歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阿弥陀寺
新暦と旧暦の違いがあるが、今日は本能寺の変が起きた日。
信長・信忠の425回目の命日でもある。

今年3月に上梓した拙著のあとがきで、計算間違いして415年と書いてしまった(冷汗)。

じつは、今も本能寺の変の原稿を書いている。何とか今日中に仕上げなければ……。

少し宣伝しておきます。
今月末発売予定の「歴史読本」8月号別冊(文庫版)が「信長記」特集である。
友人の和田裕弘氏と共著となった。太田牛一の「信長記」(信長公記ともいう)の世界を読者にかいま見てもらえたらと思う。

現在、「信長記」の伝本は50点以上知られ、40点以上が現存している。
そのすべてを把握するのは至難の業であるが、和田氏が可能なかぎり、全容を把握しようと努めた力作である。

私の分担は、そのうちから天理本と尊経閣本(15冊)の2点を少し詳しく紹介した。天理本は桶狭間合戦について、あまり知られていない情報が書かれている。
尊経閣本(15冊)はどうもよくわからない写本だ。池田家本系統だと言われているが、どうもそうだとは言い切れない。
この写本の面白さは本能寺の変以降の記事がじつに10数頁にわたって書かれていること。備中高松城の開城のいきさつ、山崎の合戦、光秀の最期まで書かれている。どれも非常に興味深いことが書かれている。
よかったら、お買い求め下さい。

写真は阿弥陀寺にある信長・信忠の墓
スポンサーサイト

【2007/06/02 22:19】 | 信長
トラックバック(0) |

『信長記』
磯部
桐野先生、こんばんは。
『信長記』に関するご論考が、今月末には発表されるとのこと。楽しみにしております。


小瀬甫庵
Tm.
桐野先生どうも。

>尊経閣本(15冊)はどうもよくわからない写本だ。
 池田家本系統だと言われているが、どうもそうだとは
 言い切れない。

尊経閣文庫と言えば加賀前田家ゆかりのものですね。前田家では五代藩主綱紀の頃でしょうか信長ブームがあったらしく、初期形体の「信長記」の残欠本(写本)である『安土日記』(同文庫)※がもたらされ、今も信憑性が議論されている?『天守指図』(静嘉堂文庫)なども伝わっています。
(※ちなみに内閣文庫の写本の複写にあたり、マイクロフィッシュ化の費用を寄贈しました)

>この写本の面白さは本能寺の変以降の記事がじつに
 10数頁にわたって書かれていること。

一般的に牛一の『信長(公)記』が家康の伊賀越えで終わっているのに対し、甫庵の『信長記』はその後、確か滝川一益の伊勢長島への帰還までが綴られていますね。
その甫庵も晩年には前田家に身を寄せており、その彼の影響が何らしかあるのではないでしょうか。

発売、楽しみにお待ちしております。

はじめまして
織田 創
いつも楽しく拝見させていただいています。
私は『信長公記』を主な材料にしてブログを書いているので、次の「歴史読本」非常に楽しみです。

ブログを書くとき桐野先生の書籍もかなり参考・引用させていただいています。
これからもブログの更新&新刊、楽しみにしています。
今後ともよろしくお願い致します。

「信長記」特集よろしく
桐野
>磯部さん

コメント有難うございます。
共著者の和田さんの原稿は「信長記」の概要をよく描いていますから、お勧めです。
私は、各論として、桶狭間合戦、長篠合戦、信康事件、本能寺の変以降が伝本によって、どんな描かれ方をしているのかをまとめました。
よかったら、読んで下さい。

>Tm. さん

ご指摘のとおり、尊経閣文庫は「安土日記」など、いろいろ重要な史料を所蔵していますね。
「天守指図」といえば、内藤・宮上論争が思い出されますが、安土城については、ほかにもまだいろいろな謎がありそうです。今回の共著者の和田さんが安土城に関して、サプライズな情報を持っているので、そのうち明らかになると思います。

>織田 創さん

おそらくはじめましてでしょうか?
織田さんのサイトは以前に偶然見た覚えがあります。熱心にやってらっしゃいますね。
拙著からも引用していただいているとか。今後ともよろしくお願いします。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
『信長記』
桐野先生、こんばんは。
『信長記』に関するご論考が、今月末には発表されるとのこと。楽しみにしております。
2007/06/02(Sat) 23:57 | URL  | 磯部 #-[ 編集]
小瀬甫庵
桐野先生どうも。

>尊経閣本(15冊)はどうもよくわからない写本だ。
 池田家本系統だと言われているが、どうもそうだとは
 言い切れない。

尊経閣文庫と言えば加賀前田家ゆかりのものですね。前田家では五代藩主綱紀の頃でしょうか信長ブームがあったらしく、初期形体の「信長記」の残欠本(写本)である『安土日記』(同文庫)※がもたらされ、今も信憑性が議論されている?『天守指図』(静嘉堂文庫)なども伝わっています。
(※ちなみに内閣文庫の写本の複写にあたり、マイクロフィッシュ化の費用を寄贈しました)

>この写本の面白さは本能寺の変以降の記事がじつに
 10数頁にわたって書かれていること。

一般的に牛一の『信長(公)記』が家康の伊賀越えで終わっているのに対し、甫庵の『信長記』はその後、確か滝川一益の伊勢長島への帰還までが綴られていますね。
その甫庵も晩年には前田家に身を寄せており、その彼の影響が何らしかあるのではないでしょうか。

発売、楽しみにお待ちしております。
2007/06/03(Sun) 06:26 | URL  | Tm. #GDMnerkk[ 編集]
はじめまして
いつも楽しく拝見させていただいています。
私は『信長公記』を主な材料にしてブログを書いているので、次の「歴史読本」非常に楽しみです。

ブログを書くとき桐野先生の書籍もかなり参考・引用させていただいています。
これからもブログの更新&新刊、楽しみにしています。
今後ともよろしくお願い致します。
2007/06/03(Sun) 08:59 | URL  | 織田 創 #RoHUgdWQ[ 編集]
「信長記」特集よろしく
>磯部さん

コメント有難うございます。
共著者の和田さんの原稿は「信長記」の概要をよく描いていますから、お勧めです。
私は、各論として、桶狭間合戦、長篠合戦、信康事件、本能寺の変以降が伝本によって、どんな描かれ方をしているのかをまとめました。
よかったら、読んで下さい。

>Tm. さん

ご指摘のとおり、尊経閣文庫は「安土日記」など、いろいろ重要な史料を所蔵していますね。
「天守指図」といえば、内藤・宮上論争が思い出されますが、安土城については、ほかにもまだいろいろな謎がありそうです。今回の共著者の和田さんが安土城に関して、サプライズな情報を持っているので、そのうち明らかになると思います。

>織田 創さん

おそらくはじめましてでしょうか?
織田さんのサイトは以前に偶然見た覚えがあります。熱心にやってらっしゃいますね。
拙著からも引用していただいているとか。今後ともよろしくお願いします。
2007/06/03(Sun) 18:47 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。