歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第216回
―卜占で進退や城普請助言―

昨日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回もこの間の取材成果を活かしたものです。
江夏友賢のことはある程度知っていましたが、先日の取材の際、墓の所在地がわかったので、さっそく撮影しました。民家の中でしたが、家主さんから快くお許しをいただきました。有難うございます。

江夏友賢は帰化明人です。
鹿児島ではプロ野球選手だった有名人と違い、「こうか」と読みます。

『上井覚兼日記』に登場するので、かなり有名な明人だったと思います。
もっと探せば史料があるかもしれません。今回は同日記の記事を中心にご紹介しました。
卜占のことを具体的に書いた解説書などを遺していないのでしょうかね?

記事でも紹介したように、帰化明人はほかにも許三官や汾陽理心がいます。
彼らも紹介できればいいなと思っています。

次回は何にするか未定です。

↓↓↓下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2011/11/29 15:28】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

地元の商人さん
より
桐野さん、寒くなりましたわね。
精力的にご活躍で。。

「江夏」や「林」「五島」「雉子牟田」辺りを
私もちょこちょこ追っかけてますの。

「林」さんのご子孫の方とも一時期
近所のお好み焼き屋さんでお会いしていたのよ。
中国語・韓国語・日本語が流暢なのには
驚いたわ。。
いろいろお尋ねしたいことが多いのですが
最近お見かけしないの。
実はそのお店も、最近空いてないのよ。。
ご高齢だから、ちょっと心配よね。
段々物知りが少なくなるのは寂しいわ。

江夏友賢の子孫
桐野
よりさん

江夏友賢の子孫がやはりおいでなのですね。
鹿児島には意外と江夏名字は多い気がします。

商店が多いです
より
霧島市では、大型スーパが、それらの名前を。
昔は、大半が、商売繁盛でしたが、、
時流に乗れないとなかなか。

渡来関連も、薩南学派と絡めて、
ちょうさ出来れば。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
地元の商人さん
桐野さん、寒くなりましたわね。
精力的にご活躍で。。

「江夏」や「林」「五島」「雉子牟田」辺りを
私もちょこちょこ追っかけてますの。

「林」さんのご子孫の方とも一時期
近所のお好み焼き屋さんでお会いしていたのよ。
中国語・韓国語・日本語が流暢なのには
驚いたわ。。
いろいろお尋ねしたいことが多いのですが
最近お見かけしないの。
実はそのお店も、最近空いてないのよ。。
ご高齢だから、ちょっと心配よね。
段々物知りが少なくなるのは寂しいわ。
2011/12/04(Sun) 15:14 | URL  | より #EBUSheBA[ 編集]
江夏友賢の子孫
よりさん

江夏友賢の子孫がやはりおいでなのですね。
鹿児島には意外と江夏名字は多い気がします。
2011/12/05(Mon) 00:22 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
商店が多いです
霧島市では、大型スーパが、それらの名前を。
昔は、大半が、商売繁盛でしたが、、
時流に乗れないとなかなか。

渡来関連も、薩南学派と絡めて、
ちょうさ出来れば。
2011/12/05(Mon) 11:00 | URL  | より #EBUSheBA[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。