歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第250回
―平田門下から英国留学へ―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回で区切りのよい250回の連載となりました。よくぞ長く続いたものだと改めて感無量です。

今回から3回に分けて、町田久成を書く予定です。
町田久成は薩藩英国留学生のリーダーであり、東京国立博物館の創設者でもあります。
今回は久成が平田国学の門下であったことを中心に書きました。
町田が平田門下だったことはやや意外な感もします。平田国学が尊王攘夷運動に影響を与えたため、閉鎖的、排外的なイメージがあるかもしれませんが、平田篤胤などは海外事情にも旺盛な好奇心、探究心を示していますから、平田国学のイメージと実態とは少し乖離があるかもしれません。
そう考えると、久成が平田門下から英国留学生になるのは矛盾するものではありません。
もっとも、久成は薩摩藩の洋学の拠点となった開成所の責任者ですから、職務上、渡欧しないわけにはいかなかったかもしれません。

記事中、野村宗七が日記で久成を「民部大人(うし)」と呼んでいることについて、平田国学の徒だったからではないかと書きました。
もしかすると別の解釈もできるかもしれないなと思っています。「大人」は島津家中での家格や役職を示す敬称かもしれません。たとえば、小松帯刀が「小大夫」とか「松大夫」と呼ばれるように、「大夫」は家老の敬称です。久成は大目付なので、家老より一級下になりますが、やはり重職なので、それなりの敬称が必要で、「大人」(この場合、読みは「たいじん」か)がそうではないかとも思っています。
西郷や大久保などは側役まで昇進しており、ときに「中老」と呼ばれています。これは土佐藩の家格制にも同様の名称があり、家老の下ながら、仕置役(あるいは参政)に昇る家格の人を中老と呼んでいるようです。たとえば、後藤象二郎や福岡藤次がそうです。西郷や大久保も土佐藩でいえば後藤や福岡に相当する地位です。
つまり、島津家中の重職の敬称は、大夫→大人→中老というランク分けがあったかもというものです。もっとも、島津家中で「大人」が家格・役職を示すほかの事例をいまのところ見つけられていないので、今回は留保し、「うし」説で書いてみました。
記主野村の敬称表記はけっこう気まぐれで不統一なので、「大人」も単なる重役の敬称という意味を出るものではないかもしれません。まったくの当て推量と不勉強なので、見当はずれのことを書いているのではないかと恐れています(苦笑)。

なお、久成を平田家「気吹屋」に紹介した相良長基は誰なのかわかりません。寄合の家格の相良家がありますが、その当主は小松帯刀の兄、相良長発ですから違うと思います。「長」を通字にしている点では共通しているので、同族ではないかと思いますが。通称は甚之丞です。もしご存じの方がおいでならご教示下さいませ。

余談ながら、記事にも書きましたが、町田は幕末薩摩藩きってのイケメンです。女性ファンも多いのではとひそかに思っているところです。
にもかかわらず、久成には遁世の志向があったようです。その原因は何なのか、じつのところよくわかりません。とにかく園城寺(三井寺)の塔頭光浄院の住持となったのには、大きな心境の変化があったと思います。
また同じ留学生仲間の村橋直衛(寄合並)も遁世し、雲水となって客死したことともどこか共通するものがあるように感じます。

次回は大目付としての久成と東京国立博物館創設について書きたいと思います。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2012/09/17 17:05】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-



ばんない
ご無沙汰しております。
町田久成は個人的に興味があったので、3回の連載興味深く拝見しました。

さて、この記事について一つ質問。村橋久成を「村橋直衛」と書いてられますが、これは何故でしょうか。一般的には「久成」表記の方が有名なようですが。

閑話休題、村橋久成も気になる一人です。私の地元で死んだ人ですから。ネットで検索すると「神戸市郊外で倒れていた」と書いてあるものが多いですが、当時の神戸市葺合区は現在の神戸市中央区になりますので、そんな郊外ではないですね。ただ、具体的な場所になるとはっきりしていないようですが…。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/18(Tue) 16:33 |   |  #[ 編集]
ご無沙汰しております。
町田久成は個人的に興味があったので、3回の連載興味深く拝見しました。

さて、この記事について一つ質問。村橋久成を「村橋直衛」と書いてられますが、これは何故でしょうか。一般的には「久成」表記の方が有名なようですが。

閑話休題、村橋久成も気になる一人です。私の地元で死んだ人ですから。ネットで検索すると「神戸市郊外で倒れていた」と書いてあるものが多いですが、当時の神戸市葺合区は現在の神戸市中央区になりますので、そんな郊外ではないですね。ただ、具体的な場所になるとはっきりしていないようですが…。
2012/10/10(Wed) 00:42 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック