歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第244回
―居城死守と島津勢退却―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は前回の岩屋城攻防からの流れで、立花宗茂の立花山城攻防について書きました。
立花宗茂は当時、統虎と名乗っていますが、よく知られた名前を使っています。

立花山城の攻防について基本史料は『上井覚兼日記』です。
ただ、覚兼は岩屋城攻めで負傷して肥後八代の本営まで後退したため、記事は伝聞であるのと時間があまりよくわかりません。

同日記によれば、立花方から内通者が出て、宗茂を謀殺してもよいと申し出たことが書かれています。その実効性はどの程度だったか不明ですが、島津方は内通者を利用して城攻めを強行しませんでした。
ひとつは、岩屋城攻めでの損害が大きかったのと、すでに攻勢終末点を迎えていたからでしょう。また島津家中からは冬になる前に豊後攻めを急ぐべきだという意見も強かったようです。

秋月種実の献策により島津方は撤退しますが、あっという間に宗茂が盛り返しに成功し、岩屋・宝満の両城も奪回しています。島津方にとっては元の木阿弥になりました。
また前哨戦で、勝尾城主の筑紫広門を捕虜にしていましたが、これにも逃亡されてしまうという体たらくでした。

島津軍北上作戦は事実上、失敗に終わったといってよいでしょう。

今回、立花宗茂を書くにあたり、以前お世話になった柳川の立花家史料館所蔵の宗茂肖像画を掲載しました。
同館の史料室長植野かおりさんに大変お世話になりました。記して御礼申し上げます。

次回は関ヶ原合戦における立花宗茂と島津義弘の交流を書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/07/30 19:12】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |


ばんない
ごぶさたしております

この辺の話は『島津義弘の賭け』にも載っていたような気がするし、古い本ですが三木靖氏の『薩摩島津氏』でも見たはずなのですが、今ひとつ時系列が分かりにくくて…川上忠堅シリーズからの流れで分かりやすかったです。

しかし、誰かが指摘していましたが、本当に九州北部まで破竹の進撃していた集団とは思えない程ぐだぐだですね。

あと、以前島津義久のくじか何かの話をされていたときに、秀吉との正面衝突を避けるために豊後攻めの意見を退けて筑紫方面を攻撃した、という話が出てきたように記憶しているのですが、今回の連載で、宗茂が「すでに秀吉から命令を受けているし苗字までもらった」という話をしていたのが興味深かったです。結果論ですが、作戦方面を変えても秀吉に逆らう形になったのは一緒だったんだなあ、と。

難しいですね
桐野作人
ばんないさん

なかなか難しい問題ですね。
筑前は大友氏の属国扱いですが、島津方はあくまで緩衝地帯だという認識ではないでしょうか。
たとえ立花宗茂が秀吉直臣だと主張しても、まだ国境の紛争として釈明できると考えていたかもしれませんね。

もっとも、これ以前に秀吉が島津方に示した九州国割案では、筑前は秀吉直轄にするという趣旨でしたから、国境の紛争という言い訳は秀吉には通用しなかったでしょうね。


直轄地
ばんない
こんばんは。返答ありがとうございます。

>秀吉が島津方に示した九州国割案では、筑前は秀吉直轄にするという趣旨
つまり、その国割り案を出した時点で、すでに秀吉の頭の中では朝鮮出兵の計画が出来てた、ということなんでしょうね。
実際に筑前を領したのは、確か小早川隆景だったように記憶していますが。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
ごぶさたしております

この辺の話は『島津義弘の賭け』にも載っていたような気がするし、古い本ですが三木靖氏の『薩摩島津氏』でも見たはずなのですが、今ひとつ時系列が分かりにくくて…川上忠堅シリーズからの流れで分かりやすかったです。

しかし、誰かが指摘していましたが、本当に九州北部まで破竹の進撃していた集団とは思えない程ぐだぐだですね。

あと、以前島津義久のくじか何かの話をされていたときに、秀吉との正面衝突を避けるために豊後攻めの意見を退けて筑紫方面を攻撃した、という話が出てきたように記憶しているのですが、今回の連載で、宗茂が「すでに秀吉から命令を受けているし苗字までもらった」という話をしていたのが興味深かったです。結果論ですが、作戦方面を変えても秀吉に逆らう形になったのは一緒だったんだなあ、と。
2012/08/02(Thu) 23:08 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
難しいですね
ばんないさん

なかなか難しい問題ですね。
筑前は大友氏の属国扱いですが、島津方はあくまで緩衝地帯だという認識ではないでしょうか。
たとえ立花宗茂が秀吉直臣だと主張しても、まだ国境の紛争として釈明できると考えていたかもしれませんね。

もっとも、これ以前に秀吉が島津方に示した九州国割案では、筑前は秀吉直轄にするという趣旨でしたから、国境の紛争という言い訳は秀吉には通用しなかったでしょうね。
2012/08/03(Fri) 17:24 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
直轄地
こんばんは。返答ありがとうございます。

>秀吉が島津方に示した九州国割案では、筑前は秀吉直轄にするという趣旨
つまり、その国割り案を出した時点で、すでに秀吉の頭の中では朝鮮出兵の計画が出来てた、ということなんでしょうね。
実際に筑前を領したのは、確か小早川隆景だったように記憶していますが。
2012/08/04(Sat) 00:36 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。