歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第304回
―義弘、忠元、秀吉に降伏―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすれば、ご覧になれます。

今回は前回の続きです。
島津歳久の抗戦に手を焼いた秀吉がさらに鶴田、曽木と進みます。
そして島津義弘父子、島津以久、新納忠元が次々と出仕して帰順します。
そのいきさつをまとめました。

秀吉は義弘と忠元の出仕に非常に気をよくしたと思われます。
その証左として、鶴田の太閤陣(鳶ノ巣陣)滞在中に、義弘に宛てた領知朱印状を2点発給しています。
1点は大隅国を義弘に、肝付一郡を伊集院幸侃に与えるというもの(『島津家文書之一』378号)。

もう1点は島津一門衆といわゆる御朱印衆の領知宛行や安堵を包括的に認めたものです(上記文書379号)。
これには、久保に日向真幸院、以久は本領安堵、北郷時久は人質を出せば、大隅の本知は安堵といった趣旨があり、とりわけ注目すべきは島津家久についての記述です。
それには、家久が人質を出して居城を明け渡し、秀長に同行して上京し、上方で似合いの扶持を与えるつもりだったが、態度が神妙だったので、佐土原城と城付の知行を返還するというもの。
この朱印状の直後に家久が急死するだけに、意味深な内容にも読めます。

以上2点の秀吉朱印状が義弘が鶴田出仕時に発給されたという臨場感が興味深いですね。秀吉は義弘の態度を気に入ったようで、その家督継承を認めています。これも重要なポイントでしょう。
また義弘にとっては、その後の豊臣大名としての地位を確立したきっかけになった秀吉との出会いだったといえそうです。それは同時に苦難も伴いましたが。

次回は何を書くか未定です。
島津豊久か、北郷氏あたりでしょうか。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング


スポンサーサイト

【2013/12/23 20:36】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック