歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第290回
―畳踊りで長州の度肝抜く―

26日に連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

最近ではだいぶ知られるようになった大久保一蔵の畳踊り。
長州側の史料に登場する幕末版「鴻門の会」の一幕。
真偽のほどは不明だが、事実だとすれば、大久保はこのような荒技をどのようにして身につけたのか?

なお、前回289回「旧幕臣・人見寧と薩摩」(下)も先週月曜に更新されていましたが、告知するのを忘れておりました。こちらもご覧下さい。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2013/08/28 20:38】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。