歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞の連載コラム「さつま人国誌」を遅ればせながら掲載します。
同紙のサイトでも掲載してくれるとのことでしたが、作業が遅れているようなので、とりあえず先行して載せてみます。
なお、タイトルは同紙のそれとは異なっております。著作権の関係で、私が付けたタイトルにしてあります。もちろん本文はルビ以外は変更がありません。



その後の愛加那
尾崎三良の自叙伝と日記の食い違い


愛加那

愛加那の肖像

 西郷隆盛が奄美に流罪となり、龍郷村で流謫生活を送っていたとき、愛加那を島妻に迎えたことはよく知られている。愛加那は郷士格である龍家の二男家・佐恵志の娘だった。二人の間には菊次郎(のち京都市長)と菊草(のち菊子、大山誠之助夫人)という二人の子どももできた。
 しかし、島妻の運命は哀しい。西郷が罪を許されて本土に戻っても同行することはできない。愛加那が最後に西郷に会ったのは元治元年(一八六四)二月二十日のことだった。結婚してから四年ほどたっていた。
 明治になってから、愛加那の手もとから菊次郎と菊草は西郷家に次々と引き取られた。そのため、愛加那は親戚の子、丑熊を養子にしたという。
 その後の愛加那については、菊次郎が二度ほど帰郷していることが判明しているが、明治三十五年(一九〇二)の旧暦八月二十七日、農作業中、脳溢血のため畑で倒れたまま他界したという最期の様子のほかは、ほとんど知られていない。おそらく寂しい余生をすごしたといわれている。
 そんな愛加那を目撃して、日記や自叙伝に書き残した人物がいる。尾崎三良という人である。幕末には戸田雅楽と名乗り、公家の三条実美の家士で坂本龍馬と親しく、西郷とも面識があって交流している。その尾崎が明治十五年(一八八二)八月、参事院議官補のとき、沖縄県の巡視を命じられた。その仕事を終えた帰途、龍郷村に立ち寄って愛加那と会っている。
 この人は日記だけでなく、自叙伝を残している。まずあとから書かれた自叙伝が公表された。そのなかに愛加那の意外な姿が書かれており、人々を驚かせた。
「玉鶴と云ふ優美の名にして且つ英雄西郷の愛せし婦人なれば定めて美形ならんと憶想せしが、案に相違し只見る一蛮婦五十位の醜面、しかも全く島風の衣服、手甲には入墨し足は徒跣(かちはだし)して来る。是には吃驚(びっくり)せざるを得ず」(『尾崎三良自叙略伝』中巻)。
 身もふたもない書き方である。愛加那が玉鶴と呼ばれているのはおかしいと思われつつも、一時はこのイメージが一人歩きしていた。
 ところが、近年、尾崎の日記が刊行されて、これが間違いだとわかった。日記には「西郷隆盛氏ノ未亡人ニ面会」とあるのみで、愛加那の容貌や様子などは何も書かれていない。それとは別に、尾崎は汾陽(かわみなみ)某宅を訪れて、「玉鶴」という老婦に会ったとも書いている。彼女は上野景範という旧薩摩藩士(のちイギリス特命全権公使)が奄美に役人として赴任してきたときの島妻だったのだ(『尾崎三良日記』上巻)。
 つまり、尾崎は記憶違いをしていて、愛加那と別人の玉鶴を混同して自叙伝に書いてしまったのである。だとすれば、人騒がせな目撃談だというしかない。尾崎はせっかく愛加那に会いながらも、結局、日記にその様子を何も書き残さなかったことになる。何とも残念ではないか。

スポンサーサイト

【2007/04/28 18:04】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。