされている義在も連想しますね。
秀吉の世になって、何故父の元へ帰らなかったのか、実際何者だったのか不思議な人物です。


永山義在
桐野
さくらさん

秀頼と幸村の薩摩落ちは勧進帳の影響もあるかも知れませんね。

永山義在については、前から関心はあったのですが、なかなか材料が少なくて書けずにおりました。
ただ、落胤説はどうなんでしょうかね? いまいち信用できなくて。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/07/26(Tue) 00:07 |   |  #[ 編集]
ここまでくれば真方も?
幸村を山伏としているところに何かありそうですね。
家康=願人坊主説、隠れ念仏の毛坊主の存在とか、いろいろ想像がふくらみます。
伊集院の真方衆の伝説もさらに強烈ですね。
伊集院といえば、長渕剛が福島の学童20人を鹿児島に招待し、
一週間ほど自然と歴史を体験してもらうようです。
この情熱と実行力には脱帽です。
頴娃とか可愛とか「え」のつく文字が多いですね。
吉野も「えの」と読めるかもという話もあるようです。
2011/07/27(Wed) 11:04 | URL  | 坐忘 #BbVmplvY[ 編集]
山伏
坐忘さん

幸村は,秀頼のようにヤマイモホイにはできなかったのでしょうね。
山伏はいかにも真田だという設定ですね。
2011/07/27(Wed) 23:36 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
無題
桐野先生こんにちは。

山伏の落人話といえば、弁慶と義経一行の奥州落ちの話とどこか似てるなあ、と思って読ませて戴きました。
誰かが秀頼探索においてまっさらな調査報告書を読み上げたのではと思うとロマンを誘います(笑)

鹿児島への落人さんと言えば、足利義昭の子とされている義在も連想しますね。
秀吉の世になって、何故父の元へ帰らなかったのか、実際何者だったのか不思議な人物です。
2011/09/09(Fri) 09:46 | URL  | さくら #CI8rqq4w[ 編集]
永山義在
さくらさん

秀頼と幸村の薩摩落ちは勧進帳の影響もあるかも知れませんね。

永山義在については、前から関心はあったのですが、なかなか材料が少なくて書けずにおりました。
ただ、落胤説はどうなんでしょうかね? いまいち信用できなくて。
2011/09/12(Mon) 00:18 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。