歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南日本新聞連載「さつま人国誌」第12回
―軍法戦術の妙で敵討つ―

右下のリンク欄からアクセスすればご覧になれます。

このテーマは上下2回でやるつもりだったが、分量が多くて収まりきれず、上中下の3回とあいなる。
「知られざる~」と銘打っている以上、その点を書いたというのが今回の趣旨。

そのため、「毒殺」一件は次週回しとなった。ご了承下さい。
なお、「毒殺」一件については、新たな解釈を加えてみました。家久の死の直前、義久が家久に書状を出しています。その内容がなかなか判読しがたかったのですが、こう読むのではないかと思って提示してみました。
お楽しみに。
スポンサーサイト

【2007/06/23 09:42】 | さつま人国誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。