歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第287回
―旧友赤塚源六の死を悼む―

昨日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回はまずほとんど知られていない西郷隆盛寄進の石灯籠について書きました。
以前、この連載で書いたことがある赤塚源六が明治6年(1873)に亡くなったとき、西郷が供養のために寄進したものです。西郷寄進の石灯籠は現存しているものではこれだけではないでしょうか。
しかも、寄進の時期が西郷が征韓論で下野する直前です。

赤塚源六の墓は鹿児島市の南林寺由緒墓地にもありますが、遺骸が埋葬された正式の墓は旧白金海軍墓地だと思います。もっとも、同墓地は何度か周辺を移転し、その度に規模が縮小してしまい、残念ながら赤塚の墓石は現存していません。

なお、同墓地は現在狭い区画になっており、5分もあればすべて見学できるくらいです。
そのなかで、20世紀初頭に竣工した巡洋戦艦筑波の供養碑もありました。
同艦は1917年、横須賀港で火薬庫が爆発して擱座し、廃艦になったものです。乗組員300名以上が亡くなったとか。写真を載せておきます。
P2262576_800.jpg

次回は延期した人見勝太郎について書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さい↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2013/07/30 23:00】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック