歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先々月末に発売された拙著がめでたく重版が決定しました。

1カ月ほどでの重版、定価が高いだけによく頑張ったと思います。
お買い求めいただいた方々に改めて感謝申し上げます。

恥ずかしながら、誤植もありますので、さっそく修正作業をしないと。

拙著については、版元サイトのここをご覧下さい。ネット書店のバナーもたくさんついています。
アマゾンの場合ですと、ここをご覧下さい。

↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね。↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2011/11/01 18:00】 | 信長
トラックバック(0) |

朗報
市野澤 永
おめでとうございます!

自分のことのように嬉しいです。

重版,おめでとうございます!
サイト
御著を読み終えました。最新研究をふんだんに盛り込んだ内容で読み応え十分でした。個人的には,信勝の官名と諱,上杉輝虎への養子の件,家康の馬揃え,安土城天主倒壊の内容に関する記述が大変興味深かったです。今後の研究の進展も楽しみです。さて,御著の誤植の件ですが,すでにお気づきかもしれませんが,当方が気づいたのは,516頁の蒲生賦秀のルビ,530頁で信房が信長の四男になっている点です。念のためお知らせします。

御礼
桐野
ご支援、ご購読有難うございます。
重版になったのもみなさんのおかげです。

秀勝と信房の順番ですが、最近の研究では信房のほうが年上ではないかといわれています。ですから、四男としました。
参考:谷口克広『織田信長家臣人名辞典』第2版


御礼
サイト
桐野先生
御教授ありがとうございます!研究は,本当に日進月歩ですね。谷口先生の著書もだいぶ読んでいますが,家臣人名辞典は,まだ見ていませんでした。今度,チェックしてみたいと思います。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
朗報
おめでとうございます!

自分のことのように嬉しいです。
2011/11/01(Tue) 19:24 | URL  | 市野澤 永 #-[ 編集]
重版,おめでとうございます!
御著を読み終えました。最新研究をふんだんに盛り込んだ内容で読み応え十分でした。個人的には,信勝の官名と諱,上杉輝虎への養子の件,家康の馬揃え,安土城天主倒壊の内容に関する記述が大変興味深かったです。今後の研究の進展も楽しみです。さて,御著の誤植の件ですが,すでにお気づきかもしれませんが,当方が気づいたのは,516頁の蒲生賦秀のルビ,530頁で信房が信長の四男になっている点です。念のためお知らせします。
2011/11/03(Thu) 21:47 | URL  | サイト #-[ 編集]
御礼
ご支援、ご購読有難うございます。
重版になったのもみなさんのおかげです。

秀勝と信房の順番ですが、最近の研究では信房のほうが年上ではないかといわれています。ですから、四男としました。
参考:谷口克広『織田信長家臣人名辞典』第2版
2011/11/04(Fri) 15:24 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
御礼
桐野先生
御教授ありがとうございます!研究は,本当に日進月歩ですね。谷口先生の著書もだいぶ読んでいますが,家臣人名辞典は,まだ見ていませんでした。今度,チェックしてみたいと思います。
2011/11/06(Sun) 16:25 | URL  | サイト #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。