歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第316回
―焼き豚、豚汁、丸焼きと多彩―

連載が24日に更新になりました。
同紙サイトのここか、右のリンク欄「さつま人国誌」をクリックすればご覧になれます。

今回は幕末の薩摩藩でよく食べられていた豚肉食についてです。
じつにいろいろな料理法があるようです。
基本は琉球伝来の塩漬けを使用している事例が多いです。
「琉球豚」という言葉がよく出てきます。
琉球品種の豚を鹿児島で育てたものか、あるいは琉球から塩漬けで取り寄せたものか。

史料をもっていながら、記事ではうっかり書き忘れましたが、嘉永4年(1851)、島津斉彬が藩主として初めてお国入りしたとき、歓迎の料理メニューのなかに、

一、豚汁 竹のこ・とうふ・ねぎ
一、いりふた(炒り豚) からし

とあります。
豚汁は竹の子以下の具が入っていたのでしょう。
炒り豚は辛子が添えられていたということでしょう。そうなると、炒めたものではなく、チャーシューかベーコン様のものでしょうか?

翌年、このお国入りから江戸参府の途次、記事にも書きましたが、斉彬が「煙豚」のことを納戸役や琉球館聞役に問い合わせるよう命じています。琉球館が出てくるので、「煙豚」は琉球での保存法か調理法だと思います。
「炒り豚」と同一のものかどうかわかりませんが、乾パン製造をしている斉彬ですから、保存食の観点から関心をもったのかもしれません。
この「煙豚」、スモークしたものでしょうか? そうなると、スモークハムなのか? チャーシュー、ベーコンなどいろいろ考えられそうです。

来鹿した英国公使パークスの歓迎会で出された子豚の丸焼き、これはおそらく英国留学生たちが現地で仕入れた情報や知識をもとに再現したのかもしれません。

本格的に調べたら、もっと多くの事例があると思います。

次回から黒田官兵衛関係を書く予定です。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング

スポンサーサイト

【2014/03/27 08:19】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。