歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第258回
―土佐藩視察団の同行絵師―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は河田小龍です。
ジョン万次郎の経験を聞き取った『漂巽紀略』を著した人物。
若い頃の龍馬とも交流があった人です。

彼が土佐藩視察団とともに薩摩に来たのは前から承知していましたが、薩摩側にどの程度の史料が残っているか調べたら、ときの藩主島津斉彬が江戸在府中とあって、あまり残っていませんでした。
管見の範囲では、斉彬付きの側用人竪山利武の公用日記にわずかに残るだけです。家老の新納久仰の日記にも記載がないような。

土佐藩側の史料をすべてあたったわけではないですが、小龍が薩摩で描いた絵図などは山内家などに現存していないのでしょうかね? もしあればすごいですが……。

川田維鶴撰『漂巽紀略 付 研究河田小龍とその時代』(高知市民図書館、1986年)は大変参考になりましたが、誤解や不明点もちらほら。
たとえば、土佐藩視察団一行が島津斉彬に歓待されたとあるけど、斉彬はおそらく江戸にいると思われる。
また、中村半次郎と別府晋介が付き人として面倒を見てくれたとあるけど、本当なのだろうか?
嘉永7年(1854)時点で、半次郎は18歳、晋介に至ってはわずか8歳なんだけど……。

次回は川田小龍つながりで、ジョン万と薩摩の関係でも書くか。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2012/11/26 17:44】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。