歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
久しぶりの更新です。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第418回「出水の太閤石」
詳しくは、ここをクリックすればご覧になれます。

豊臣秀吉の薩摩侵攻のとき、郷里の北薩地方は最前線になりました。北薩一円の領主である薩州家・島津忠辰は降伏する道を選びました。相手は10万の大軍、当然の決断でした。

肥薩国境を突破した秀吉は薩州家の居城、出水城を接収し、秀吉も3日ほど滞在します。「太閤石」は出水城の東方、3キロほどの民家にあります。今回、「太閤石」のある方のご好意により写真を掲載しました。秀吉が巡見の途中、この近辺に立ち寄り、この石に座って休息したという伝説です。

同コラムはほかにも紹介し切れていない記事がありますので、ご覧下さい。

***ぜひ下記をクリックして下さいね***
人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2016/07/18 22:16】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

島津忠辰
ながお
桐野様

こんにちは。

太閤石のこと初めて知りました。

西出水の実家のそばの稲荷神社に秀吉が滞陣したという話を聞いたことがあります。あちこちに伝説が残っているようですね。

島津忠辰は一戦も交えずに降伏。この時降伏したのは忠辰だけではなかったのに卑怯者と言われました。薩州家は元々本家と跡目争いをしてきただけに風当たりが厳しかったのでしょうね。

太閤石
桐野作人
ながおさま
コメント御礼。
秀吉伝説は出水にいろいろ残っているかもしれませんね。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
島津忠辰
桐野様

こんにちは。

太閤石のこと初めて知りました。

西出水の実家のそばの稲荷神社に秀吉が滞陣したという話を聞いたことがあります。あちこちに伝説が残っているようですね。

島津忠辰は一戦も交えずに降伏。この時降伏したのは忠辰だけではなかったのに卑怯者と言われました。薩州家は元々本家と跡目争いをしてきただけに風当たりが厳しかったのでしょうね。
2016/07/20(Wed) 07:48 | URL  | ながお #-[ 編集]
太閤石
ながおさま
コメント御礼。
秀吉伝説は出水にいろいろ残っているかもしれませんね。
2016/07/21(Thu) 21:59 | URL  | 桐野作人 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック