歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第308回
―豊臣秀吉に徹底抗戦―

本日、連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は日向庄内の大身領主、北郷(ほんごう)氏を取り上げました。
戦国、織豊期の当主だった時久(一雲入道)・忠虎父子のあたりです。今回は秀吉との対決において、北郷氏が徹底抗戦する様子を書いています。
根白坂の合戦では、島津忠隣とともに北郷氏の奮戦ぶりはある程度知られています。
このときの島津軍は2万程度。島津四兄弟のうち、義久・義弘・家久の3人がおり、ほかにも有力な一門・譜代・国衆も揃っていました。とくに家久は日向守護代であり、積極的な豊後侵攻論者でしたから、秀長軍との対決では前面に立たなければならない立場でしたが、ほとんど戦った形跡はありません。
家久さえそうなのですから、島津軍のほとんどは豊後での敗戦の痛手が大きく、秀長軍と戦う余力、気力が残っていなかったのかもしれません。
北郷氏は義弘に従って肥後口からの豊後侵攻にも従軍しています。そして豊後南郡や玖珠郡あたりでよく戦っており、相当の損害も出ていたはずです。それにもかかわらず、北郷勢は根白坂でも奮戦するのです。厭戦ムードが漂う僚軍のなかで、空気を読まない奮戦ぶりはすごいですね。
しかも、根白坂の敗北にもめげず、さらに庄内や大隅の支城に籠城して徹底抗戦の構えを見せます。
そしてようやく開城に応じたのは、大隅国が義弘などに与えられたのを確認してからです。同時にそれは大隅国内にある北郷氏領を確保できたからでした。
北郷氏への開城の使者は石田三成と安国寺恵瓊でした。
まさに「武闘派」の面目躍如たるものがあります。

次回は関ヶ原合戦における北郷氏の動向です。おそらくほとんど知られていないと思います。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2014/01/20 20:13】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。