歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
南日本新聞連載「さつま人国誌」第310回
―讒言で父・時久と対立―

連載が更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

このところ北郷氏特集です。
北郷相久といっても、あまり知られていないマイナーな人物ですが、庄内北郷家では重要人物でした。
父一雲入道時久と対立し、讒言により自刃に追い込まれます。
ところが、讒言したのは誰か、どんな内容かまったくわかりません。
相久は時久の長男でしたから、家督を継ぐ立場にありましたが、記事でも書いたように、高城合戦の前に家督は弟の忠虎に移っています。微妙な立場で出陣し奮戦した相久の心中はどのようなものだったのでしょうか。

状況的には、讒言したのは弟忠虎派ではないかという気がします。
忠虎が家督を継ぐことになったとはいえ、長兄の相久の存在があるかぎり家督は安定しないと思われます。長男の相久が家督を継ぐべきだとする家臣たちも存在したと思われるからです。
次代に家中分裂の火種を残さないために、父時久が相久を処断したというのが真相なんでしょうか? もちろん史料がないので憶測にすぎませんが。

また記事にも書きましたが、相久の乳母乙守氏の殉死も壮絶ですね。

次回も北郷氏について書く予定です。
庄内北郷氏ではなく、その分家筋にあたる平佐北郷氏の幕末期の当主北郷久信についてです。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2014/02/10 11:10】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

相久
ばんない
こんにちは。北郷宗家でもその非業な最期で印象に残る人物であります>相久

相久の正室が島津義弘の長女である御屋地ですが、相久を廃嫡することで義弘との関係が悪化するなど問題に思わなかったのか?というのがいまだに謎です。

あとこれはネタ晴らしになってしまうのですが、島津以久の正室であった北郷時久の長女(池上)が男子2人を儲けながら謎の離婚をして実家に戻ってしまうのですが、私はこれには北郷時久・相久親子の不和が影響したのでは…とも考えています。

コメント御礼
桐野
ばんないさん

マイナーなテーマだったのでコメント付くとは思いませんでした。

義弘との関係悪化を考慮しなかったのか、たしかに謎ですね。それより惣領権が優越するという考え方で、それについては本宗家の介入は話が違うということなのか。

島津以久夫人の離婚は知りませんでした。ご教示有難うございます。

北郷氏はどうも進退が不器用というか頑固な印象がありますね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
相久
こんにちは。北郷宗家でもその非業な最期で印象に残る人物であります>相久

相久の正室が島津義弘の長女である御屋地ですが、相久を廃嫡することで義弘との関係が悪化するなど問題に思わなかったのか?というのがいまだに謎です。

あとこれはネタ晴らしになってしまうのですが、島津以久の正室であった北郷時久の長女(池上)が男子2人を儲けながら謎の離婚をして実家に戻ってしまうのですが、私はこれには北郷時久・相久親子の不和が影響したのでは…とも考えています。
2014/02/11(Tue) 14:54 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
コメント御礼
ばんないさん

マイナーなテーマだったのでコメント付くとは思いませんでした。

義弘との関係悪化を考慮しなかったのか、たしかに謎ですね。それより惣領権が優越するという考え方で、それについては本宗家の介入は話が違うということなのか。

島津以久夫人の離婚は知りませんでした。ご教示有難うございます。

北郷氏はどうも進退が不器用というか頑固な印象がありますね。
2014/02/12(Wed) 09:47 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック