歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月末30日に武蔵野大学(武蔵野市)で開催される講座で講師をつとめることになっている(興味のある方はここをご覧下さい。まだ受講生募集中です)。

テーマが「天璋院篤姫と幕末薩摩藩について」というものだが、じつはまだほとんど準備していない。少し気になって、篤姫が将軍家定に嫁ぐ前に江戸の薩摩藩邸のうち、渋谷の藩邸に滞在していたので、その場所がどこなのか調べた。

この屋敷はいわゆる下屋敷という位置づけである(災害などの避難用)。入手した時期は安政年間初めだったか。江戸の薩摩藩邸は三田・高輪の両邸とも海の近くにある。黒船の来航によって、直接砲撃される危険があったので、斉彬が内陸部に新たに屋敷を求めたのが渋谷の藩邸である。
初め抱屋敷だとばかり思っていたが、下屋敷だとすれば、上屋敷を手放して交換して得たものか。
この藩邸で、斉彬が電信の実験をやったという記録が残っている。ここに篤姫も数カ月滞在したのである。

で、その所在地だが、江戸切絵図などを丹念に見たら判明した。
以前、国学院大学に勉強会で通っていたが、その途中にあることがわかった。19.000坪弱ある比較的大きい屋敷である。今度写真撮影にでも行きたいものだ。

講座のために、篤姫のネタをもう少し仕入れておかないといけないな。ほかの仕事も抱えて焦るばかりである。
スポンサーサイト

【2007/06/17 18:41】 | 幕末維新
トラックバック(0) |

楽しみに
秘剣
お忙しそうですね。
お身体、お大事に。
わたしどもの知らないことを、いろいろご教示いただけるのが、なんとも嬉しくありがたく思っています。

有難うございます
桐野
秘剣さん、おはようございます。

お言葉有難うございます。
生来の不精なもので、忙しいくらいのほうがいいと思います。ただ、昔とくらべて体がついていかないですけどね(笑)。

頑張ってください
ゆぅちゃん
個人的には島津家から侍従としてついてきた仙波サカなんかもわかると嬉しいです。

頑張ってください2
板倉丈浩
第2回もこっそり受講する予定の板倉です(笑)。
私的には天璋院というか大奥勢力が幕末政局に与えた影響が気になっています。
といっても、受講者の大半は天璋院がどんな人だったかに関心があるんでしょうけど・・・(そういう自分も芳即正氏の論文を読んだくらいで、ほとんど知りません)。
スライドショーを駆使されるとも聞きましたし(笑)、非常に期待しておりますので、よろしくお願いします。



有難うございます
桐野
ゆぅちゃんさん、板倉さん

激励有難うございます。

篤姫の史料はほんとに少ないので大変です。
講座では、篤姫本人よりも、その周辺事情を明らかにするほうにウェイトを置かざるをえないかもと思っているところです。

スライドショーは話の貧弱さを補うためです(爆)。



リンク報告
カミタク(リンク先は「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介」)
カミタクこと神山卓也と申します。

鹿児島の観光と温泉とを紹介する拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/ATSUHIME.HTM#atsuhime_kengai
から貴記事にリンクを張りましたので、報告します。

今後とも、よろしくお願いいたします。


了解しました
桐野作人
カミタクさん、はじめまして。

リンクの件、了解しました。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
楽しみに
お忙しそうですね。
お身体、お大事に。
わたしどもの知らないことを、いろいろご教示いただけるのが、なんとも嬉しくありがたく思っています。
2007/06/17(Sun) 22:43 | URL  | 秘剣 #-[ 編集]
有難うございます
秘剣さん、おはようございます。

お言葉有難うございます。
生来の不精なもので、忙しいくらいのほうがいいと思います。ただ、昔とくらべて体がついていかないですけどね(笑)。
2007/06/18(Mon) 07:57 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
頑張ってください
個人的には島津家から侍従としてついてきた仙波サカなんかもわかると嬉しいです。
2007/06/19(Tue) 01:13 | URL  | ゆぅちゃん #-[ 編集]
頑張ってください2
第2回もこっそり受講する予定の板倉です(笑)。
私的には天璋院というか大奥勢力が幕末政局に与えた影響が気になっています。
といっても、受講者の大半は天璋院がどんな人だったかに関心があるんでしょうけど・・・(そういう自分も芳即正氏の論文を読んだくらいで、ほとんど知りません)。
スライドショーを駆使されるとも聞きましたし(笑)、非常に期待しておりますので、よろしくお願いします。

2007/06/19(Tue) 06:47 | URL  | 板倉丈浩 #/2jzPtOA[ 編集]
有難うございます
ゆぅちゃんさん、板倉さん

激励有難うございます。

篤姫の史料はほんとに少ないので大変です。
講座では、篤姫本人よりも、その周辺事情を明らかにするほうにウェイトを置かざるをえないかもと思っているところです。

スライドショーは話の貧弱さを補うためです(爆)。

2007/06/19(Tue) 22:47 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
リンク報告
カミタクこと神山卓也と申します。

鹿児島の観光と温泉とを紹介する拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/ATSUHIME.HTM#atsuhime_kengai
から貴記事にリンクを張りましたので、報告します。

今後とも、よろしくお願いいたします。
2008/08/16(Sat) 16:59 | URL  | カミタク(リンク先は「NHK大河ドラマ「篤姫」の故郷紹介」) #O/BmnR6Q[ 編集]
了解しました
カミタクさん、はじめまして。

リンクの件、了解しました。
2008/08/17(Sun) 10:05 | URL  | 桐野作人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。