歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK大河「風林火山」第13回。

いよいよ勘助が武田家に仕官することになった。
しかし、板垣信方を駿河に行かせてからの成り行きは、勘助よりも脚本家が策に溺れて破綻しているように感じられたけど、それはさておいて。

気になったのは、勘助が晴信に対面したとき、晴信から「我が一字を与え、山本勘助晴幸と名乗るように」と告げた場面。
これに対して、板垣が将軍足利義晴からいただいた一字を与えるのはいかがなものかと諫言する。まことにもっともだ。
ところが、晴信はその直前に「諫言してもダメなら、自分の首をすげ替えよ」と言っていたくせに、その舌の根も乾かぬうちに、その誓いを翻す。食言も甚だしい。

板垣が諫めたように、将軍の一字を家来、それも正体不明の新参に与えるというのは常軌を逸しているし、当時の主従儀礼に鑑みてもおかしすぎる。
晴信から一字もらった家来は馬場信春はじめ多数いるが、みな「信」の字で、「晴」の字は誰一人としていない。

あと、年代がおかしいのは、諏訪頼重に嫁いだ禰々の没年である。
「武田系図」(『群書系図部集』第三)によれば、禰々の没年月日は天文12年正月19日である。
これに対して、勘助は同じく天文12年3月に、板垣信方に推挙されて晴信に仕えたことになっている(『甲斐国志』)。
つまり、勘助が晴信に仕えたとき、禰々はすでにこの世の人ではないということになる。まあ、頼重と禰々の対話の場面は信虎の駿河追放の話題だったから、まだよしとしよう。おそらく次回か次々回くらいに亡くなると思われる。

そこで気になるのが、勘助がミツに与えた摩利支天の彫り物の行方だ。
たしか、ミツの死後、それが晴信の手に渡り、さらに妹の禰々に渡っている。
そして禰々がなくなるとどうなるのか。おそらくその臨終間際、禰々が義理の娘の由布姫に形見として渡すんだろうな。

そして、晴信が頼重を攻めて、勘助が隠れている由布姫を見つけたとき、この摩利支天の彫り物を見て、由布姫にミツの面影を見て、運命の出会いを感じるという塩梅だろう、きっと。

スポンサーサイト

【2007/03/25 22:20】 | 風林火山
トラックバック(1) |

No記憶力なのであてにはなりませんが
橋場
勘助がミツに与えた摩利支天は、ミツの墓から平蔵が持っていっちゃったような記憶があるんですけど……晴信のは別物で造りも色彩も上物だったような?自信はナッシングですが(笑)。

摩利支天
桐野
橋場さん、どうも。

こちらも頭が消しゴムなので、記憶違いかもしれません。
私には、ミツが持っていたのとそっくりに見えましたが、彩色はしてなかったような気もします。

たしか、晴信が河原でミツや平蔵を引見したとき、平伏しているミツの胸元からのぞく摩利支天を興味深げに眺めていたのは覚えていますが、それ以降は消しゴムで、禰々が嫁ぐとき、与えたあたりからは少し覚えているのですが……。
そういえば、諏訪に流れた平蔵が持っていたような気もしますが……。
う~ん、よくわからん。

記憶のクリアな方、教えて下さいませ。

そういえば、ミツ役の貫地谷しほりちゃんは、大河の好演が認められたのか、CMにも出ていますね。
最近、三菱東京UFJのCMで銀行員の制服着ているのも彼女ですよね。ちょっとイメージ違うけど(笑)。



現在の所有者
かわい
 橋場さんが正解(笑)。勘助のはミツを経由してずーっと平蔵が持っています。
 晴信が禰々にあげたのは新品ですが、平蔵が持っているのはミツが信虎に射られたときの傷がど真ん中についてますよ。

あやや
桐野
かわいさん、どうも。

やっぱりそうでしたか。橋場さんの記憶が正確だったのですね。
それで、晴信が禰々に与えた摩利支天はどんな由来でしたっけ? 晴信手製でしたかね?

武田「義」信、「香坂」弾正
水戸っぽ
将軍の一字を頂いたというのは武田晴信然り、上杉輝虎然りかと存じますが、いずれも下の一字ですね。ところが晴信の長男義信についてはそうではなく、足利将軍家伝来の「義」を冠しています。何故このような特例的な扱いであったのかかねてから疑問でした。母が三条氏であること等が関係しているでしょうか。
それから香坂弾正が初登場しましたが、寡聞&無知な当方は「香坂」の表記を目にしたのは(殊に小説やドラマの類では)今回が初めてのように存じます。かつての「武田信玄」でも、村上弘明が演じていたのは「高坂」のクレジット表記ではなかったかと。この19年の間の何らかの研究成果等が反映されているのでしょうか。
それにしても、勘助との間の、
「そなたはなかなかよい面構えをしているのう」
「勘助様はお強いとお聞きしましたが..」
といったやりとりはちょっと狙い過ぎという感がありましたが(笑)。

「義」の一字と香坂弾正
桐野
水戸っぽさん、お久しぶりです。

武田義信はたしかに将軍義輝からの一字拝領だと思います。
足利将軍家家督の通字である「義」の字を与えるのと、下の字を与えるのとで意味合いが異なっていたのかどうか、不勉強で知りませんが、下の字を与えること(ex.武田晴信、伊達輝宗、毛利輝元、尼子晴久)と、さほど変わらない事例があるように思います。室町期の守護の事例はたくさんありますが、戦国期も多いですね。たとえば、

今川義忠・義元
朝倉義景
尼子義久
大内義興・義隆・義長
大友義鑑・義鎮・義統
島津義久(義辰)・義弘(義珍)

などが思い浮かびました。
戦国大名でも、いずれも守護かそれに準ずる家柄だという共通点がありますね。
ですから、武田義信もさほど例外ではないと思います。

香坂弾正については、前の大河「武田信玄」ではたしかに高坂弾正と表記していましたね。これは『甲陽軍鑑』の所伝に基づくものですが、最近では疑問視されています。

ところで、先日の大河は天文12年(1543)の時点を描いていたので、このときはむしろ、春日源助という名前でなければならないと思います。香坂弾正を名乗るのは早いですね。
先日の大河、記憶がはっきりしないのですが、あるいは春日源助(のち香坂弾正)というテロップだったでしょうか。これなら、間違いではないです。

「香坂弾正」名乗りが史料上で表れるのは、永禄2年(1559)11月の信玄の判物で、それには「香坂弾正左衛門尉」とあります。
この名乗りは、信州更級郡牧之島の香坂氏の養子になったことにちなむものです。もっとも、同9年にはもとの春日名字に復していますので、香坂弾正だった期間は数年間だけのようです。
春日名字になってから、弾正忠を名乗ったのではないかと思います。




将軍偏諱
ばんない
こんばんは。
>春日源助(のち香坂弾正)というテロップだったでしょうか
私も録画していないので記憶に頼りますが「春日源五郎(のちの香坂弾正)」だったかもしれません。
ともかく、内野聖陽演じる山本勘助が源助の顔をむっちり触って「いい面構えじゃないか」と言った台詞に呆気にとられてしまいまして(汗)。

ところで、
>今川義忠・義元
>朝倉義景
>尼子義久
>大内義興・義隆・義長
>大友義鑑・義鎮・義統
>島津義久(義辰)・義弘(義珍)
いずれも室町幕府末期の戦国武将達ですね。
偏諱は上一字を与えられる方が下一字より格が高いという話を聞いたこともありますが。




香坂と偏諱と摩利支天
かわい
>香坂
 ちゃんと(のちの香坂弾正)となっているのは確認しましたが、現在の役名は忘れました(笑)。春日源五郎になっていましたっけか。

>偏諱
 下より上のほうが格が高くて、義晴と義輝が濫発するまでは例が少ない、というのが定説だったような。桐野さんご指摘の例でいえば、今川義忠がその少数例で他は濫発組ということになるんでしょうけど、なんかほかにもけっこういたような気がします。

>禰々の摩利支天
 晴信はなんの前振りもなく突然出してきましたけど。小道具さんが型取って複製した……じゃなくて、どこかで買ったとか。勘助が持ってるのと同じのがほしいよ~とか晴信がだだをこねて、しかたなく板垣が買いに行ってたら笑えますが、そういう意味での無茶はしませんからねえ(笑)。

偏諱と摩利支天
桐野
かわいさん、こんにちは。

私が挙げた事例もほとんどみな、義晴、義輝からの偏諱ですね。
この二代は三好氏にいじめられて坂本や穴太に逃げていただけに、諸大名へ官位や偏諱を売ることによって生計を立てていたといっても過言ではないですね。

禰々に与えた摩利支天、そんな素っ気ないものでしたっけ。躑躅ヶ崎舘の中庭で与えていたような。
まあ、晴信があれを拵えさせたのは、ミツのそれを見てからだと思いますが、むしろ不動明王なんかがぴったりじゃないかという気がしますが。

管理人のみ閲覧できます
-


玉石混交
安来歌人
 尼子といえば日立金属がある島根県安来市が中心拠点だったんですよね。尼子氏は製鉄で覇権を確立し、その技術の流がなんと、日立金属の特殊鋼になるんです。
 しかし日立金属というのは複雑で、長州藩士の子孫、鮎川氏が起こした会社で、しかも安来という出雲の製鉄の拠点の工場が旗艦工場となってしまっているジレンマを揶揄する声もある。しかし、戦国時代と今の世の中を単純に結びつけるバカほど洗脳野郎だと罵りたい!
 大師なのは、日本の歴史に現代的な実用性を考えるのであれば、アメリカにない歴史性とGDPを足し合わせてブランド性を世界にいうしかないとおもうけど。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
No記憶力なのであてにはなりませんが
勘助がミツに与えた摩利支天は、ミツの墓から平蔵が持っていっちゃったような記憶があるんですけど……晴信のは別物で造りも色彩も上物だったような?自信はナッシングですが(笑)。
2007/03/26(Mon) 00:03 | URL  | 橋場 #-[ 編集]
摩利支天
橋場さん、どうも。

こちらも頭が消しゴムなので、記憶違いかもしれません。
私には、ミツが持っていたのとそっくりに見えましたが、彩色はしてなかったような気もします。

たしか、晴信が河原でミツや平蔵を引見したとき、平伏しているミツの胸元からのぞく摩利支天を興味深げに眺めていたのは覚えていますが、それ以降は消しゴムで、禰々が嫁ぐとき、与えたあたりからは少し覚えているのですが……。
そういえば、諏訪に流れた平蔵が持っていたような気もしますが……。
う~ん、よくわからん。

記憶のクリアな方、教えて下さいませ。

そういえば、ミツ役の貫地谷しほりちゃんは、大河の好演が認められたのか、CMにも出ていますね。
最近、三菱東京UFJのCMで銀行員の制服着ているのも彼女ですよね。ちょっとイメージ違うけど(笑)。

2007/03/26(Mon) 00:17 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
現在の所有者
 橋場さんが正解(笑)。勘助のはミツを経由してずーっと平蔵が持っています。
 晴信が禰々にあげたのは新品ですが、平蔵が持っているのはミツが信虎に射られたときの傷がど真ん中についてますよ。
2007/03/26(Mon) 03:34 | URL  | かわい #b7R9Co7w[ 編集]
あやや
かわいさん、どうも。

やっぱりそうでしたか。橋場さんの記憶が正確だったのですね。
それで、晴信が禰々に与えた摩利支天はどんな由来でしたっけ? 晴信手製でしたかね?
2007/03/26(Mon) 10:07 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
武田「義」信、「香坂」弾正
将軍の一字を頂いたというのは武田晴信然り、上杉輝虎然りかと存じますが、いずれも下の一字ですね。ところが晴信の長男義信についてはそうではなく、足利将軍家伝来の「義」を冠しています。何故このような特例的な扱いであったのかかねてから疑問でした。母が三条氏であること等が関係しているでしょうか。
それから香坂弾正が初登場しましたが、寡聞&無知な当方は「香坂」の表記を目にしたのは(殊に小説やドラマの類では)今回が初めてのように存じます。かつての「武田信玄」でも、村上弘明が演じていたのは「高坂」のクレジット表記ではなかったかと。この19年の間の何らかの研究成果等が反映されているのでしょうか。
それにしても、勘助との間の、
「そなたはなかなかよい面構えをしているのう」
「勘助様はお強いとお聞きしましたが..」
といったやりとりはちょっと狙い過ぎという感がありましたが(笑)。
2007/03/27(Tue) 13:52 | URL  | 水戸っぽ #-[ 編集]
「義」の一字と香坂弾正
水戸っぽさん、お久しぶりです。

武田義信はたしかに将軍義輝からの一字拝領だと思います。
足利将軍家家督の通字である「義」の字を与えるのと、下の字を与えるのとで意味合いが異なっていたのかどうか、不勉強で知りませんが、下の字を与えること(ex.武田晴信、伊達輝宗、毛利輝元、尼子晴久)と、さほど変わらない事例があるように思います。室町期の守護の事例はたくさんありますが、戦国期も多いですね。たとえば、

今川義忠・義元
朝倉義景
尼子義久
大内義興・義隆・義長
大友義鑑・義鎮・義統
島津義久(義辰)・義弘(義珍)

などが思い浮かびました。
戦国大名でも、いずれも守護かそれに準ずる家柄だという共通点がありますね。
ですから、武田義信もさほど例外ではないと思います。

香坂弾正については、前の大河「武田信玄」ではたしかに高坂弾正と表記していましたね。これは『甲陽軍鑑』の所伝に基づくものですが、最近では疑問視されています。

ところで、先日の大河は天文12年(1543)の時点を描いていたので、このときはむしろ、春日源助という名前でなければならないと思います。香坂弾正を名乗るのは早いですね。
先日の大河、記憶がはっきりしないのですが、あるいは春日源助(のち香坂弾正)というテロップだったでしょうか。これなら、間違いではないです。

「香坂弾正」名乗りが史料上で表れるのは、永禄2年(1559)11月の信玄の判物で、それには「香坂弾正左衛門尉」とあります。
この名乗りは、信州更級郡牧之島の香坂氏の養子になったことにちなむものです。もっとも、同9年にはもとの春日名字に復していますので、香坂弾正だった期間は数年間だけのようです。
春日名字になってから、弾正忠を名乗ったのではないかと思います。


2007/03/27(Tue) 17:50 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
将軍偏諱
こんばんは。
>春日源助(のち香坂弾正)というテロップだったでしょうか
私も録画していないので記憶に頼りますが「春日源五郎(のちの香坂弾正)」だったかもしれません。
ともかく、内野聖陽演じる山本勘助が源助の顔をむっちり触って「いい面構えじゃないか」と言った台詞に呆気にとられてしまいまして(汗)。

ところで、
>今川義忠・義元
>朝倉義景
>尼子義久
>大内義興・義隆・義長
>大友義鑑・義鎮・義統
>島津義久(義辰)・義弘(義珍)
いずれも室町幕府末期の戦国武将達ですね。
偏諱は上一字を与えられる方が下一字より格が高いという話を聞いたこともありますが。


2007/03/27(Tue) 23:30 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
香坂と偏諱と摩利支天
>香坂
 ちゃんと(のちの香坂弾正)となっているのは確認しましたが、現在の役名は忘れました(笑)。春日源五郎になっていましたっけか。

>偏諱
 下より上のほうが格が高くて、義晴と義輝が濫発するまでは例が少ない、というのが定説だったような。桐野さんご指摘の例でいえば、今川義忠がその少数例で他は濫発組ということになるんでしょうけど、なんかほかにもけっこういたような気がします。

>禰々の摩利支天
 晴信はなんの前振りもなく突然出してきましたけど。小道具さんが型取って複製した……じゃなくて、どこかで買ったとか。勘助が持ってるのと同じのがほしいよ~とか晴信がだだをこねて、しかたなく板垣が買いに行ってたら笑えますが、そういう意味での無茶はしませんからねえ(笑)。
2007/03/28(Wed) 02:53 | URL  | かわい #b7R9Co7w[ 編集]
偏諱と摩利支天
かわいさん、こんにちは。

私が挙げた事例もほとんどみな、義晴、義輝からの偏諱ですね。
この二代は三好氏にいじめられて坂本や穴太に逃げていただけに、諸大名へ官位や偏諱を売ることによって生計を立てていたといっても過言ではないですね。

禰々に与えた摩利支天、そんな素っ気ないものでしたっけ。躑躅ヶ崎舘の中庭で与えていたような。
まあ、晴信があれを拵えさせたのは、ミツのそれを見てからだと思いますが、むしろ不動明王なんかがぴったりじゃないかという気がしますが。
2007/03/28(Wed) 19:25 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/03/28(Wed) 19:51 |   |  #[ 編集]
玉石混交
 尼子といえば日立金属がある島根県安来市が中心拠点だったんですよね。尼子氏は製鉄で覇権を確立し、その技術の流がなんと、日立金属の特殊鋼になるんです。
 しかし日立金属というのは複雑で、長州藩士の子孫、鮎川氏が起こした会社で、しかも安来という出雲の製鉄の拠点の工場が旗艦工場となってしまっているジレンマを揶揄する声もある。しかし、戦国時代と今の世の中を単純に結びつけるバカほど洗脳野郎だと罵りたい!
 大師なのは、日本の歴史に現代的な実用性を考えるのであれば、アメリカにない歴史性とGDPを足し合わせてブランド性を世界にいうしかないとおもうけど。
2009/03/19(Thu) 21:03 | URL  | 安来歌人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
風林火山ですが、やっと主役の山本勘助(内野聖陽)、武田家に仕官します。最初は、信虎追放後の武田信玄(晴信・市川亀治郎)の所信表明演説から始まります。晴信は、自分が間違っていたら諫言して、それでもダメなら追放してもよいなど気前のいいことを言い、その上で俺に
2007/03/26(Mon) 01:46:14 |  一言居士!スペードのAの放埓手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。