歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27日の西郷南洲顕彰館での講話は何とか無事こなしました。
いろいろご意見いただき、感謝です。

終了後、参加者の方から古文書の写真を見せられる。
何と、小松帯刀の書簡。
しかも、慶応3年4月のもの。四侯会議の頃である。
ざっと読んでみたら、小松自身が「御花畑」と書いていた。
これは島津久光が「御花畑」を訪れたときのことである。
いやあ、小松自身の書簡で「御花畑」と書いているとは思わなかった。
感動しました。
しかも、写真版も拝借させていただきました。

翌28日は、友人で郷土史に詳しい山口純一郎さんと史跡見学。
長丁場になりそうだったので、朝早くホテルに迎えにきていただく。
今回は忙しくて探索の予定を組む余裕がなく、大まかに回りたい所をお伝えして、細かいスケジュールは全部山口さんにお任せした。とてもよくできたコース設定で、120%回れました。
鹿児島市内のほか、姶良、帖佐、山田、富隈、国分、加治木、栗野などです。

途中で、行きたい人物の墓を次々と思い出し、あちこちに寄り道していただいた。山口さんは大変だったと思うが、個人的には収穫大でした。

とくに今回は山城の遠景が期せずしてテーマになった。

岩剣城、建昌城、富隈城、国分舞鶴城、姫木城、栗野城

などである。
建昌城から見た岩剣城とか、浜之市から見た富隈城とか、いろいろ面白い写真が撮れました。
おっと、国分清水城に行くのを忘れていた(汗)。

あと、墓も

新納旅庵、木脇祐秀、本田助之丞・勝吉父子、膝付栗毛(義弘愛馬)、伊集院忠真、豊州家の島津季久、同朝久、その夫人御屋地、島津忠清(義弘四男)

など多数。
なかでも、伊集院忠真の墓を撮影できたのは望外の収穫でした。
御屋地については、このブログをのぞいてくれているはずの某さんには垂涎だと思うので、国分舞鶴城の遠景とともに写真載せておきます。

御屋地
義弘長女の御屋地

国分舞鶴城
国分舞鶴城は面白い形をしています。

あと、どうしても行きたかった建昌城に行けました。念願が実現しました。
本丸はじめ、諸曲輪の壮大さ、堀切の深さに驚き。
家久の見果てぬ夢のほどが少しはわかりました。

よろしければ、下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2011/08/30 00:10】 | イベント
トラックバック(0) |

地元なのに・・・
山口
 私も随分地元で知らない場所があったので、
いい勉強になりました。
 次回は富隈城から見た浜の市港も
撮り直しですね。稲荷山をあんな風に
使われるとは、義弘公もさぞびっくりされている
ことでしょう(笑)

お詫び申し上げます。
中村太郎
失礼なことを申し上げ、大変申し訳ございませんでした。
桐野の偽手紙が頭にあったものですから、後先考えず、あのようなことを言ってしまいました。
反省しております。お許しください。


ばんない
こんばんは。鹿児島では酷暑の中、かなりハードスケジュールだったご様子ですね。

興味深い写真拝見させて頂きました。御屋地の墓は某HPで一度写真を見たことがあったのですが、すさまじい荒れっぷりで驚愕したことがありました。今回はその時よりはちょっとマシになっている様子ですが…。

国分舞鶴城は朱門のあるあのお城でしょうか?朱門の写真はよく見かけますが、遠景の写真とは珍しい。あの詰めの城は古代の隼人の山城跡とも言われていたような記憶があります。

伊集院忠真の墓は後世に建てられた供養墓でしたっけ。で、父の忠棟の墓が出てきたら島津義久の肖像レベルの「世紀の大発見」?なのではと思いますが…まあ発見される可能性は0でしょうね、たぶん。

国分清水城
桐野
山口さん

先日はお世話になりました。
国分清水城に行くのを忘れていました。
またの機会にでも。

御礼
桐野
中村太郎さん

わざわざ遠方からおいでいただき、有難うございました。
ご指摘の点も検討してみたいと思います。

伊集院忠真の墓
桐野
ばんないさん

忠真の墓はご指摘のとおり、元禄時代の供養墓でした。縁者か家来筋の人が建てたのでしょうかね。
御屋地の墓の現況をお知らせできてよかったです。

re:伊集院忠真の墓
ばんない
こんばんは。本日(9/4)は大阪で講演だったようですが、台風12号襲来の中無事終了したのでしょうか。もっとも京阪神はたいしたことありませんでしたが…。

さて、伊集院忠真の供養墓に訪問されたと言うことですが、私はてっきり野尻にある例の供養墓かと思っていたのですが、上記の記事をもう一度読み直すと宮崎県には流石に越境されてられないご様子、もしかして別にお墓があったと言うことでしょうか?

加治木です
桐野
ばんないさん

お気づきのとおり、私が見たのは加治木にあります。義弘の地元にあるのが奇縁でしょうか? あるいは夫人於下の縁でしょうか?

野尻は未踏です。一度行きたいと思っています。


ばんない
こんばんは。
実は先ほど久しぶりにある本を読んでいたら、偶然この話が載っていまして自己解決してしまいました。で、質問削除しようとしたら、すでに回答がありました…本当にすみませんでした。

もし、「さつま人国記」などで紹介されることがあったら、ネットで紹介されるのはおそらく初めてになるかも知れません>忠真墓加治木バージョン HP等で紹介されているのはたいがい野尻にある方なので。

忠真室・島津御下はどうも忠真の菩提寺を建てたらしいので、加治木に供養墓があってもおかしくはないのですが…元禄時代の物みたいですしねえ。さて。

ご苦労様でした。
nick
今回は残念ながらお伺いできませんでしたが今月もあるとか、ぜひ拝聴したいものです。

山口先生、富隈城や浜の市は
地元の植山先生が調査中です。
小字は終わったようです。

この週末は、また姶良市の無料観光バスツアー参加です。



nick
妻は島津義弘の次女(御下(おした)ですが
実は、当地に彼女とおぼしきお墓があるのです。
サイトに掲載しています。

講演会
桐野
nickさん

いろいろ情報有難うございます。

小生の講演の要領は以下にあります。
ぜひお知り合いを誘ってご参加下さいませ。

http://dangodazo.blog83.fc2.com/blog-entry-1069.html


桐野作人

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
地元なのに・・・
 私も随分地元で知らない場所があったので、
いい勉強になりました。
 次回は富隈城から見た浜の市港も
撮り直しですね。稲荷山をあんな風に
使われるとは、義弘公もさぞびっくりされている
ことでしょう(笑)
2011/08/30(Tue) 06:51 | URL  | 山口 #-[ 編集]
お詫び申し上げます。
失礼なことを申し上げ、大変申し訳ございませんでした。
桐野の偽手紙が頭にあったものですから、後先考えず、あのようなことを言ってしまいました。
反省しております。お許しください。
2011/08/30(Tue) 20:36 | URL  | 中村太郎 #-[ 編集]
こんばんは。鹿児島では酷暑の中、かなりハードスケジュールだったご様子ですね。

興味深い写真拝見させて頂きました。御屋地の墓は某HPで一度写真を見たことがあったのですが、すさまじい荒れっぷりで驚愕したことがありました。今回はその時よりはちょっとマシになっている様子ですが…。

国分舞鶴城は朱門のあるあのお城でしょうか?朱門の写真はよく見かけますが、遠景の写真とは珍しい。あの詰めの城は古代の隼人の山城跡とも言われていたような記憶があります。

伊集院忠真の墓は後世に建てられた供養墓でしたっけ。で、父の忠棟の墓が出てきたら島津義久の肖像レベルの「世紀の大発見」?なのではと思いますが…まあ発見される可能性は0でしょうね、たぶん。
2011/08/31(Wed) 00:08 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
国分清水城
山口さん

先日はお世話になりました。
国分清水城に行くのを忘れていました。
またの機会にでも。
2011/09/04(Sun) 06:33 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
御礼
中村太郎さん

わざわざ遠方からおいでいただき、有難うございました。
ご指摘の点も検討してみたいと思います。
2011/09/04(Sun) 06:34 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
伊集院忠真の墓
ばんないさん

忠真の墓はご指摘のとおり、元禄時代の供養墓でした。縁者か家来筋の人が建てたのでしょうかね。
御屋地の墓の現況をお知らせできてよかったです。
2011/09/04(Sun) 06:36 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
re:伊集院忠真の墓
こんばんは。本日(9/4)は大阪で講演だったようですが、台風12号襲来の中無事終了したのでしょうか。もっとも京阪神はたいしたことありませんでしたが…。

さて、伊集院忠真の供養墓に訪問されたと言うことですが、私はてっきり野尻にある例の供養墓かと思っていたのですが、上記の記事をもう一度読み直すと宮崎県には流石に越境されてられないご様子、もしかして別にお墓があったと言うことでしょうか?
2011/09/04(Sun) 23:47 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
加治木です
ばんないさん

お気づきのとおり、私が見たのは加治木にあります。義弘の地元にあるのが奇縁でしょうか? あるいは夫人於下の縁でしょうか?

野尻は未踏です。一度行きたいと思っています。
2011/09/06(Tue) 00:31 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
こんばんは。
実は先ほど久しぶりにある本を読んでいたら、偶然この話が載っていまして自己解決してしまいました。で、質問削除しようとしたら、すでに回答がありました…本当にすみませんでした。

もし、「さつま人国記」などで紹介されることがあったら、ネットで紹介されるのはおそらく初めてになるかも知れません>忠真墓加治木バージョン HP等で紹介されているのはたいがい野尻にある方なので。

忠真室・島津御下はどうも忠真の菩提寺を建てたらしいので、加治木に供養墓があってもおかしくはないのですが…元禄時代の物みたいですしねえ。さて。
2011/09/07(Wed) 00:31 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
ご苦労様でした。
今回は残念ながらお伺いできませんでしたが今月もあるとか、ぜひ拝聴したいものです。

山口先生、富隈城や浜の市は
地元の植山先生が調査中です。
小字は終わったようです。

この週末は、また姶良市の無料観光バスツアー参加です。
2011/09/07(Wed) 08:50 | URL  | nick #EBUSheBA[ 編集]
妻は島津義弘の次女(御下(おした)ですが
実は、当地に彼女とおぼしきお墓があるのです。
サイトに掲載しています。
2011/09/07(Wed) 09:32 | URL  | nick #EBUSheBA[ 編集]
講演会
nickさん

いろいろ情報有難うございます。

小生の講演の要領は以下にあります。
ぜひお知り合いを誘ってご参加下さいませ。

http://dangodazo.blog83.fc2.com/blog-entry-1069.html


桐野作人
2011/09/09(Fri) 08:34 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。