歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載の「さつま人国誌」第8回連載。

同紙サイトに掲載されました。
詳しくはここをクリックして下さい。

島津氏の軍配者、川田義朗(下)です。
次回は島津氏の鬮取りについて書く予定です。
スポンサーサイト

【2007/05/26 16:46】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |

川田義朗
ばんない
こんばんは。

『本藩人物志』でしたか、九州征伐(→余り個人的に好きな用語じゃないのですが、教科書にも載っているので仕方なく)の帰路で原因不明の急病になった豊臣秀吉を川田が祈祷で直したというこれまた不思議なエピソードが載ってますね。

川田の子孫…最も義朗は生涯未婚だったので養子の子孫と言うことになりますが…はどうもその後の薩摩藩では不遇だったようで子孫は断絶したという話も『本藩人物志』に載っていたような。伊集院家とのつながりが嫌われたのではないかという説を何かの本で見たような記憶があるのですが、誰の説かを失念してしまいました。

ところで川田義朗の「朗」って、師匠の偏諱なのでしょうか?もし偏諱とすれば下一字を下一字にもらう偏諱はかなり変則的な物だと思うのですが…。

比志島氏
桐野
ばんないさん、どうも。

川田義朗の下の一字が伊集院忠朗の一字をもらったかどうかですが、通常の偏諱の慣習なら違うと思います。もっとも、軍配者同士だと、別の慣習が存在していたらその限りではないですが。

川田義朗以降の子孫はそれほど不遇ではないように思います。伊集院家とのつながりといっても、義朗は忠棟の上意討ちや庄内の乱を見ずに亡くなっていますから。

その養子の大膳亮国鏡は比志島義貞の二男です。もともと、川田氏は比志島氏の庶流ですから、本家から養子が来てもおかしくないですね。
比志島氏といえば、中納言家久の家老をつとめた比志島国隆が不興を蒙り改易されて、「本藩人物誌」の「国賊伝」に名前がありますね。
むしろ、その縁のほうが大きいかなという気もしますが、それでも、義朗の子孫は代々、地頭をつとめていますから、地位や家柄はさほど低下していないように思います。

川田義朗の養子
ばんない
こんばんは。

『本藩人物志』は寛永以降の家臣の動向が分からないのですが、確かに以後も地頭に任ぜられたりしているならば、川田家の家格から見てもそんなに不遇ではないですね。

義朗の養子・国鏡ですが、『鹿児島県史料』旧記雑録諸氏系譜3 の前書きに鹿児島大教授の五味克夫氏が国貞・国隆系の比志島氏の系図を添付されてますが、それによると国鏡はその国貞の弟で、父は比志島国真となってますね。

比志島氏は本宗家に伊集院忠棟と関係がある点とか、島津中納言家久の絶大なる信用を得ていた国貞の息子・国隆が理由不明の流罪になった点といい、島津氏の重臣の割には謎の多い一族だと思います。

比志島氏
桐野
ばんないさん、どうも。

ご教示の『旧記雑録諸氏系譜』3の前書きにある「比志島源左衛門系図」をあらためて見てみました。
たしかにご指摘のとおりですね。私が『本藩人物誌』のみを典拠にして書いたのが、横着で怠惰な行為だということがわかりました(爆)。
国貞系のほうが有名ですが、比志島氏のなかでは庶流なんですね。

国貞の弟、国鏡が川田義朗の養子になったのは義久の意向が働いているのではないかという気がします。国貞も義久の代に御使役(評定衆の一員)に取り立てられており、いわばお気に入りの側近です。義朗も義久の腹心でしたから、両者を結びつけたとも考えられます。

義久が忠恒に家督を譲ったとき、国貞を忠恒付きの老中にしました。これが国貞の嫡男国隆引き立てのきっかけになったのでしょうね。もっとも、国隆にとっては悲劇的でしたが。
この国貞・国隆系統の系図を五味克夫さんが同書の前書きという形で、本文ではないところに収録されたのは、新しく発見されたか、あるいは改易された家だけに公式には伝来せず秘伝になっていたからでしょうか。

比志島氏系図について
ばんない
こんばんは。

『本藩人物志』は私もしょっちゅうお世話になっている史料ですから、そんなに卑下なさらないで下さい。私の立場もなくなります(爆)。
「義貞」と「国真」、『本藩人物志』の編者が史料を写すときに混同した上に誤字をしたような印象を受けます。「貞」と「真」という字は似てますし。

比志島源左衛門系図について、『鹿児島県史料』の前書きでの五味氏の説明はこうなっています。
「なお(伊地知)季安は、「比志島氏文書」の終わりに比志島源左衛門系図として、比志島九代義重次男義信以後義住、国守、国親、国詮、国高、国泰に至る家系と国守の弟・国真、国貞、国英、国能に至る家系と、国貞の子国隆、国安、国通の家系の略系図を掲載している。参考資料として付記しておく。」


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
川田義朗
こんばんは。

『本藩人物志』でしたか、九州征伐(→余り個人的に好きな用語じゃないのですが、教科書にも載っているので仕方なく)の帰路で原因不明の急病になった豊臣秀吉を川田が祈祷で直したというこれまた不思議なエピソードが載ってますね。

川田の子孫…最も義朗は生涯未婚だったので養子の子孫と言うことになりますが…はどうもその後の薩摩藩では不遇だったようで子孫は断絶したという話も『本藩人物志』に載っていたような。伊集院家とのつながりが嫌われたのではないかという説を何かの本で見たような記憶があるのですが、誰の説かを失念してしまいました。

ところで川田義朗の「朗」って、師匠の偏諱なのでしょうか?もし偏諱とすれば下一字を下一字にもらう偏諱はかなり変則的な物だと思うのですが…。
2007/06/03(Sun) 23:09 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
比志島氏
ばんないさん、どうも。

川田義朗の下の一字が伊集院忠朗の一字をもらったかどうかですが、通常の偏諱の慣習なら違うと思います。もっとも、軍配者同士だと、別の慣習が存在していたらその限りではないですが。

川田義朗以降の子孫はそれほど不遇ではないように思います。伊集院家とのつながりといっても、義朗は忠棟の上意討ちや庄内の乱を見ずに亡くなっていますから。

その養子の大膳亮国鏡は比志島義貞の二男です。もともと、川田氏は比志島氏の庶流ですから、本家から養子が来てもおかしくないですね。
比志島氏といえば、中納言家久の家老をつとめた比志島国隆が不興を蒙り改易されて、「本藩人物誌」の「国賊伝」に名前がありますね。
むしろ、その縁のほうが大きいかなという気もしますが、それでも、義朗の子孫は代々、地頭をつとめていますから、地位や家柄はさほど低下していないように思います。
2007/06/04(Mon) 17:39 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
川田義朗の養子
こんばんは。

『本藩人物志』は寛永以降の家臣の動向が分からないのですが、確かに以後も地頭に任ぜられたりしているならば、川田家の家格から見てもそんなに不遇ではないですね。

義朗の養子・国鏡ですが、『鹿児島県史料』旧記雑録諸氏系譜3 の前書きに鹿児島大教授の五味克夫氏が国貞・国隆系の比志島氏の系図を添付されてますが、それによると国鏡はその国貞の弟で、父は比志島国真となってますね。

比志島氏は本宗家に伊集院忠棟と関係がある点とか、島津中納言家久の絶大なる信用を得ていた国貞の息子・国隆が理由不明の流罪になった点といい、島津氏の重臣の割には謎の多い一族だと思います。
2007/06/06(Wed) 23:23 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
比志島氏
ばんないさん、どうも。

ご教示の『旧記雑録諸氏系譜』3の前書きにある「比志島源左衛門系図」をあらためて見てみました。
たしかにご指摘のとおりですね。私が『本藩人物誌』のみを典拠にして書いたのが、横着で怠惰な行為だということがわかりました(爆)。
国貞系のほうが有名ですが、比志島氏のなかでは庶流なんですね。

国貞の弟、国鏡が川田義朗の養子になったのは義久の意向が働いているのではないかという気がします。国貞も義久の代に御使役(評定衆の一員)に取り立てられており、いわばお気に入りの側近です。義朗も義久の腹心でしたから、両者を結びつけたとも考えられます。

義久が忠恒に家督を譲ったとき、国貞を忠恒付きの老中にしました。これが国貞の嫡男国隆引き立てのきっかけになったのでしょうね。もっとも、国隆にとっては悲劇的でしたが。
この国貞・国隆系統の系図を五味克夫さんが同書の前書きという形で、本文ではないところに収録されたのは、新しく発見されたか、あるいは改易された家だけに公式には伝来せず秘伝になっていたからでしょうか。
2007/06/07(Thu) 13:32 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
比志島氏系図について
こんばんは。

『本藩人物志』は私もしょっちゅうお世話になっている史料ですから、そんなに卑下なさらないで下さい。私の立場もなくなります(爆)。
「義貞」と「国真」、『本藩人物志』の編者が史料を写すときに混同した上に誤字をしたような印象を受けます。「貞」と「真」という字は似てますし。

比志島源左衛門系図について、『鹿児島県史料』の前書きでの五味氏の説明はこうなっています。
「なお(伊地知)季安は、「比志島氏文書」の終わりに比志島源左衛門系図として、比志島九代義重次男義信以後義住、国守、国親、国詮、国高、国泰に至る家系と国守の弟・国真、国貞、国英、国能に至る家系と、国貞の子国隆、国安、国通の家系の略系図を掲載している。参考資料として付記しておく。」
2007/06/07(Thu) 22:59 | URL  | ばんない #kyBjvhlc[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/08/31(Sun) 01:47 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。