歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月28日、名古屋・中日文化センターでの講座のとき、表題の遺構が発掘されたと知り、講座終了後、その足で京都に飛んだ。

記事はここです。

発掘現場は高いフェンスがあったため撮影困難で、フェンスの上から撮影しました。写真載せときます。手前の測量器がある掘り下げた部分が内堀です。この地点は二条第の内堀の北西角(やや南)にあたるところです。
内堀の右(内側)に隣接する浅く掘られた平面が犬走(いぬばしり)とのこと。
二条第内堀

その後、現地説明会があり、その資料を友人からいただきましたが、フロイス『日本史』の記事を引用してありました。
フロイスの報告はそのほかに『耶蘇会士日本通信』上(31号、1569年6月1日附)にもあり、『日本史』の記事と微妙に違いますので、参考までに引用しておきます。

「外には甚だ大なる堀を造り、之に水を満し、家鴨及び諸種の鳥を入れ、釣橋を架し、壁の高さ六七ブラザ、厚さは各所建築の必要に応じ六七八ブラザなり。三ヶ所に甚だ大なる門を設け、石堡を以て之を防禦し、其内に少しく狭き堀を造り、又遊歩場を設け、日本に在る一切を備へたり内部の整備巧妙にして美麗なることは言語に絶せり」

これによると、二条第には外堀(水濠)と内堀(赤字部分)があることがわかります。内堀はもともと将軍義輝の武衛陣の堀を再利用したものかもしれません。
今回、発掘された内堀には石垣がまったくなかったそうです。上記記事には外堀は大規模で石垣があったことがわかりますが、内堀に石垣があったとは書かれておりませんから、遺構と矛盾しません。

上記記事によると、外堀には「壁」(石塁か土塁)が付属していたことがわかりますが、内堀はどうだったのでしょうか?
一般的には堀と土塁(もしくは石塁)はセットのはずで、今回は犬走も発掘されているので、通常なら、その内側(右側)に土塁もしくは石塁があるはずです。写真右端にやや高い帯状の土盛が見られますが、これが土塁の底部跡で、上部は近世以降、削平されたのでしょうか?
なお、上記記事には「遊歩場」(青字部分)があったとあります。これは『日本史』にある庭園風の施設を指しているのでしょうか? まさか犬走が文字どおり遊歩道だったわけではないでしょうが。

取り急ぎ報告と感想まで。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/07/05 00:03】 | 信長
トラックバック(0) |

遊歩道
k2
桐野様
こんばんは。
私も現説聞いてきました。
土塁は確かあったと説明されていたと思います。
その高さがどれだけあったかは、不明ですがという説明だったと思います。
 遊歩道は、犬走りと考えてよさそうに思いますが、どうなんでしょう。
 手前に江戸時代の火事跡も出てるのですが、禁門の変の時かな?と憶測してました。

感銘と感謝と
NAO4@吟遊詩人
桐野先生、御無沙汰いたしております。

レポート拝見させていただき、

学者以上(何か語弊がありましたら、深謝いたします。)の御見識を御持ちでいながら、フットワークの軽さに、驚き感銘いたします。

また、ブログでレポートいただき、現場を至近で拝見するようで、歴史ファンとして深く感謝いたします。ありがとうございました。

土塁
桐野作人
k2さん

お久しぶりです。
やはり現説行かれたんですね。
内堀の土塁があったとの由。犬走りの右側の土盛りでしょうかね?
二条第ばかり気を取られて禁門の変の痕跡は思いつきませんでした。考えてみれば、そうですね。この付近も延焼したはずですから。


NAO4@吟遊詩人さん

多少はお役に立てて何よりです。





コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
遊歩道
桐野様
こんばんは。
私も現説聞いてきました。
土塁は確かあったと説明されていたと思います。
その高さがどれだけあったかは、不明ですがという説明だったと思います。
 遊歩道は、犬走りと考えてよさそうに思いますが、どうなんでしょう。
 手前に江戸時代の火事跡も出てるのですが、禁門の変の時かな?と憶測してました。
2012/07/05(Thu) 23:15 | URL  | k2 #-[ 編集]
感銘と感謝と
桐野先生、御無沙汰いたしております。

レポート拝見させていただき、

学者以上(何か語弊がありましたら、深謝いたします。)の御見識を御持ちでいながら、フットワークの軽さに、驚き感銘いたします。

また、ブログでレポートいただき、現場を至近で拝見するようで、歴史ファンとして深く感謝いたします。ありがとうございました。
2012/07/06(Fri) 00:16 | URL  | NAO4@吟遊詩人 #laIirjiw[ 編集]
土塁
k2さん

お久しぶりです。
やはり現説行かれたんですね。
内堀の土塁があったとの由。犬走りの右側の土盛りでしょうかね?
二条第ばかり気を取られて禁門の変の痕跡は思いつきませんでした。考えてみれば、そうですね。この付近も延焼したはずですから。


NAO4@吟遊詩人さん

多少はお役に立てて何よりです。



2012/07/06(Fri) 12:01 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。