歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
日次記です。

24日(火)
19:00から日比谷で「てらこや」講座に出講。
今回は「保古飛呂比」14回目。
テーマは「兵庫開港問題とパークス一行伏見通過事件」。
英国公使パークス一行が伏見を通過したのをきっかけに、朝廷で議奏・武家伝奏4名が罷免された一件はこれまであまり検討されていないのではないだろうか。
『中山忠能日記』『続再夢紀事』などから、この事件を少し詳しく見た。
とくに会津藩・秋月悌次郎はこの事件を画策したのは小松帯刀だと、越前藩に訴えている。
これについては、連載「さつま人国誌」第218回(ここです)で、ちょうどこの事件を報告した小松書簡を紹介したことがある。
パークスにはパークスの思惑があり、一方で小松も四侯会議を前に、朝廷人事刷新を訴えているという微妙な関係にある。上記書簡では、小松はこの事件の事情はよく知らず、あとからわかった」と釈明している。さて、真相はいかに?

25日(水)
午前中は国会図書館に史料閲覧・複写に行く。
新システムになってから初めて。
慣れていないせいもあるが、やはり何となく使いづらい感じ。
PC端末での蔵書検索・閲覧申し込みもちょっと具合が悪かった。
利用者再登録を早くやらないと、以前の登録が取り消されてしまうみたいだ。それと、利用者登録するとしないとでは利用条件が雲泥の差になるようだ。登録しないで当日の臨時カードで入館すると、閲覧はできるが、複写などのサービスは不可のようだ。要注意です。
いずれにしろ、従来より規制が強化された感じだ。同館では以前、利用者の閲覧履歴をよそに提供した過去もあるからな。


午後から霞会館に行く。
時間が押していたので、地下鉄永田町駅から赤坂見附駅までの地下連絡通路を歩いたら、長い長い。寒いのに一汗かいてしまった。
大久保利泰氏(利通曽孫)を訪ねる。
用件は霞会館の関連団体である尚友倶楽部からの講演依頼についての打ち合わせ。
大久保さんは尚友倶楽部の世話人もされている由。担当者Uさんを紹介される。何と、水野勝成のご子孫とか。
演題は「龍馬暗殺―薩摩黒幕説の背景―」となる。日にちは来月14日。
尚友倶楽部は、旧伯爵・子爵と旧貴族院の勅選議員が会員とか。
当会は明治~昭和期のいい史料集を刊行している。
いろいろ見せていただいた。個人的には『山県有朋関係文書』『品川弥二郎文書』が興味深かった。

26日(木)
午前中、東京駅から新幹線に乗る。
名古屋の中日文化センターで講座「信長公記を読み解く」に出講。
今回は第6クールの第1回。通回だと、31回目か。
今回のテーマは「雑賀攻めと松永久秀の滅亡」
ようやく天正5年(1577)に入りました。
雑賀衆とは何ぞやという話をしました。フロイスの有名な記録や武内善信さんの論文などを紹介。
雑賀一揆(惣郷集団)と雑賀一向宗は組織原理が異なり、分けて考えたほうがよいことを話す。
あと、雑賀には本願寺門徒だけでなく、浄土宗(鎮西派と西山派)、新義真言宗など諸宗派が混在していることも話す。
結局、また盛り込みすぎで、松永久秀の最期については次回まわしとなりました。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2012/01/28 20:33】 | 日次記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック