歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」本日更新。

第368回:大久保利通暗殺の衝撃

同紙サイトのここをクリックしたら、ご覧になれます。

5月14日は大久保利通の祥月命日です。
今年は137年になりますか。

大久保が暗殺された紀尾井町事件を期せずして目撃してしまった大久保の部下、日下部東作。
その衝撃で、とうとう辞官してしまいます。
その後、鳴鶴という雅号で、当代随一の書家として令名をはせました。

東作は元・彦根藩士。養父は桜田門外の変で斬られた人ですから、何かと薩摩と縁がある人でした。

↓↓↓ぜひ下記をクリックして下さいね↓↓↓
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2015/05/11 12:55】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。