歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿児島市清水町の祇園之洲近くにかつて、重富荘という高級旅館があった。島津家別邸というブランドで豪快な野外の宴が売りだったが、時代の移り変わりのためか、先年旅館業をやめて閉鎖されていた。

今度、結婚式場として再出発することになったそうだ。「マナーハウス島津重富荘」と呼ばれるらしい。
http://www.asahi.com/life/update/1122/004.html

重富荘は、島津久光の三男珍彦(うずひこ)が住んでいた邸宅だったという。
以下、重富荘と関係ある重富島津家の話に脱線。

島津家の分家に重富島津家(越前島津家とも)というのがある。現在の鹿児島県姶良郡姶良町重富を領していた。幕末期でも石高14.487石と万石以上だった。

島津家には多くの分家があるが、重富・加治木・垂水・今和泉の四家がとくに格式が高く、一門家と呼ばれる。本宗家に跡継ぎが絶えたとき、この四家から家督継承者を出す決まりになっていた。徳川家における御三家と同じで、島津家のいわば御四家だと考えればよい。

幕末の重富島津家の当主は島津周防忠教だった。というより、島津久光と呼んだほうがわかりやすい。久光ははじめ種子島家の養子となり、のちにそれを解消して重富家の養嗣子となった。
島津斉彬が重態になったとき男子がいなかったので、島津本宗家は断絶しそうになった。そのため、慣例に従って御四家から家督継承者を迎えることになり、重富家の久光の長男又次郎に白羽の矢が立った。のちの茂久(明治以降は忠義)である。島津本宗家の家督継承でこのような手続きがとられたことはそれほど知られていない。

茂久が本宗家を相続したことにより、父親の久光も本宗家に戻ることになった。そのため、重富家の家督が空いたので、久光三男の珍彦(忠鑑)が跡を継ぐことになった。ちなみに、二男の久治は宮之城島津家の養子になっていた。
重富荘は重富にあった邸宅を移したものか、明治になってからの珍彦の邸宅だったのだろう。

ちなみに、珍彦が幕末維新期にも重要な役割を果たしていることはあまり知られていない。慶応三年(1867)十一月、討幕の密勅をもって帰国した西郷や大久保の唱える率兵上京論を強く支持したのが珍彦だった。一方、珍彦の兄久治は討幕反対派の首魁だった。久光の子ども同士で対立したことはあまり知られていない。
珍彦は明治になってから男爵となり、旧藩校の造士館の館長を長く務めたので、銅像がその跡地に建てられていたが、戦争中の1943年に撤去された。おそらく軍事的な目的で供出されたのだろう。

今夏、都内の某大学で「薩摩藩と明治維新」という連続講座が開かれ、不肖私めにも講師の声が掛かった。そのとき、講座を主宰された重富島津家の現当主、晴久氏とお会いし、親しくお話しする機会があった。
元殿様とは思えぬほど気さくな方で、講演も聴衆が引き込まれるような達者な話ぶりで感心した。
私が晴久氏に「ご先祖の珍彦さんに興味があります」とお話ししたところ、さっそく貴重な家譜類の史料をお送りいただいた。いつかお役に立てたいと思っている。

ところで、再来年の大河ドラマの主人公、天璋院篤姫は重富家と同じ御四家のひとつ、今和泉島津家の出である。今和泉家は指宿市にある。再来年はさぞや観光客が多いだろう。
スポンサーサイト

【2006/11/23 00:13】 | 雑記
トラックバック(0) |


かごんまファン
はじめまして。東京のKakoです。

島津重富を検索してたどりつきました。
実は私の祖祖母(鹿児島姶良郡重富村)の生誕について島津家と遠からず所縁があるらしいとのことで
探し調べておりましたが、どう調べれば良いのやら困っていました。
なにかアドバイスを頂けたら嬉しいのですが。
唐突で申し訳ありません。


はじめまして
桐野
Kakoさん、はじめまして。

祖母上が島津家とご縁があるとか。
島津家とは重富島津家なのでしょうか?
またご健在でおられるのでしょうか?

お調べになっていることについて、問題は、そのご縁がどのようなものかによるかと思います。考えられるとしたら、

1,祖母上の実家が江戸時代からの重富島津家の一族だった。
2,江戸時代から重富島津家の家来筋だったか、明治以降に同家に奉公に上がった。
3,重富島津家の方と鹿児島もしくは東京で知り合いだった。

以上のようなどのケースにあたるかによって、調査方法も違ってきますね。
1か2だったら、調べる方法はあるかも知れません。

お答えになっているかわかりませんが、限られた情報ではこれ以上のお答えはできそうもありません。
もし個人情報などを気にされておられるなら、別途、ブログ右側下のメールフォームから小生宛てにメールをいただければと思います。メールなら、ブログには表示されませんので。


郷士の出じゃっど。
松元
東京在住です。ですが、私の出はまぎれも無い重富島津の郷士でございもす。重富島津は実に合理精神をもった島津の家臣であったと言われている事をご存知だろうか。私の祖先が重富島津の芋侍として暮らしていた所(姶良郡姶良町西餅田=重富)は火山灰から切り取った石造りの門と壁に囲まれた地で今でもその佇まいを残しています。そして叔父が暮らしておりもんど。今和泉や伊集院、鹿屋の島津家は明治以降その名を残そうと武家屋敷存続の為に小作人の労を犠牲にして今の観光地を作ったのです。重富島津家とその家臣は過去の遺物を残す事より貧しかった人民の生活向上の為に汗したのです。
私の家系はとても貧しいながらずっと武士です。親父も86歳ですが、矍鑠として武士の精神で生きております。私も何故か自然に武士の歩きと走りを身につけています。これはDNAなのでしょう。先祖の墓は重富にあります。
長いコメントで失礼しました。リクエストあれば続き書きます。

重富島津家
桐野作人
松元さん、はじめまして。

松本ではなく、松元だというあたり、鹿児島を感じますね。
重富島津家の家臣筋の出ですか。

伊集院に島津家(分家でしょうが)はなかったような気がしますが……。鹿屋の島津家というのは花岡家でしょうかね?

いろいろ面白い話有難うございました。

管理人のみ閲覧できます
-


アドレス
桐野
えっと、15歳の方からご質問をいただきました。
お答えしようと思ったのですが、アドレスが文字化けして表示されません。
もしよろしければ、再度アドレスをお教え下さいませ。

管理人のみ閲覧できます
-


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。東京のKakoです。

島津重富を検索してたどりつきました。
実は私の祖祖母(鹿児島姶良郡重富村)の生誕について島津家と遠からず所縁があるらしいとのことで
探し調べておりましたが、どう調べれば良いのやら困っていました。
なにかアドバイスを頂けたら嬉しいのですが。
唐突で申し訳ありません。
2007/02/26(Mon) 12:35 | URL  | かごんまファン #-[ 編集]
はじめまして
Kakoさん、はじめまして。

祖母上が島津家とご縁があるとか。
島津家とは重富島津家なのでしょうか?
またご健在でおられるのでしょうか?

お調べになっていることについて、問題は、そのご縁がどのようなものかによるかと思います。考えられるとしたら、

1,祖母上の実家が江戸時代からの重富島津家の一族だった。
2,江戸時代から重富島津家の家来筋だったか、明治以降に同家に奉公に上がった。
3,重富島津家の方と鹿児島もしくは東京で知り合いだった。

以上のようなどのケースにあたるかによって、調査方法も違ってきますね。
1か2だったら、調べる方法はあるかも知れません。

お答えになっているかわかりませんが、限られた情報ではこれ以上のお答えはできそうもありません。
もし個人情報などを気にされておられるなら、別途、ブログ右側下のメールフォームから小生宛てにメールをいただければと思います。メールなら、ブログには表示されませんので。
2007/02/26(Mon) 23:13 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
郷士の出じゃっど。
東京在住です。ですが、私の出はまぎれも無い重富島津の郷士でございもす。重富島津は実に合理精神をもった島津の家臣であったと言われている事をご存知だろうか。私の祖先が重富島津の芋侍として暮らしていた所(姶良郡姶良町西餅田=重富)は火山灰から切り取った石造りの門と壁に囲まれた地で今でもその佇まいを残しています。そして叔父が暮らしておりもんど。今和泉や伊集院、鹿屋の島津家は明治以降その名を残そうと武家屋敷存続の為に小作人の労を犠牲にして今の観光地を作ったのです。重富島津家とその家臣は過去の遺物を残す事より貧しかった人民の生活向上の為に汗したのです。
私の家系はとても貧しいながらずっと武士です。親父も86歳ですが、矍鑠として武士の精神で生きております。私も何故か自然に武士の歩きと走りを身につけています。これはDNAなのでしょう。先祖の墓は重富にあります。
長いコメントで失礼しました。リクエストあれば続き書きます。
2008/03/09(Sun) 23:04 | URL  | 松元 #-[ 編集]
重富島津家
松元さん、はじめまして。

松本ではなく、松元だというあたり、鹿児島を感じますね。
重富島津家の家臣筋の出ですか。

伊集院に島津家(分家でしょうが)はなかったような気がしますが……。鹿屋の島津家というのは花岡家でしょうかね?

いろいろ面白い話有難うございました。
2008/03/10(Mon) 18:21 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/05/08(Sat) 11:46 |   |  #[ 編集]
アドレス
えっと、15歳の方からご質問をいただきました。
お答えしようと思ったのですが、アドレスが文字化けして表示されません。
もしよろしければ、再度アドレスをお教え下さいませ。
2010/05/11(Tue) 23:22 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/08/29(Wed) 21:26 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/06/08(Sun) 23:22 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。