歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第220回
―斥候中の負傷で破傷風―


先週は休刊日でお休みでしたが、本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は益満休之助の死について書きました。
益満が隠密活動に従事していたために(薩摩藩の裏を知りすぎていたので)、その死については、西郷らによる謀殺説までありますが、負傷自体は大したことはなく、直接の死因は破傷風ですから、噴飯ものとしかいいようがないですね。
また西郷が益満の負傷を心配して、早く横浜に移送するようにと命令を出した書簡が残っています。
伊牟田尚平や相楽総三などの非業の死もすべて西郷の謀略によるものだという俗説にも困ったものです。

益満が破傷風がもとで亡くなったことについて、上野に近い加賀藩邸(現在の東京大学本郷キャンパス)周辺は以前から「祟り」による不審死が多いという風聞が根強く、その祟りを鎮めるために富士浅間社が建立されたほどです。また明治以降、同大学農学部で飼育している家畜が頻繁に破傷風で死亡するので、調べてみたところ、破傷風菌が周囲の土壌から検出されたそうで、益満の負傷推定地一帯は破傷風菌によって汚染されていたことが細菌学的に判明しているとか。
上野戦争では、政府軍のなかで益満のほか、もう一人破傷風で死亡した兵士がいるそうです。

記事からは少し離れますが、益満について以前から少し気になっていたことがあります。
益満の通称についてです。一般に休之助ですが、一説によれば、それ以前に新八郎と名乗っていたのではないかともいわれています。私もいつぞや幕末維新研究者のM地M人さんから、新八郎と休之助は同一人物なのかと尋ねられたことがあったほど。
そのときは答えに窮して、益満家の系図が載った論考を送ってお茶を濁しましたが、じつのところ、今もってよくわかりません。

管見のかぎりですが、休之助と新八郎が同一人物であることを示す一次史料を見出せないでおります。
ところが、たとえば、益満の小伝をまとめた故・川畑利久氏は「新八郎は通称でのち休之助(諱)行武といい」と断言しています。しかし、典拠は示されていません(『鹿児島歴史研究』3号、1998年)。ご存命なら、典拠を尋ねることもできたのですが……。

そうかと思えば、故・村野守治氏は益満家の子孫から提供された系譜を載せていますが、それには通称休之助しか記されていません。その一方で、休之助の三弟邦介についての解説では「新八郎」と書いています(『敬天愛人』5号、1987年)。
でも、上記川畑氏は邦介について「新七郎」という通称を付記しています。兄弟で同じ通称を同時期に名乗ることは考えにくいので、新八郎は誤記か誤植で、邦介は新七郎ではないかと思われます。

となると、その兄の休之助が新八郎というのもやや不自然な名乗りではありますね。
いずれにせよ、一次史料で確認できないので、何ともいいようがないというところで、M地さんからの問い合わせ以降、まったく進展がないという体たらくです。
もし何かご存じの方がおいでなら、ご教示下さい。

益満については、攘夷派としての薩邸焼き打ちまでの足跡も書きたかったのですが、紙数の関係で断念しました。次の機会にでも。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2012/01/09 16:04】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

納得です
ながお
桐野様

こんばんわ。今年もよろしくお願いします。

益満休之助の死因、とても科学的な説明で納得です。
破傷風は私の住んでいる地域でも昔流行ったそうです。関東は多いのでしょうか。

破傷風
桐野
ながおさん

破傷風はどの地域に多いのかはよく知りません。
ただ、以前、湘南か鎌倉だったか、海水浴で足を負傷したとき、病院で傷口の状態がよくないからと、破傷風の予防接種をしたことがありました。
そのときは海中にあった鉄筋での裂傷でした。
意外と多いのかも知れませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
納得です
桐野様

こんばんわ。今年もよろしくお願いします。

益満休之助の死因、とても科学的な説明で納得です。
破傷風は私の住んでいる地域でも昔流行ったそうです。関東は多いのでしょうか。
2012/01/09(Mon) 23:22 | URL  | ながお #-[ 編集]
破傷風
ながおさん

破傷風はどの地域に多いのかはよく知りません。
ただ、以前、湘南か鎌倉だったか、海水浴で足を負傷したとき、病院で傷口の状態がよくないからと、破傷風の予防接種をしたことがありました。
そのときは海中にあった鉄筋での裂傷でした。
意外と多いのかも知れませんね。
2012/01/10(Tue) 23:41 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック