歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年6月2日(本能寺の変の日)、京都・阿弥陀寺の慰霊祭に参加したとき、同寺所蔵の古文書を拝見した。
そのなかに、明智光秀・島田秀満・塙直政らが連署した下知状があった。たしか元亀2年(1571)のものだった。

奉行人の光秀たちが花押の代わりに印判を捺していたのが印象的だった。
なぜ印判なのかという点について、この連署状、京都の寺社に同文が多数(数百枚だったか)発給されたため、いちいち花押を書くのが面倒なので印判で済ませたという説を読んだ。
現存する光秀文書ではこの印判は1点だけという理由が納得できたので、よく覚えている。

つい最近読んだにもかかわらず、その本か論文をすっかり忘れてしまった(汗)。

物忘れが激しくてどうしようもない。
はて、何に書いてあったかな?

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/01/18 22:39】 | 信長
トラックバック(0) |

その本か論文
水野青鷺
桐野作人先生、ずいぶん前に一度コメントして以降、貴サイトをずっと「見たきり老人」状態となっております。
さて、「その本か論文」とのことですが、もしかして 立花京子「信長天下布武印と光秀菱形印」(有光友學編『戦国期印章・印判状の研究』磐田書院)ではないのでしょうか。違っていたらごめんなさい。

御礼
桐野
水野青鷺さん

ご教示感謝です。
立花さんの論文でないことだけはたしかです。
でも、その論文の注にヒントがあるかもしれません。助かりました。


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
その本か論文
桐野作人先生、ずいぶん前に一度コメントして以降、貴サイトをずっと「見たきり老人」状態となっております。
さて、「その本か論文」とのことですが、もしかして 立花京子「信長天下布武印と光秀菱形印」(有光友學編『戦国期印章・印判状の研究』磐田書院)ではないのでしょうか。違っていたらごめんなさい。
2012/01/19(Thu) 11:35 | URL  | 水野青鷺 #BaoC.tsY[ 編集]
御礼
水野青鷺さん

ご教示感謝です。
立花さんの論文でないことだけはたしかです。
でも、その論文の注にヒントがあるかもしれません。助かりました。
2012/01/19(Thu) 22:05 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。