歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、南日本新聞連載「さつま人国誌」更新。第364回です。

ここをクリックすれば、ご覧になれます。

司馬遼太郎の初期短編小説「薩摩浄福寺党」に書かれた浄福寺を宿舎とした薩摩藩兵について少し詳しく紹介しました。
当時は、浄福寺組とか浄福寺隊と呼ばれていた由。
ここにいたのは、薩摩藩の海軍の陸戦隊、二番遊撃隊でした。
東郷平八郎は一番遊撃隊所属で、のち軍艦春日に乗務しました。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング



スポンサーサイト

【2015/04/13 19:06】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。