歴史作家桐野作人のブログ                                      織田信長と島津氏・薩摩藩・幕末維新を中心に歴史にまつわる身辺雑記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図録島津義弘

鹿児島県姶良町(あいらちょう)の歴史民俗資料館が昨年、開館20周年記念の特別展を開催したときに作成された図録である。

姶良町には帖佐という地名がある。
文禄年間からしばらく島津義弘の居城だったところである。
兄龍伯(義久)が女婿忠恒に家督を譲ったのに伴い、義弘に鹿児島の内城を明け渡して、大隅の富隈に隠居することになる。
当時、義弘は栗野城を居城としていたが、島津家太守の居城たる内城に入れば、兄を追い払って後釜におさまるという印象を与えるのを避けて、「中宿」して、帖佐に留まった。その代わりに内城には三男忠恒を入れることで龍伯の了解を得る。

姶良町としては、義弘ゆかりの地として、帖佐を忘れてもらっては困るということで企画したものだろう。

この図録を見て、一番印象に残っているのは、図版、とくに2次にわたる高城合戦の絵図2種である。縮尺・距離・方位などが非常に正確な絵図である。両軍(島津VS大友、島津VS豊臣)の配置がよくわかるし、高城の縄張や陣城が非常にリアルで精細に描かれている。
所蔵先は日南市教育委員会だが、ここには飫肥がある。飫肥といえば、豊臣期から幕末まで伊東氏の所領だったところ。伊東氏は2次の高城合戦に参戦しているだけに、その関係者の手になるものだろうか。

図録のメインは、やはり義弘文書とその関係文書である。
国宝の島津家文書だけでなく、加治木島津家文書や加治木町郷土館所蔵文書まで50点以上の文書が写真版付きで収録されている。しかも、関ヶ原合戦前後のものが多い。同館渾身の企画だといえるだろう。
また「於岩釼御合戦之刻之事」という加治木町の新納家の記録も掲載されている。たしか『旧記雑録後編』でも見たことがある史料だ。

執筆者も豪華である。
三木靖氏「島津義弘の生涯」という解説を執筆しているほか、次の3人の論文も収録されている。

山本博文氏「島津義弘の賭け」
島津修久氏「島津義弘公と茶の湯について」
五味克夫氏「島津義弘の書状」


すべてを紹介しきれないが、とても豪華な図録である。
お値段もお手頃の1.500円(+送料)である。
詳しくは冒頭の同館サイトに問い合わせして下さい。
小為替(送料は切手可)でも注文できました。
スポンサーサイト

【2007/06/29 21:19】 | 戦国島津
トラックバック(0) |

帖佐に産まれて良かったです。
帖佐 英朗
僕は横浜生まれの横浜育ちですが、両親が鹿児島出身です。

何故僕がこの現代日本に生を受けたか、考える事に確かな意義を感じている今日この頃です。

有難う御座いました。

帖佐
桐野作人
帖佐 英朗さん、こんばんは。

ご両親が帖佐出身ということでしょうか?
今後ともよろしく。

欲望がどんどん出て来ました。有難うございます。
帖佐 英朗
お疲れ様です、帖佐英朗です。

桐野さんのお陰で、欲が(良い意味で)どんどん出てきました。


僕が調べた結果、母方の黒木姓は西郷隆盛の祖先、場所は広島で平家の落ち武者だそうです。

変わりに、島津義弘は大隅帖佐家出身、父方の血筋となります。

最近痛切に想うのですが、祖先先祖あっての現在の僕。

やるべき事はやってからこの世を去りたいですね。

敬具


帖佐将一
沖縄との間に橋を架けましょう。

これは素晴らしいです
市野澤
こんばんわ。

ご紹介の図録、遅れ馳せながら購入しました。

私は義弘文書と五味克夫氏の「島津義弘の書状」が印象に残りました。
五味氏がおっしゃるように「義弘の書状には情味が感じられる」
内容のものが少ないないですね。
義弘が家臣に慕われる逸話の多さは、
このような所にも由来があるように考えます。

図録と共に義弘関連の講演資料も送付頂きましたが、
これも良い内容でした。

桐野さん、ご紹介ありがとうございました。

ここ、2~3年の遅れを取り戻す日々です(笑)。
古い話題で申し訳ありません。



図録島津義弘
桐野
市野澤さん、こんにちは。

この図録はよくまとまってますね。
筆者選択など目配りもいいと思います。
こんな良質な図録や史料集を公共機関が比較的安価で刊行してくれるのは有難いかぎりです。


帖佐英朗
お久しぶりです。帖佐です。

今度帖佐駅行きたいです。

帖佐
桐野
帖佐英朗さん

帖佐は地名だけでなく、名字も多いですね。

じつは帖佐には初めて行きましたが、とてもいいところでした。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
帖佐に産まれて良かったです。
僕は横浜生まれの横浜育ちですが、両親が鹿児島出身です。

何故僕がこの現代日本に生を受けたか、考える事に確かな意義を感じている今日この頃です。

有難う御座いました。
2008/04/25(Fri) 11:52 | URL  | 帖佐 英朗 #-[ 編集]
帖佐
帖佐 英朗さん、こんばんは。

ご両親が帖佐出身ということでしょうか?
今後ともよろしく。
2008/04/25(Fri) 22:58 | URL  | 桐野作人 #-[ 編集]
欲望がどんどん出て来ました。有難うございます。
お疲れ様です、帖佐英朗です。

桐野さんのお陰で、欲が(良い意味で)どんどん出てきました。


僕が調べた結果、母方の黒木姓は西郷隆盛の祖先、場所は広島で平家の落ち武者だそうです。

変わりに、島津義弘は大隅帖佐家出身、父方の血筋となります。

最近痛切に想うのですが、祖先先祖あっての現在の僕。

やるべき事はやってからこの世を去りたいですね。

敬具
2008/05/23(Fri) 17:00 | URL  | 帖佐 英朗 #-[ 編集]
沖縄との間に橋を架けましょう。
2009/10/28(Wed) 09:14 | URL  | 帖佐将一 #-[ 編集]
これは素晴らしいです
こんばんわ。

ご紹介の図録、遅れ馳せながら購入しました。

私は義弘文書と五味克夫氏の「島津義弘の書状」が印象に残りました。
五味氏がおっしゃるように「義弘の書状には情味が感じられる」
内容のものが少ないないですね。
義弘が家臣に慕われる逸話の多さは、
このような所にも由来があるように考えます。

図録と共に義弘関連の講演資料も送付頂きましたが、
これも良い内容でした。

桐野さん、ご紹介ありがとうございました。

ここ、2~3年の遅れを取り戻す日々です(笑)。
古い話題で申し訳ありません。

2010/05/11(Tue) 22:12 | URL  | 市野澤 #-[ 編集]
図録島津義弘
市野澤さん、こんにちは。

この図録はよくまとまってますね。
筆者選択など目配りもいいと思います。
こんな良質な図録や史料集を公共機関が比較的安価で刊行してくれるのは有難いかぎりです。
2010/05/12(Wed) 11:34 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
お久しぶりです。帖佐です。

今度帖佐駅行きたいです。
2011/10/19(Wed) 14:27 | URL  | 帖佐英朗 #-[ 編集]
帖佐
帖佐英朗さん

帖佐は地名だけでなく、名字も多いですね。

じつは帖佐には初めて行きましたが、とてもいいところでした。
2011/10/22(Sat) 11:18 | URL  | 桐野 #hxjklqKc[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。