歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
今週も忙しいというより、あわただしかったです。

22日(火)は小学館古文書講座「てらこや」で『保古飛呂比』を読みました。
イカロス号事件の長崎談判をやりました。

24日(木)は名古屋に出張し、中日文化センター講座「信長公記を読み解く」に出講。
「安土城天主は倒壊したか」と題してやりました。
「アツチ之天主倒れおわんぬ」と書かれた新史料をもとにした和田裕弘さんのお説を紹介しました。
天正6年(1578)5月12日条に安土城天主が倒壊したとある記事です。
安土と奈良という距離感を考えると、もし倒壊したとすれば、前日の11日ではないかとも思います。
やはり、同年正月、天王寺屋宗及の他会記に安土で天主を見学したという記事があるのが決定的ではないかと思っています。
すでに安土城天主は同5年中に完成していたと考えるのが自然でしょう。となると、同7年5月11日という「吉日」に信長が天主に「移徙」したという信長公記の記事との整合性がつきません。あのせっかちな性格の信長が1年半以上も前に完成している天守に入らないというのは考えにくいです。
その間に初代天主が倒壊したために天主再建に時間がとられたとすれば、無理なく辻褄が合うのですけど、なかなか認知されませんね(笑)。

そして26日本日、午後から武蔵野大学でオムニバス名城講座「城を攻める」の第1回「小田原城と秀吉襲来」に出講です。
他の原稿と重なって、資料づくりが大変でした。月曜日にお送りするといいながら、送れたのは昨金曜日午後でした(汗)。

では、頑張ってきます。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/05/26 09:41】 | 雑記
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今週も忙しいというより、あわただしかったです。22日(火)は小学館古文書講座「てらこや」で『保古飛呂比』を読みました。イカロス号事件の長崎談判をやりました。24日(木)は名古屋に出張し、中日文化センター講座「信長公記を読み解く」に出講。「安土城天主は倒壊し...
2012/05/26(Sat) 09:49:40 |  まとめwoネタ速neo