歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
日曜日だったけど、茨城県筑西市で開かれていた講座「お江の生涯」に出講。

今日は第3回で最終回。
間に15分だけの休憩を挟んで4時間という長丁場の講義でした。
史料をたくさん出したけど、消化不良じゃなかったかなと心配。

でも、家光がお江の実子か否かという話に受講者のみなさんの反応がよく、関心が一番高かった感じがした。
あまり食べずに行ったため、エネルギー不足を感じ、休憩時間に持参した自宅の柿を食べて補給したので、何とか乗り切ることができた。

第1回のときは終了後まだ明るかったが、今日はもう真っ暗だった。考えみれば、もうすぐ冬至だよな。


明後日はてらこやの講座「『保古飛呂比』を読む」が始まります。
これは土佐藩士(大目付)の佐佐木高行の日記です。
いよいよ激動の慶応3年(1867)に入ります。
興味のある方は受講してみませんか。
講座内容の詳細はここです。
会場案内はここです。

↓↓↓下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/11/27 23:52】 | イベント
トラックバック(0) |

こんにちは
長南政義
ご無沙汰いたしております。

『保古飛呂比』ですか。古書価が高いので、マツノ書店さんが復刻してくれると、入手しやすくなるんですが。

う~ん
桐野
長南政義さん

保古飛呂比、復刻すれば有難い人もいると思いますけど、いかんせん、部数がそれほど出ないのではと思います。それに10巻以上と長大ですしね。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
ご無沙汰いたしております。

『保古飛呂比』ですか。古書価が高いので、マツノ書店さんが復刻してくれると、入手しやすくなるんですが。
2011/11/30(Wed) 16:31 | URL  | 長南政義 #-[ 編集]
う~ん
長南政義さん

保古飛呂比、復刻すれば有難い人もいると思いますけど、いかんせん、部数がそれほど出ないのではと思います。それに10巻以上と長大ですしね。
2011/11/30(Wed) 18:25 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック