歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第211回
―大乗院の白地蔵を誤伝か―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をご覧下さい。

今回は、「ジメサア」像について書きました。
以前も書いたことがあるのですが、中途半端に終わっていました。

ジメサアの前身(像じたいは変わっていませんが)が島津家の祈願所だった大乗院の白地蔵だったことは、松尾千歳さん(尚古集成館副館長)の著書などで知っていたのですが、今回新たに稿を起こしたのは、先日、講演で帰鹿したのがきっかけで、旧知の吉満庄司さん(前黎明館学芸員)から白地蔵についての史料を教えてもらったからです。

「鹿児島ぶり」(鹿児島風流と書くらしい)という紀行文。
伊東凌舎という講釈師、江戸っ子らしく、なかなか面白いです。やはり外部からの視点は新鮮でいいですね。
しかも、白地蔵のイラストまで描いてくれてます。
版権の関係でイラストを載せられないのが残念ですが、興味のある方は『日本庶民生活史料集成』第9巻(三一書房)に収録されていますから、調べて下さい。

今回のポイントは、

1.「ジメサア」という命名が間違い=白地蔵と呼ぶべき
2.ジメサアの前身である白地蔵も亀寿とは無関係
3.したがって、ジメサア像の「由緒」(そもそもあやふやなものですが)を亀寿(やその容貌)と結びつけるのは的外れもいいところ。

というものです。

ではいつ、なぜ、「ジメサア」と呼ばれるようになったのか?
確証はありませんが、意外と新しく、戦後のことのようです。
調べ方としては、戦後の新聞のバックナンバーをめくると、初見の記事を見つけられるかも知れません。気が遠くなるような作業ですが……。

次回は未定です。

最近、順位落ち気味なので、ぜひ下記をクリックして下さい。
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/10/17 19:47】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
こんばんは。興味深い話拝読させて頂きました。

今回のお話によると、大正時代の再発見から戦後の間の空白の数十年の間に何かあったと言うことでしょうか。そのきっかけになった物は何だったのでしょうか、気になるところです。



ランキング用ボタンの件ですが
坐忘
ボタンを色付きの目立つ大きなものにして、一記事に最低限二箇所以上(冒頭と終末は必須として)配置されてはいかがでしょうか。いまのように控え目な置き方では非常に勿体無いと思います。わたしもまったくクリックを忘れてました(><; ここは、例えば島津義広さんの人気ブログ(博士の独り言II)のようにしていただければ、押し忘れることは無くなるかと思います。

仕掛け人
桐野
ばんないさん

白地蔵がジメサアになったいきさつについては、仕掛け人がいたと聞き込みました。
それも複数説があり、よくわかりません。
あやふやな伝聞なので、記事には書けないのですが……。

バナー
桐野
坐忘さん

アドバイス有難うございました。

私も一度、バナーの設置に挑戦したのですが、うまくいきませんでした。
バナーのほうがもっと目立つんでしょうけどね。


バナーの設定例
坐忘
桐野さん、こんばんは。
ちょっとFC2ブログに入って確認してみましたが、
例えば、記事上部にバナーを貼るには、以下の手順でいけました。

①タグの取得
 管理画面→環境設定→プラグインの設定→
 →FC2ブログランキング行右端の詳細→FC2ブログランキングの編集
 →プラグインの改造行右の【HTMLの編集】をクリック
 →表示される6行ほどの記述を選択してコピー

②HTMLへの貼付
 管理画面→環境設定→テンプレートの設定→HTML編集
 <div class="entry_body">を探し、その行の直前に、
 ①でコピーした記述を貼り付け、プレビューし、良ければ設定ボタンで確定します。

バナーのデザインは、貼り付け記述中の a_01 を、c_02 とか c_01 とかに適当に変えてプレビューして選びます(バナー一覧から選びにくいようなので)。
記事下部に対しても挿入位置を変えれば、同様に配置出来ると思います。

以上、お時間があるときにお試しされてはいかがでしょうか。

御礼
桐野
坐忘さん

ご親切に有難うございます。

以前試したのですが、なぜできなかったのでしょうね?

Re:バナーの件
坐忘
桐野さん、こんにちは。
今回わたしも設定途中で謎のエラーが出て進まなくなったことがありました。
そこでブラウザを起ち上げ直したらエラーが出なくなりましたので、
ブラウザとの相性問題があったのかもしれませんね。
また、ブログ設定機能のバージョンアップが何回かなされているようなので、
タイミングが悪かった可能性もあります。
それにしてもFC2は機能が豊富で、かなりのカスタマイズが出来そうですね。

設定さえ出来れば実力・内容からいってFC2歴史分野で二位はすぐでしょう。
(一位には政治モノが居座っていますのですぐに抜くことは難しそうですが)
昨年は2chの大河板で桐野さんのブログ内容に反応する人が多かったです。
講演や執筆でお忙しいのに、ブログでこんなに親しくいろんなことを
教えていただけるのは望外の幸せというしかありません。
もし司馬さんや海音寺さんの時代にブログがあったとしても、
ここまでのサービスはとても考えられないですものねw

ランキング
桐野
坐忘さん

バナーの件はそのうち再チャレンジしてみます。

まあ、バナーがなくても、3年前、篤姫の大河のときは、歴史系ランキングでは半年くらいずっとトップだったのですけどね(笑)。

2chはのぞいていませんが、私のブログが話題になっても、たいがい叩かれるケースが多いのではないでしょうか。以前、だいぶ叩かれましたしね(笑)。

またよろしく。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。興味深い話拝読させて頂きました。

今回のお話によると、大正時代の再発見から戦後の間の空白の数十年の間に何かあったと言うことでしょうか。そのきっかけになった物は何だったのでしょうか、気になるところです。

2011/10/18(Tue) 23:58 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
ランキング用ボタンの件ですが
ボタンを色付きの目立つ大きなものにして、一記事に最低限二箇所以上(冒頭と終末は必須として)配置されてはいかがでしょうか。いまのように控え目な置き方では非常に勿体無いと思います。わたしもまったくクリックを忘れてました(><; ここは、例えば島津義広さんの人気ブログ(博士の独り言II)のようにしていただければ、押し忘れることは無くなるかと思います。
2011/10/19(Wed) 23:50 | URL  | 坐忘 #BbVmplvY[ 編集]
仕掛け人
ばんないさん

白地蔵がジメサアになったいきさつについては、仕掛け人がいたと聞き込みました。
それも複数説があり、よくわかりません。
あやふやな伝聞なので、記事には書けないのですが……。
2011/10/22(Sat) 11:15 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
バナー
坐忘さん

アドバイス有難うございました。

私も一度、バナーの設置に挑戦したのですが、うまくいきませんでした。
バナーのほうがもっと目立つんでしょうけどね。
2011/10/22(Sat) 11:16 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
バナーの設定例
桐野さん、こんばんは。
ちょっとFC2ブログに入って確認してみましたが、
例えば、記事上部にバナーを貼るには、以下の手順でいけました。

①タグの取得
 管理画面→環境設定→プラグインの設定→
 →FC2ブログランキング行右端の詳細→FC2ブログランキングの編集
 →プラグインの改造行右の【HTMLの編集】をクリック
 →表示される6行ほどの記述を選択してコピー

②HTMLへの貼付
 管理画面→環境設定→テンプレートの設定→HTML編集
 <div class="entry_body">を探し、その行の直前に、
 ①でコピーした記述を貼り付け、プレビューし、良ければ設定ボタンで確定します。

バナーのデザインは、貼り付け記述中の a_01 を、c_02 とか c_01 とかに適当に変えてプレビューして選びます(バナー一覧から選びにくいようなので)。
記事下部に対しても挿入位置を変えれば、同様に配置出来ると思います。

以上、お時間があるときにお試しされてはいかがでしょうか。
2011/10/24(Mon) 23:44 | URL  | 坐忘 #BbVmplvY[ 編集]
御礼
坐忘さん

ご親切に有難うございます。

以前試したのですが、なぜできなかったのでしょうね?
2011/10/26(Wed) 01:49 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
Re:バナーの件
桐野さん、こんにちは。
今回わたしも設定途中で謎のエラーが出て進まなくなったことがありました。
そこでブラウザを起ち上げ直したらエラーが出なくなりましたので、
ブラウザとの相性問題があったのかもしれませんね。
また、ブログ設定機能のバージョンアップが何回かなされているようなので、
タイミングが悪かった可能性もあります。
それにしてもFC2は機能が豊富で、かなりのカスタマイズが出来そうですね。

設定さえ出来れば実力・内容からいってFC2歴史分野で二位はすぐでしょう。
(一位には政治モノが居座っていますのですぐに抜くことは難しそうですが)
昨年は2chの大河板で桐野さんのブログ内容に反応する人が多かったです。
講演や執筆でお忙しいのに、ブログでこんなに親しくいろんなことを
教えていただけるのは望外の幸せというしかありません。
もし司馬さんや海音寺さんの時代にブログがあったとしても、
ここまでのサービスはとても考えられないですものねw
2011/10/26(Wed) 14:26 | URL  | 坐忘 #BbVmplvY[ 編集]
ランキング
坐忘さん

バナーの件はそのうち再チャレンジしてみます。

まあ、バナーがなくても、3年前、篤姫の大河のときは、歴史系ランキングでは半年くらいずっとトップだったのですけどね(笑)。

2chはのぞいていませんが、私のブログが話題になっても、たいがい叩かれるケースが多いのではないでしょうか。以前、だいぶ叩かれましたしね(笑)。

またよろしく。
2011/10/26(Wed) 17:41 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック