歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第236回
―箱館戦争で縦横の活躍―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックして下さい。

春日と赤塚源六のテーマも最終回です。
今回は箱館戦争がメインです。
春日と榎本艦隊との激闘をほんのさわりだけ紹介しました。
榎本艦隊の千代田形を鹵獲、蟠龍を撃沈と活躍しています。まあ、政府艦隊には沈没した開陽を上回る甲鉄艦がいたので優勢ではあったのですが。

『薩藩海軍史』の箱館戦争の部分を読むと、榎本艦隊もさることながら、弁天台場が予想以上の奮戦をみせたという印象です。
春日も同台場からの砲撃により、喫水線に被弾し、あわや沈没かという状況になったほどです。

面白いのは、賞典禄が人間だけでなく、軍艦にも与えられていることです。
春日の3.300石という賞典禄は破格ですね。

赤塚源六は明治4年(1871)、海軍大佐まで昇進しました。現場のたたき上げとしては異例の昇進です。
そのままいけば、赤塚は日清・日露の両戦役などでも活躍し、海軍大将、元帥も夢ではなかったかもしれません。部下の東郷平八郎が連合艦隊司令長官になったほどですから。

しかし、ほどなく「肺疾」を発病し、退役のやむなきに至ります。おそらく肺結核でしょうね。
記事には紙数の関係で書きませんでしたが、病床の赤塚に明治天皇から侍医が派遣され、菓子を贈られています。

赤塚は熱海で療養しましたが、そのとき、和歌を数首詠んでおり、「赤塚真成履歴」に収録されています。
軍艦乗りにしては風雅のたしなみもあったようです。多くは望郷の歌です。自分がもう帰郷できないことを覚悟していたのでしょうか。いずれの歌も死の少し前だと思います。

=故郷を思ふ折不如帰鳴き渡る=
心あらばしばしとまれよほととぎす わがふるさとに言つけやせん

墓は東京・白金台の海軍埋葬地に葬られたと「赤塚真成墓誌」にあります。この墓誌は伊地知正治と仁礼景範が書いたようです。
白金台の海軍埋葬地は明治学院大学構内に現存しています。そこに赤塚が眠っているはずですが、確認できていません。
記事に載せた赤塚の墓は鹿児島の南林寺由緒墓地にあるものです。遺族が鹿児島にも分骨したか、供養墓として建てたものだと思われますが、詳しいことは不明です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/05/28 18:32】 | 信長
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
南日本新聞連載「さつま人国誌」第236回―箱館戦争で縦横の活躍―本日、連載が更新になりました。同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックして下さい。春日と赤塚源六のテーマも最終回です。今回は箱館戦争がメインです。春日と榎本艦隊との激闘をほ?...
2012/05/28(Mon) 19:26:14 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。