歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幕末の近江屋事件に名を残す近江屋井口家の当主新助氏の訃報をご遺族からいただいた。訃報は少し前から存じ上げていたが、改めて正式の書面でいただいた。

90歳を超されていたから、大往生といえるかもしれないが、一抹の寂しさが拭いきれない。

というのも、昨年春、とある座談会で対面がかない、親しく謦咳に接したからである。
杖をついておられたが、大変お元気で、近江屋の歴史について、いろいろ語っていただいた。

また、個人的にも大変お世話になっている。
昨年、歴史読本誌に発表した拙稿「龍馬遭難事件の新視角--海援隊士佐々木多門書状の再検討」の連載にあたって、井口家ご所蔵の佐々木多門書簡の閲覧・使用と写真掲載をお願いしたところ、快諾していただいた。また海援隊士白峯駿馬などの写真掲載も合わせてご許可いただいた。
拙稿をお送りしたら、ご丁寧な礼状をいただいたことも忘れられない。

昨年の上記座談会がひとしきり終わったのち、私が薩摩産だと話したためか、「ちょっと」と声をかけられ、「私の京都二中時代の話だが……」と切り出された。

「担任が末富東作という華奢な先生だったんだが、小説家志望で、懸賞小説によく応募していて、とうとうサンデー毎日か何かの懸賞小説に入選して、しばらくしたら先生を辞めて上京してしまわれたよ」

迂闊にも最初何の話かわからなかった。すると、

「ほら、鹿児島の海音寺さん……」

そう説明されてようやく思いあたった。奇遇なことに、井口さんの担任が、かの海音寺潮五郎の若き姿だったのである。海音寺氏は私の郷里の隣、大口市の出身である。

井口さんが私のためにとせっかく切り出されたのに、それに応えきれなかったのが悔しかったが、井口さんは「不勉強な若僧め」という感じで、にこにこ笑っておられたのをよく覚えている。

あとで調べたら、海音寺潮五郎が京都府立二中の教師をしていた時期は、1928~34年(昭和3~9年)だった。むろん、井口さんの中学時代とぴったり符合する。

1年前はあんなにお元気だったのにと残念でならない。じつは、今年もう一度お話をうかがおうという計画もあったらしいのだが……。
今度上洛する機会があったら、墓参したいものである。合掌。

スポンサーサイト

【2007/06/27 23:12】 | 雑記
トラックバック(0) |

初めまして
ひろぼん
近江屋の亭主が気になり、ウィキペデアから井口新助氏、そして、こちらのブログへたどり着いた者です。

竜馬暗殺における近江屋の亭主について、以前から疑問を持ってるのですが、亭主はこの事件について何も語られていなかったのでしょうか。

一番目の当たりにした亭主の証言を見たことがないのですが、実際はどうだったんでしょうか。

一瞬の出来事であり、当時の夜の深さでは、全く何もかも分からなかったのでしょうか・・。


突然の書き込みを失礼しました。



井口新助氏の草稿
桐野
ひろぼんさん

お返事が遅れました。
近江屋の主人井口新助の筆記草稿が現存しています。これは明治33年(1900)、『近畿評論』に「今井信郎氏実歴談」が掲載されたのに対し、その反論として書かれたものです。
今井らが近江屋を訪れたとき、松代藩士だと名乗ったとするのに対して、十津川郷士という名刺を差し出したと証言したりしています。
『坂本龍馬全集』3訂版補遺に収録されています。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
初めまして
近江屋の亭主が気になり、ウィキペデアから井口新助氏、そして、こちらのブログへたどり着いた者です。

竜馬暗殺における近江屋の亭主について、以前から疑問を持ってるのですが、亭主はこの事件について何も語られていなかったのでしょうか。

一番目の当たりにした亭主の証言を見たことがないのですが、実際はどうだったんでしょうか。

一瞬の出来事であり、当時の夜の深さでは、全く何もかも分からなかったのでしょうか・・。


突然の書き込みを失礼しました。

2010/11/30(Tue) 20:56 | URL  | ひろぼん #-[ 編集]
井口新助氏の草稿
ひろぼんさん

お返事が遅れました。
近江屋の主人井口新助の筆記草稿が現存しています。これは明治33年(1900)、『近畿評論』に「今井信郎氏実歴談」が掲載されたのに対し、その反論として書かれたものです。
今井らが近江屋を訪れたとき、松代藩士だと名乗ったとするのに対して、十津川郷士という名刺を差し出したと証言したりしています。
『坂本龍馬全集』3訂版補遺に収録されています。
2010/12/05(Sun) 10:08 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。