歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拙著『だれが信長を殺したのか』(PHP新書)のなかで、さっそく、うっかりした点を発見してしまった(苦笑)。

山城愛宕郡高野の豪族で佐竹出羽守という人がいるが、彼は比叡山延暦寺の焼き討ち後、光秀の配下の与力となった(姉妹の一人は吉田兼見夫人)。
その佐竹が元亀年間に、光秀とトラブルを起こしたことがある(拙著190頁)。その原因を光秀との寄親・与力関係か知行問題だろうと推定した。

そう書きながら、頭に何か引っかかりを感じていた。それが今日はっきりわかった。ちゃんと原因を書いた論文を見つけたのである。しかも、信長関係では基本的に押さえておくべき主要論文のひとつだった……。それは、

染谷光廣「織田政権と足利義昭の奉公衆・奉行衆との関係について」 『織田政権の研究』 吉川弘文館 1985年

追放された将軍義昭の奉公衆・奉行衆の多くが織田権力に取り込まれ、なかでも光秀の配下になった者が相当数いたことが書かれている。一昔前には何度も参照した論文である。

いかん、頭ですっかり消しゴムが働いている……。

で、染谷論文には、その原因を「山城光源院領の儀」と、もうひとつ「二十日銭」などの利権をめぐって、光秀と係争したとあった。

そう、頭に引っかかっていたのは、消しゴムがわずかに消し忘れたこの部分だったのだ。

ところで、「二十日銭」って何だろうか? 読みは「はつかせん」でいいのだろうか? 地子銭? 通行税?
日国(小学館『日本国語大辞典』)で引いてみたが、「はつかせん」では立項されていない。
問題がひとつ解決したと思ったら、また別の問題が派生してしまった(爆)。

スポンサーサイト

【2007/03/26 23:28】 | 信長
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。