歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊那市教育委員会により、表題の陣城の発掘調査が行われた。
そして、巨大な空堀などが見つかったという。
もっとも、それ以前は古い居館跡だったらしく再利用である。
空堀も織田軍が新規に掘ったのか、あるいは旧居館のものを拡張したのかどうかは不明。

ソースの長野日報の記事はここ

地元では、信忠が一夜にして築き、「一夜の城」と呼ばれていたという。
秀吉の石垣一夜城より8年前のことになる。

信忠率いる織田軍が仁科盛信らがこもる高遠城に攻め寄せたのは天正10年(1582)3月1日。
翌2日には総攻めし、わずか1日で城は陥落している。
結果として「一夜限りの城」になったのはたしか。

なお、信忠の布陣場所だが、『信長記』巻15によれば、3月1日、信忠は高遠城と川(峰川か)を挟んだ「高山」に登って、高遠城を視察したのち、「かいぬま原」に陣取りしたとある。
「かいぬま原」が発掘場所となった伊那市富県貝沼だろう。もっとも、貝沼は高遠城から西へ4キロほど離れている。その間に高尾山(標高911メートル)ともうひとつ山名不明の標高1019メートルの山がある。高遠城を見下ろすには高尾山のほうが幸便か。あるいはもう少し高遠城寄りに山田城という山城跡があり、その山頂は937メートルある。『信長記』の「高山」はそのどれかだろう。

貝沼は陣城なので、高遠城のすぐ近くかと思ったが、少し離れていたのが意外だった。やはり総大将の本陣だからだろうか。

いずれにせよ、高遠城攻めの実態がある程度明らかになりそうだ。
来月中に観に行きたいものだ。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/06/26 12:23】 | 信長
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
伊那市教育委員会により、表題の陣城の一部が発掘調査が行われた。そして、巨大な空堀などが見つかったという。もっとも、それ以前は古い居館跡だったらしく再利用である。空堀も織田軍が新規に掘ったのか、あるいは旧居館のものを拡張したのかどうかは不明。ソースの長野...
2012/06/26(Tue) 14:08:42 |  まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。