歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

近く始まる講座のご案内です。
関心のある方、受講してみませんか。

1.武蔵野大学生涯学習講座 千代田サテライト教室

講座名「信長・秀吉・政宗の手紙を読む―戦国武将の戦略と人生観―」
6/29、7/27、8/24の土曜日3回講座
いつもの三鷹サテライト教室ではないのでご注意下さい。

個性の強い3人の戦国武将はどういう人だったのか、そのすべては無理でも、その一端をうかがい知ることができると思います。意外な史料を紹介し、意外な一面が浮かび上がります。
詳しくは、ここをご覧下さい。

講座名「千利休などの手紙を読む―戦国文化人のいきざま―」
9/24・21の土曜日2回講座
これも千代田サテライト教室です。

上記講座の姉妹編といったらよいでしょうか。
こちらは武将ではなく文化人です。茶人と僧侶。
でも、2人とも豊臣秀吉という天下人に深く関わり、みずから政治化していき、それで権勢を得るとともに命取りにもなりました。2人の苛烈な生き方を考えます。
詳しくは、ここをご覧下さい。

千代田サテライト教室のアクセスはここです。
他の教室と間違えないよう注意して下さい。


2.日比谷カレッジ古文書塾「てらこや」特別講座

講座名「大久保利通の手紙を読む」全5回
7/2・16・30、8/20、9/5
会場は日比谷公園内の日比谷図書文化館です。

大久保利通は維新三傑の一人ですが、策略家とか有司専制といった、すでに出来上がったイメージが先行しているきらいがあります。実際の大久保はどういう人だったのかを、彼の手紙を中心に、彼の日記や他の関連史料を通じて見ていこうという講座です。
すでに9回、2クールを経過していますが、まださわりだけです。
大久保を政治家として大きく飛躍させることになった文久2年(1862)の久光率兵上京のあたりを現在読んでいます。第3クールは生麦事件などを読みます。
本格的に始まるのはこれからですから、関心のある方は受講してみませんか。

詳しくは、ここをご覧下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2013/06/11 06:06】 | イベント
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。